クレジット カードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > カード > クレジット カードの意味・解説 

クレジット‐カード【credit card】

銀行商店などと提携したカード会社会員発行するカード現金支払わずに、カード提示するだけで買い物などができる。クレカ


クレジットカード

【英】credit card

現金を持たなくてもそのカード提示するだけで、カード発行会社加盟店やカード発行した店で買物などができる、いわゆるキャッシュレスカード。プラスチックマネーともいわれる

クレジット カード 【credit card】


クレジットカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 04:16 UTC 版)

クレジットカード: Credit card)(略語(俗語) : カード[1])とは、商品を購入する際の後払い決済(支払)する手段のひとつ。または、契約者の(会員)番号、姓名、有効期限、その他が記載・記録されたカードである。顧客のクレジット(信用)により後払いが可能な手段である。


注釈

  1. ^ 実際には顧客ごとの設定はされている。問い合わせにより、限度額の確認は可能。
  2. ^ 制限は一律ではないという意味。
  3. ^ 日本国内においてはディスカバーからのライセンス供与により、引き続きシティカードジャパンがカード発行および加盟店開拓を行っている。
  4. ^ ISO 7812(ウィキペディア英語版)
  5. ^ 日本国内においては、クレジットカード各社がJR東海と提携し、エクスプレス予約の利用が可能なコーポレートカードが多数発行されている。

出典

  1. ^ 一時的にカード利用を停止することはできますか?”. 三井住友カード. 2021年10月21日閲覧。
  2. ^ a b “三井住友カード「番号を裏面に」の衝撃 「エンボスなし」は業界標準になるか”. J-CASTニュース. (2020年1月19日). https://www.j-cast.com/2020/01/19377444.html 2021年10月21日閲覧。 
  3. ^ a b 『クレジットカード用語辞典』株式会社民事法研究会 2008年5月30日発行
  4. ^ 海外で買い物お支払方法 オリコ
  5. ^ a b 岩田昭男『「信用力」格差社会』東洋経済新報社、2008年11月 ISBN 9784492222935
  6. ^ 国際ブランドとは?クレジットカードブランドの違い”. ゼウス. 2020年10月10日閲覧。
  7. ^ クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介”. 三井住友カード (2020年10月7日). 2020年10月10日閲覧。
  8. ^ 国際ブランドとは?VISA、MasterCard、JCBを始めとした7大国際ブランドについて解説!”. マネ会 クレジットカード. 2019年4月22日閲覧。
  9. ^ Global Cards”. Nilson Report. 2020年10月10日閲覧。
  10. ^ Visaと並ぶ2大ブランドのひとつ「Mastercard」とは?”. 三井住友カード (2020年10月7日). 2020年10月10日閲覧。
  11. ^ 「Mastercard」は「Visa」加盟店で使えないのですか?”. 三井住友カード. 2020年10月10日閲覧。
  12. ^ JCBカードが使えない店が増えている?意外な理由や解決策について解説します”. VANDLE CARD. 2020年10月10日閲覧。
  13. ^ カードを複数枚持っていますが、利用可能枠はカードごとに設定されているのでしょうか? 三菱UFJニコスMUFGカード)、2021年2月24日閲覧。
  14. ^ 利用枠(限度額)が80万円のカードを2枚持っていますが、160万円まで使えますか? 三井住友カード、2020年10月2日(2021年2月24日閲覧)。
  15. ^ a b 『わが国クレジットの半世紀』社団法人 日本クレジット産業協会
  16. ^ Visaプリペイドカード Visa Worldwide Tokyo
  17. ^ 法人カードおすすめ比較サイト”. xn--t8j4aa4nyhsgsnk44r6z0cgdcj65m.net/. 2020年7月15日閲覧。
  18. ^ パーチェシングカードとは?|法人カード比較コンシェル”. xn--lck0cth848i8p5a.jp. 2019年7月24日閲覧。
  19. ^ 審査に通りやすい法人カードランキングとは?|戦国法人カード”. xn--lck0cth848iewi0zqbur.com. 2020年5月8日閲覧。
  20. ^ a b c d e 「不気味に迫るクレジットカード危機 個人消費を支えてきたカード業界にサブプライムが波及」『日経ビジネスオンライン』2008年2月18日付配信
  21. ^ 業務委託先スタッフによる不正行為について”. JCB (2006年7月21日). 2016年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月26日閲覧。
  22. ^ 消費者金融等に関する判例集(カードの不正利用と責任)[リンク切れ]
  23. ^ キューバ滞在における要注意事項 在キューバ日本国大使館
  24. ^ 安全対策基礎データ キューバ外務省 2017年12月22日
  25. ^ 安全対策基礎データ イラン外務省 2017年7月24日



クレジットカード

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 13:58 UTC 版)

語源

英語: credit cardより

名詞

クレジット カード

  1. 保有していることを提示することにより、相手方支払いすることを証明するカード

発音(?)

く↗れじっとか↘ーど

翻訳


「クレジットカード」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クレジット カードと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレジット カード」の関連用語

クレジット カードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレジット カードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレジットカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクレジットカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS