スキミングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > スキミング > スキミングの意味・解説 

スキミング [2] [0] 【skimming】

大まかな内容をつかむために文章などにさっと目を通すこと。

スキミング(すきみんぐ)

他人カード情報を不正に読み取ること

専用装置を使って、クレジットカード記載された磁気情報読み取るという手口カード犯罪である。読み取っカード情報偽造カード作成し、行使することが目的となっている。

もともとの語義は、速読流し読みのことを指していたが、必要な情報だけ取り入れということ転じてカード犯罪のときにも使われるようになった

スキミングは、磁気読み取り機にカードを通すだけで、一瞬にしてカード情報読み取ることができる。したがって、支払いのためにレジクレジットカード渡したとき、客のカード情報読み取る実際組織的なスキミングを行っていた飲食店が、本人なりすましカードを使ったとして摘発されたケースもあった。

カード自体が盗まれるわけではないので、本人知らぬ間に正利用が進み、気づいたときには大きな損害を被っていることもありえるそのため、スキミングによるカード犯罪は、磁気読み取り機が一部の間で流通していることもあり、最近増えてきた。

警察庁によると、1997年には12億円だった偽造カードによる被害額が、1999年には91億円にまで拡大していることが指摘されている。

日本クレジット産業協会調べによると、日本では約 2億4000のクレジットカーが発行され、その取り引き年額24兆円の規模にまで達している。すなわち、1人当たり2クレジットカード所持し、年間20万円買い物をしていることになる。

カードを安心して使える環境を整える上でも、急増するカード犯罪厳し処罰することが国内外から求められている。

(2000.12.20更新


スキミング

【英】skimming

スキミングとは、クレジットカードキャッシュカードなどの記録情報を不正な手口盗み取る行為である。

スキミングの手口としては、カード読み取るための「スキマー」と呼ばれる装置用いて盗んだカードから情報読み取る手口をはじめ、カードは盗まずに情報だけを読み取る手口や、電子マネー決済端末クレジットカードCAT端末などに直接スキマー仕掛け手口などが報告されている。

近年では、電子マネーに代表されるようにカードRFID化が進みカードスキマー接触させることなくスキマーを近づけただけで情報読み取ることが可能であるため、新たな脅威として問題視されている。

なお、クレジットカードでは、スキミングを含めた記録情報漏洩を防ぐためにICカード化が進められて、銀行キャッシュカード生体認証とともにICカード浸透しつつある


スキミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 03:52 UTC 版)

スキミング英語: Skimming)とは、カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪である。またカジノ経営において、売上を簿外化することで過少申告する脱税行為をスキミングと呼ぶことがある。




「スキミング」の続きの解説一覧



スキミングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スキミング」の関連用語

スキミングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スキミングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスキミングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスキミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS