カジノとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カジノの意味・解説 

カジノ【(フランス)casino】

読み方:かじの

各種の遊戯施設備えた賭博を主とした娯楽場賭博場

[補説] 小さな家娯楽場の意のイタリア語casinoフランス語入ったもの。

カジノの画像
カジノを併設したザ・ベネチアン・マカオ・ホテル

カジノ

作者山田悠介

収載図書オールミッション 2
出版社角川書店
刊行年月2008.8


カジノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 03:45 UTC 版)

カジノ: casino)は、賭博を行う施設の一つ。ルーレットブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。日本で言う賭場[注 1]


注釈

  1. ^ 「賭場」は厳密には丁半を行なう場なので完全に同一かは微妙でもある。
  2. ^ パチンコは三店方式によりパチンコ店が直接客に現金を提供することを避けているので、賭博にはあたらないとされている。

出典

  1. ^ 谷岡一郎 2002, p. 52
  2. ^ Venice Casino - History”. 2011年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月12日閲覧。
  3. ^ a b c 黒野十一 2004, pp. 24–32
  4. ^ 黒野十一 2004, pp. 34–45
  5. ^ 中條辰哉 2007, p. 143
  6. ^ 香港に続くマカオの中国返還”. 日本総合研究所 (2000年1月1日). 2016年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月13日閲覧。
  7. ^ 安全対策基礎データ”. 海外安全相談センター. 外務省 (2006年12月8日). 2008年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月13日閲覧。
  8. ^ a b 京都新聞2020年1月26日朝刊
  9. ^ a b c 谷岡一郎 2002, pp. 28–36
  10. ^ 谷岡一郎 2002, pp. 70–71
  11. ^ 黒野十一 2004, pp. 56–59
  12. ^ 中條辰哉 2007, pp.87-91, 106-114
  13. ^ 黒野十一 2004, pp. 67–76
  14. ^ 谷岡一郎 2002, pp. 81–91
  15. ^ 谷岡一郎 2002, pp. 46–47
  16. ^ 谷岡一郎 2002, pp. 76–79
  17. ^ 黒野十一 2004, pp. 40–43
  18. ^ 谷岡一郎 2002, pp. 97–102
  19. ^ 黒野十一 2004, pp. 43–45
  20. ^ “韓国の免税店、中国人観光客向けに瀋陽マンションを景品に”. 中央日報日本語版. 中央日報. (2014年9月22日). http://japanese.joins.com/article/384/190384.html 2016年12月4日閲覧。 
  21. ^ 六本木のバカラ賭博店摘発、13人逮捕[リンク切れ]
  22. ^ “「ガーナ大使公邸」は違法カジノだった!! 「外交特権で捕まらない」が誘い文句 大使は逃げるように帰国”. MSN産経ニュース. 産業経済新聞社. (2014年4月12日). オリジナルの2014年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140412220719/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140411/crm14041121170017-n2.htm 2014年4月13日閲覧。 
  23. ^ 『不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件』” (日本語). 麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ. 2021年6月10日閲覧。
  24. ^ 田中, 太郎 (2022年5月25日). “オンラインカジノは違法?賭博法や逮捕事例について解説” (日本語). EVERY TREND|オンラインカジノ情報サイト. 2022年5月25日閲覧。
  25. ^ “賭博ネットカフェ摘発 海外とオンライン 客ら9人逮捕 栄”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. (2006年6月5日). オリジナルの2007年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070129085323/http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/060605_5.htm 2016年12月4日閲覧。 
  26. ^ [1]
  27. ^ カジノ法案「国を売る話、米国に貢ぐ制度」立憲・枝野氏
  28. ^ “自民、維新、生活の3党がカジノ法案提出”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2013年12月6日). オリジナルの2016年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160923114311/http://www.sankei.com/politics/news/131206/plt1312060030-n1.html 2016年12月4日閲覧。 
  29. ^ “自民、維新、次世代3党がカジノ法案再提出”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2015年4月28日). https://www.sankei.com/article/20150428-7UH5P23EIBJGNA53AAKT4XHE5Y/ 2016年12月4日閲覧。 
  30. ^ “IR実施法成立、今国会が事実上閉会”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2018年7月20日). https://www.sankei.com/article/20180720-SNQ3Z3WMXJPLXOL6ANCUCJ6ZRE/ 2018年7月21日閲覧。 


「カジノ」の続きの解説一覧

カジノ(スコアアタック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 16:15 UTC 版)

爆ボンバーマン2」の記事における「カジノ(スコアアタック)」の解説

見た目派手さ以外、広さなどはいたって普通。一切高低差がないので、ボムキックが使いやすい

※この「カジノ(スコアアタック)」の解説は、「爆ボンバーマン2」の解説の一部です。
「カジノ(スコアアタック)」を含む「爆ボンバーマン2」の記事については、「爆ボンバーマン2」の概要を参照ください。


カジノ(2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 22:42 UTC 版)

アネット・メサジェ」の記事における「カジノ(2005年)」の解説

第51回ヴェネツィア・ヴィエンナーレの出展作品ピノッキオの冒険童話をモチーフにした、大規模なインスタレーション作品巨大な赤い布が風になびく中、ときおり時計光る海中生物などが垣間見える。これはピノキオ作品登場するサメ体内表している。 美術家をカジノへ行く人なぞらえる意味もこめて「カジノ」というタイトルつけられた。ピノキオモチーフとして取り上げたきっかけは、木の人形人間になるという筋書きが、クローン技術発達した現代に通じるところがあると感じたからだという。

※この「カジノ(2005年)」の解説は、「アネット・メサジェ」の解説の一部です。
「カジノ(2005年)」を含む「アネット・メサジェ」の記事については、「アネット・メサジェ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カジノ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カジノ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:47 UTC 版)

語源

フランス語:casino < イタリア語:casino

名詞

カジノ

  1. 様々な娯楽施設伴った賭博行える場所。

関連語

翻訳


「カジノ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カジノのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カジノのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカジノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの爆ボンバーマン2 (改訂履歴)、アネット・メサジェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカジノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS