ビッグとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > ビッグ > ビッグの意味・解説 

big

別表記:ビッグ

「big」とは・「big」の意味

「big」とは、英語で「大きい」や「広い」という意味を持つ形容詞である。物理的な大きさ規模を表す場合使われるほか、比喩的な意味での大きさ重要性を示す際にも使用されるまた、大きな影響」や「大きな成功」のように、程度効果大きさを表す場合にも用いられる

「big」の使い方・例文

物理的な大きさや規模を表す場合の例文

1. That is a big house.(それは大きな家である。)
2. She has a big collection of books.(彼女はたくさんの本を集めている。)
3. The city has a big population.(その都市人口が多い。)

比喩的な意味での大きさや重要性を示す場合の例文

4. It was a big decision for him to quit his job.(彼にとって仕事辞めるのは大きな決断であった。)
5. She played a big role in the success of the project.(彼女はプロジェクト成功大きな役割果たした。)

程度や効果の大きさを表す場合の例文

6. The new policy had a big impact on the economy.(新し政策経済大きな影響与えた。)
7. He made a big improvement in his English skills.(彼は英語のスキル大幅に向上させた。)

その他の例文

8. The movie was a big hit.(その映画大ヒットした。)
9. She has a big heart.(彼女は心が広い。)
10. He is a big fan of soccer.(彼はサッカー熱狂的なファンである。)

ビッグ【big】

読み方:びっぐ

形動大きいさま。大規模なさま。重要なさま。著しいさま。偉大なさま。「—な夢」「—ニュース」 「—ビジネス」「—なアスリート

[補説] 近年、「ビッグになる」の形で、偉大な人物という意で名詞的用いられることがある


ビッグ

名前 BigBigg

ビッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/09 15:08 UTC 版)

ビッグ (Big、BIG)




「ビッグ」の続きの解説一覧

ビッグ(声:なし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 16:59 UTC 版)

ソニックと秘密のリング」の記事における「ビッグ(声:なし)」の解説

ステージ背景的な隠し要素として少しだけ登場しており、しゃべらない特殊な条件クリアすることによって彼の旅日記を読むことができる。

※この「ビッグ(声:なし)」の解説は、「ソニックと秘密のリング」の解説の一部です。
「ビッグ(声:なし)」を含む「ソニックと秘密のリング」の記事については、「ソニックと秘密のリング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビッグ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビッグ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:39 UTC 版)

語源

英語:big音写

形容動詞

  1. 俗語大きいこと、巨大なさま。特に、人が偉大であること。

造語成分

  1. 大きい大型大形
  2. 大きいこと、巨大なさま。

関連語


「ビッグ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビッグと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ビッグ」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビッグ」の関連用語

ビッグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビッグのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビッグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソニックと秘密のリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビッグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS