ボーナスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > > ボーナスの意味・解説 

ボーナス [1] 【bonus】

年末夏期などに,正規給与以外に特別に与えられる賞与金。もとは,能率給制度において標準上の成果を挙げた労働者に対して支払われた賃金割増し分。賞与。特別手当期末手当一時金[季] 冬。 《 -にいさゝか不平ありにけり /武石佐海 》

賞与

別名:ボーナス
【英】bonus

・賞与とは、夏・冬・期末等に支給される支給額が確定ていない一時金のことである。別名、ボーナス、一時金報奨金年末手当夏季冬季手当

・賞与は一定期間勤務した上で納め業務成績業務目標達成度合い考慮し、支給金額判断される。賞与支給においての条件は、使用人企業)が自由に定めることができる。そのため、賞与は通常夏と冬の2回支給されるが、支給なくてはならないというわけではなく、法律義務付けられているわけでもない。

関連ページ
人事制度

ボーナス

日本語では『賞与』の意味。
企業臨時的に従業員に対して支給する金銭のこと。 もともとは一時金としての支給であったが、 夏と冬の年2回のボーナス支給一般的なイメージとして定着しています。
ボーナスを決定する基準金額企業ごとに異なるが、 最近では企業業績職務対す成果、 または職務対す責任大きさなどに連動して算出支給されることが多くなっています。
求人情報でもボーナスの支給時期回数明示されているケースは多いものの、 ボーナスを決定するための基準算出方法までは記載されていない
そのため転職活動通じて内定獲得した場合には、 ボーナスの仕組みについてもしっかりと理解した上で入社決めることも大切です。

ボーナス

読み方ぼーなす
【英】: bonus

石油・ガス開発与え契約鉱業権付与PS 契約リース契約サブリース契約など)において、特定の状況あるいは条件を満たした場合に、権利享受者から権利付与者に支払うこととされている一時金契約にその条件および金額明示される。ボーナスには次のような種類がある。
(1) サイン・ボーナス契約調印時。
(2) オプション・ボーナス:探鉱期間延長オプション行使時。
(3) スパッドイン・ボーナス:試掘第一井開坑時。
(4) コマーシャリティ・ボーナス:商業量発見時。
(5) 生産ボーナス:生産量があらかじめ決められた水準達したとき(数段階の水準定め、それに到達するごとに累進的に支払う例が多い)。
権利付与競争入札となる場合は、ボーナス特にサイン・ボーナス多寡が重要な競争要素一つとなることが多い。開発途上国政府または国営会社権利付与者である場合は、ボーナスは契約上の回収コスト対象認められない場合が多い。

ボーナス

名前 Bownas

ボーナス(Bonus)

読み方:ぼーなす

  1. 盆暮二回の賞与金のことをいふ。英語のBonus(ボーナス)の意である。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ボーナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/11 13:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ボーナス





ボーナスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボーナス」の関連用語

ボーナスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボーナスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2020 Net Markers.Inc all rights reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボーナス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS