大きいとは?

おおき・い〔おほきい〕【大きい】

[形]形容動詞おおきなり」の形容詞化。室町時代以後使われた》

ある物の形・容積・面積などが、広い空間・場所を占めている。「—・い箱」「からだの—・い人」⇔小さい。

量・数が多い。「質量が—・い」「声が—・い」「一〇より小さく一より—・い数」⇔小さい。

程度はなはだしい。「懸隔が—・い」「—・く右にそれる」⇔小さい。

規模が並を超えている。「—・い事業」「—・い病院」「—・い台風」⇔小さい。

範囲が広い。「問題を—・く三つ分ける」

心が広い。度量がある。包容力がある。「人物が—・い」⇔小さい。

重要である。価値がある。「—・い事件」「あそこで点をとっておいたのが—・い」⇔小さい。

年齢上である。成長している。「—・い兄さん」「—・くなったら医者になりたい」⇔小さい。

大げさである。「できもしないのに—・い口をきく

10ばっている。偉そうだ。「—・い顔をする」

[派生] おおきさ[名]

[用法] おおきい・おおきな——「大きい」には「大きい家」「あの家大きい」「大きくなる」「大きかった」のように活用があるが、「大きな」は「大きな家」「大きな打撃を受けた」のように体言前にしか使わない。◇「大きい顔」と「大きな顔」とでは、前者事実としての広さ大きさを表しているが、後者は「大きな顔をする」のように主観的心理的な判断を表す傾向がある。◇「大きな希望わいてくる」「大きな過ち犯した」など、抽象的事柄を表す名詞にかかるときは、「大きい」よりも「大きな」を使うことが多い。これも「大きなの上記のような特徴による。


(大きい から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 06:46 UTC 版)

(おお、だい、まさる)




「大」の続きの解説一覧

大きい

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:23 UTC 版)

漢字混じり表記

きい

  1. 容量の多いさま。 おおきい 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「大きい」に関係したコラム

  • CFDのVIX指数の見方

    VIX指数とは、アメリカ合衆国の代表的な株価指数のSP500のボラティリティをもとに算出した指数のことです。VIX指数は、Volatility Indexの略です。ボラティリティは0%から100%まで...

  • FXやCFDのチャイキンボラティリティとは

    FXやCFDのチャイキンボラティリティ(Chaikin's Volatility)とはEMA(指数平滑移動平均)を用いたテクニカル指標のことです。チャイキンボラティリティは、n日間の高値と安値との差の...

  • FXやCFDのホッペンシュテット方式とは

    FXやCFDのホッペンシュテット方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。ホッペンシュテット方式は考案者のシュリッカーの名をとって、シュリッカー方式ともいいます。ホッペン...

  • FXやCFDのドンチャンチャネル幅とは

    FXやCFDのドンチャンチャネル幅(Donchian Channel Width)とは、ある期間の高値から安値を引いた価格の推移を示すオシレーター系のテクニカル指標のことです。ドンチャンチャネル幅は、...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のStandard Deviationの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のStandard Deviationの見方について解説します。Standard Deviationは、過去の為替レー...

  • 株式分析の出来高移動平均線とは

    株式分析の出来高移動平均線とは、指定した期間の出来高の平均値をグラフに表したもので、相場の過熱感を調べる時に用いられるテクニカル指標です。出来高移動平均は、過去n日間の出来高を合計してnで割った数値で...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大きい」の関連用語

大きいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大きいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大きい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS