数が多いとは? わかりやすく解説

数が多い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/23 05:25 UTC 版)

南極隕石」の記事における「数が多い」の解説

南極隕石と比べて南極隕石は非常に数が多い。 非南極隕石総数は、2006年時点で7000個、2010年時点では1万4000個ある。これに対し南極隕石2002年時点で33693個、2010年時点で約48000個ある。 「既にこれほど多くの隕石集まったのに、なぜまだ集めねばならないのか」という質問挙がることがある日本の南極観測隊の39次隊や51次隊で南極隕石探査中心務めた小島秀康は著書の中で太陽系創成期の姿をジグソーパズル喩え隕石を駒に喩えどれほど多くの駒があるか分からないとした上で 駒を増やせ増やすほど、太陽系創成期の姿を鮮明にできる。だからこんなに多くの隕石手にしていても、更に多くの隕石集めたいのである。 — 小島秀康 と答えている。東京大学三河内岳も同様に南極隕石ジグソーパズルピース喩えている。 隕石に関する論文総数その内日本人論文1965年から1970年7 0 1971年から1975年29 16 1976年から1980年253 141 アメリカLibrary of Congress拠る 南極隕石発見される前は隕石はその希少価値の高さから研究多くの制約つきまとっていた。日本国内では隕石保有する個人地方自治体分類すら許さない場合があり、よしんば科学館・博物館管理していたとしても、館の財産あるため切ったり割ったり出来なかった欧米博物館には研究用サンプル提供するところもあり、1970年代以前日本人隕石研究者ほとんどは海外での生活が長かった南極隕石大量に発見され隕石総数増えたことにより、隕石蔵されることなく研究使えるようになった南極隕石データベース整備されている。例えやまと 691ならYamato 691データウェブ上閲覧することが出来る。更に研究者希望する南極隕石サンプル入手することも出来る。 南極隕石基本的に採集した国が全て保存することになっている実際に日本隊が採集した南極隕石は、国立極地研究所極域科学資源センター南隕石ラボラトリーが、収集から保存研究情報公開全てキュレーション)を担当している。国立極地研究所保管する隕石重量平均100グラム総重量はおよそ1.7トンである。アメリカNASAキュレーション行い研究終わったらスミソニアン博物館作った専用施設保管している。 数が多いことから南極隕石には、めったに見つからない珍し隕石含まれている。たとえば南極初め見つかった隕石種や、南極外で見つかっていない隕石の中のサブグループなどである。他に2013年にはベルギー日本の共同調査隊が、隕石としては重い18キログラム南極隕石東南極発見している。 そして、日本隊が採集したものを含む、南極隕石中には十数個、月隕石火星隕石小惑星岩石微惑星表土原始惑星破片など、珍し隕石含まれている。15次隊の大量発見臨場し南極隕石集積モデル考案した矢内三は、南極隕石中には月の裏由来隕石や金星・水星から飛来し隕石含まれている可能性があり、更に数十から数百万個の南極隕石採集されれば冥王星起源隕石太陽系外起源物質見つか可能性すらあるとしている。

※この「数が多い」の解説は、「南極隕石」の解説の一部です。
「数が多い」を含む「南極隕石」の記事については、「南極隕石」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「数が多い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「数が多い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「数が多い」に関係したコラム

  • 株式分析の騰落レシオとは

    株式分析の騰落レシオは、その日の値上がりした銘柄数と、値下がりした銘柄数から株式相場の強弱を調べるテクニカル指標です。騰落レシオの計算方法は、過去25日間の値上がりした銘柄数を過去25日間の値下がりし...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

数が多いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



数が多いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南極隕石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS