キュレーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キュレーションの意味・解説 

キュレーション【curation】


キュレーション

Webサービスのほかの用語一覧
LINE:  トークノベル  トーク  ツムツム
NAVER:  キュレーション  キュレーションサービス  公式まとめ  NAVER

キュレーター

(キュレーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 02:26 UTC 版)

キュレーター英語: curator)とは、博物館美術館含む)、図書館公文書館のような資料蓄積型文化施設(ミュージアム)において、施設の収集する資料に関する鑑定や研究を行い、学術的専門知識をもって業務の管理監督を行う専門管理職。美術館・博物館・動物園などの展覧会の企画・管理(監督)者[1](※curate展覧会を組織すること)。英語由来の外来語であり、日本語で「学芸員」と訳されたものが、双方の実状は異なり、欧米では施設の企画監督を司る展示企画者のみをcuratorと呼ぶ。日本の学芸員は担当範囲が広いために重なる部分はあるものの、仕事の役割・難易度・組織内立場が異なる以上、非常に狭き門である欧米のcuratorと日本の学芸員を同列に語ることは難しい。日本の場合は、階級や役職に関係なく、誰もが「学芸員・キュレーター」を名乗るが、欧米のキュレーターはアシスタントキュレーターを経てからなる館内階級が高い役職であり、著名施設での主な求人条件は「美術史などの専門知識(著名な美術館博物館では博士号を取得している人)、コミュニケーション力、文章力、細部に目がいく几帳面な性質を持っている人」となっている[1][2][3][4]


  1. ^ a b 小室眞子さん「年収1500万円報道」で注目、美術館学芸員。なぜアメリカでは人気の職業なのか(bizSPA!フレッシュ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月19日閲覧。
  2. ^ a b キュレーター/学芸員 | 現代美術用語辞典ver.2.0”. archive.vn (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  3. ^ a b 欧米のキュレーターと日本の学芸員との違い | 学芸員の仕事・なり方・年収・資格を解説 | キャリアガーデン” (日本語). 学芸員の仕事とは. 2021年10月20日閲覧。
  4. ^ a b キュレーターになるには|大学・専門学校のマイナビ進学” (日本語). マイナビ進学. 2021年10月20日閲覧。 “欧米では仕事の範囲が限られているが、日本では学芸員のことをキュレーターということが多く、美術館や博物館に関わるあらゆる業務を行う。”
  5. ^ a b c 学芸員制度各国比較”. 文部科学省. 2021年1月12日閲覧。
  6. ^ goo和英辞典"学芸員"
  7. ^ excite和英辞書"学芸員"
  8. ^ 英辞郎on the WEB"学芸員"
  9. ^ a b c d e キュレーション”. コトバンク(出典:知恵蔵2011). 2012年7月19日閲覧。
  10. ^ 小林弘治 (2011年5月27日). “「キュレーション」”. 朝日新聞社. 2016年12月10日閲覧。
  11. ^ キュレーション 王者グーグルを追う人力の新興勢力:日本経済新聞”. 日本経済新聞社 (2010年12月30日). 2016年12月11日閲覧。
  12. ^ アルゴリズムは編集者の知恵と経験を超えるか?”. 毎日新聞社 (2015年6月16日). 2016年12月11日閲覧。
  13. ^ 中島由弘 (2015年). “キュレーションメディアの最新動向 (PDF)”. インターネット白書2015. インターネット白書編集委員会. p. 41. 2016年12月10日閲覧。
  14. ^ Chris Anderson's TED Recommendations” (英語). www.ted.com. 2022年5月17日閲覧。



キュレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/25 05:50 UTC 版)

Fanbook」の記事における「キュレーション」の解説

ユーザー複数他のユーザーアートワークを自らセレクトし、まとめること。自らのお気に入りの作品集と言える公開非公開自分で設定できる

※この「キュレーション」の解説は、「Fanbook」の解説の一部です。
「キュレーション」を含む「Fanbook」の記事については、「Fanbook」の概要を参照ください。


キュレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 08:04 UTC 版)

上妻世海」の記事における「キュレーション」の解説

世界制作プロトタイプ」展(HIGURE 17 -15cas、2015)。 「≋waveinternet image browsing」展(TAV GALLERY2014

※この「キュレーション」の解説は、「上妻世海」の解説の一部です。
「キュレーション」を含む「上妻世海」の記事については、「上妻世海」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キュレーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「キュレーション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キュレーション」の関連用語

キュレーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キュレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキュレーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキュレーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFanbook (改訂履歴)、上妻世海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS