極とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

ごく【極】

⇒きょく


ごく【極】

【一】[名・形動

いちばん上等であること。また、そのものやそのさま。最良極上

甘露煮にするにはこの位が—だアな」〈花袋田舎教師

多く「の」を伴って程度はなはだしいこと。

「この和尚様大の仲よしで、…—の懇意あったから」〈蘆花思出の記

ひき茶銘柄極揃(ごくぞろえ)」の略。精選された極上宇治茶のこと。

【二】[副]普通の程度はるかに越えているさま。きわめて。非常に。「極親しい間柄」


きょく【極】

物事のそれ以上先のないところ。きわまり。きわみ。極限。「疲労の極に達する」

最高の位。天子の位。

磁石磁極N極S極

電極

地軸地表との交点北極南極

地軸延長天球との交点天の北極南極

数学用語。

極座標原点

㋑球の直径両端

曲線または曲面において、極線または極面を考えるときの定点極点


きょく【極】

[音]キョク(漢) ゴク(呉) [訓]きわめる きわまる きわみ きめる

学習漢字4年

[一]キョク

物事中心。「太極

端まで行きつくす。きわめる。「極言極力

行きつくした果て末端。「極限極地極点極東究極磁極終極電極

この上のない地位天子の位。「登極

この上ないきわめて。「極右極小・極端・極致極度極微

電極磁極地軸両端。「南極北極陽極

[二]ゴク

果て終わり。「極月

きわめて。「極上極秘極細(ごくぼそ)・極楽至極

[補説] 原義は、端から端まで張り渡し棟木

名のり]きわ・きわむ・きわめ・なか・のり・みち・むね

難読月極(つきぎ)め


プラス‐きょく【プラス極】


はた‐て【果たて/極/尽】

はて。きわまり

「国の—に咲きにける桜の花の」〈万・一二九


きょく【極】

〔名〕

物事やその程度の、それ以上いきようのない点。きわまり。はて。

凌雲集(814)賀賜新集兼謝〈小野岑守〉「俯焦寒戦未極、履薄春氷遂謝危」〔春秋左伝昭公一三年〕

② 最高の位。天子の位。

惟神大道宣揚給へる詔‐明治三年(1870)一月三日「朕、恭惟、天神天祖、立極垂統、列皇相承、継之述之」〔新唐書李晟伝〕

③ (天文学で)

(イ) 天体自転軸がその表面と交わる点。地球南極北極など。

(ロ) 地球磁場南磁極北磁極

(ハ) 地球の自転軸が天球面と交わる点。

古道大意(1813)下「丸く見え大虚空(そら)に、北極南極申して、とんと動かぬ処が有る。〈略〉星も何も周旋(めぐ)れども、是はめぐらず。夫故に極と名(なづ)けたもので」

(ニ) 銀河系回転軸天球面と交わる点。

(ホ) 黄道平面に垂直な直線天球面との交点

④ (物理学で)

(イ) 磁石両端S極N極磁極

(ロ) 電極

(ハ) 開閉器などの電気回路開閉部分

(5)数学で)

(イ) 極座標における原点

(ロ) 円錐(えんすい)曲線に関する極線考えるときの定点極点

(6) 結晶学で、結晶におけるそれぞれの対称軸の端。


きょく‐・す【極・殛】

〔他サ変死刑処する


きわ・ぶ きはぶ 【極】

〔他バ下二〕 =きわめる(極)

浄瑠璃四天王大力手捕軍(1678)三「たがいにせうぶをきはふる本よりぶしのならい」


ごく【極】

1⃣ 〔名〕

① (形動最上のもの。最良のもの。また、そのさま。極上

歌舞伎与話情浮名横櫛(1853)四幕「『おれが面を立てにゃアおかねえ』トきっとこなし、蝙蝠安うなづいて、『違ひなし、そいつが極だ』」

田舎教師(1909)〈田山花袋二八甘露煮にするにはこの位がごくだあな」

② (「ごくの」の形で) 程度いちじるしいこと。

諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉五「むやみに洋服にかへるよりも、和服改良を図るといふのが、極(ゴク)の正論かと思はれますテ」

③ 「ごくぞろい極揃)」の略。

天草本平家(1592)四「コレワ カタジケナイ ミャウガモ ナイ ヲチャデコソ ゴザレ、gocuto(ゴクト) ミエ マラシテ ゴザル

役者評判記役者位付で、黒吉極上上の称。

2⃣ 〔副〕 この上なくきわめて。もっとも。

咄本気のくすり(1779)浪人「それが極(ゴク)よいのか

アカシヤの大連1969)〈清岡卓行〉一「そのようなことは、ごく稀にしか起らなかった」


はた‐て【果━・極━】

〔名〕 (「はだて」とも) はて。限り際涯

万葉(8C後)八・一二九嬢子らが 挿頭のために 遊士(みやびを)の 蘰(かづら)のためと 敷き坐せる 国の波多弖(ハタテ)に 咲きにける 桜の花の」


こう‐・ず【困・極】

〔自サ変〕 ⇒こうずる(困)


こう‐・ずる【困・極】

〔自サ変〕 [文]こう・ず 〔自サ変

疲れる。体が弱る。病気が重くなる。

蜻蛉(974頃)中「一丁の程を、石階おりのぼりどすれば、ありく人こうじて、いと苦しうするまでなりぬ」

文明本節用集室町中)「極(コウズル) 病ノ極」

② 困る。悩む。

宇津保(970‐999頃)内侍督「おまへにて御ことたまはりて、せめそせさせ給へるに、こうじにたりや」

③ ⇒こうずる(高)

[語誌]サ変動詞「困(こん)ず」が音便したものとするのが通説だったが、「極」と表記した例が多く見られ複合動詞をつくることもあるところから、「極」の呉音ゴクサ変動詞化し音便したものとする説が有力となってきている。


きわまり きはまり 【極】

〔名〕 (動詞きわまる(極)」の連用形名詞化時間空間、状態、程度などの極限。きわみ。きわめ。果て。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

愚管抄(1220)七「これが日本国運命のきはまりになりぬとかなしき也」


きわま・る きはまる 【極・窮・谷】

〔自ラ五(四)

極限達する。限度に至る。現在では状態性の名詞に付けて使うことが多い。

*竹取(9C末‐10C初)「忝なくきたなげ成る所に年月をへて物し給ふ事きはまりたるかしこまりと申す」

果てまで来る。終わりとなる。尽きる。

平家13C前)一一末代澆季(まつだいげうき)なりとも帝運きはまる程の御事はあらじかし」

③ (「谷」と書くことが多い) 動きのとれない状態に陥る行き詰まって苦しむ。窮する

玉葉安元三年(1177)三月六日帰洛昇進後不幾程進退惟谷云々

徒然草1331頃)一四二「人きはまりて盗みす」

④ 決まる。定まる決定する。

玉塵抄(1563)一六「式は獄に入てころされうにきわまったぞ」


きわみ きはみ 【極】

〔名〕 きわまるところ。限り果て

万葉(8C後)五・八〇〇「この照らす 日月の下は 天雲の 向伏(むかぶ)す伎波美(キハミ) 谷蟆(たにぐく)の さ渡る伎波美(キハミ) 聞(きこ)し食(を)す 国のまほらぞ」

今昔1120頃か)二八「本(もと)より御心賢く御(おはし)ます人は此(かか)る可死き極(きはみ)にも、御心を不騒さずして」


きわ・む きはむ 【極】

自他下二〕 ⇒きわめる(極)


きわめ きはめ 【極】

〔名〕 (動詞きわめる(極)」の連用形名詞化

きわめること。また、その所。果て限り

今昔1120頃か)一五「聖人今日を極めに兼てより知れる、貴き事也」

定めること。決定契約

吉川家文書天正一九年(1591)三月六日安国寺恵瓊佐世元嘉連署事書状「右之究、於延引者、彼御両人直に其地罷越、可其究之由」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「先刻の極(キワメ)じゃア、私がおかみさんな筈だよ」

刀剣書画などの真偽見きわめること。鑑定目きき。→極札(きわめふだ)。

俳諧三百韻附両吟二百韻(1678)延宝五之冬「昔棹今の帝の御時に〈信章〉 守随極めの哥の撰集信徳〉」


きわ・める きはめる 【極・窮・究】

1⃣ 〔他マ下一〕 [文]きは・む 〔他マ下二

極限にまで達せさせる。物事果てまで押し詰めるこの上なしの所まで至らせる。

源氏100114頃)明石我がかく悲しびをきはめ、命尽なんとしつるを」

徒然草1331頃)三八「高き位に登り、奢(おごり)をきはむるもあり」

終わらせる

源氏100114頃)明石何ばかり過ちにてか、この渚(なぎさ)に命をばきはめん」

③ 残るところなく尽くす。

(イ) 道理尽くす。

太平記14C後)二〇「誠を尽くし理を究(キハメ)て仰せられければ、孔明辞するに詞(ことば)なくして」

(ロ) 学問芸道などの奥底まで探る。

地蔵十輪経元慶七年点(883)一「立破の源を究(キハメ)、字転の本を窮(きはめ)ずといふこと(な)し」

定める。決める。決心する。決定する。

雲形本狂言呂蓮室町末‐近世初)「呂蓮、いや私は此(この)呂蓮に極(キハメ)ませう」

浄瑠璃伽羅先代萩(1785)九「某(それがし)義、京都在府に極(きはめ)られ、家中仕置仕る故」

2⃣ 〔自マ下一〕 [文]きは・む 〔自マ下二〕 =きわまる(極)

檜垣嫗集(10C後か)「老いきはめてすみかもなくなりて」

太平記14C後)一八「抑新田殿の御一家の運爰(ここ)にて悉(ことごと)く極(キハ)め給はば、誰々も残らず討死すべけれ共」

[語誌](1)主に漢文訓読系の語とされる。「源氏物語」にも用いられているが、かたい表現の中で数例見られるのみである。
(2)中古から「きはむ(きはめる)」自体(二)のように自動詞用法見えるが、他に自動詞形として「きはまる」が上代から存しており、副詞も「きはめて」と「きはまりて」とが対応している


きわ・る きはる 【極】

〔自ラ四〕 きわまる尽きる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

[補注]万葉二三九八」の「玉切(たまきはる)世までと定め頼みたる君によりては言繁くとも」の「玉切」を「年切(としきはる)」とする説もある。また、万葉‐二四一〇」の「あらたまの年は竟(はつれ)どしきたへの袖かへし子を忘れて思へや」の「竟」を「きはる」と訓む説もある。


き・む【決・極】

〔他マ下二〕 ⇒きめる(決)


きめ【決・極】

〔名〕 (動詞「きめる(決)」の連用形名詞化

こうする、こうだと決めた事柄規定約束

当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉二「町内地主中の極(キ)めにて」

約束の日期限の日。

浮世草子世間御旗本容気(1754)三「斯て極(キメ)の頃にもなりければ」


き・める【決・極】

〔他マ下一〕 [文]き・む 〔他マ下二

① 従うべき規則などをはっきり作るまた、いくつかの中から選んでこれを定める。決定する。決心する。

漢書列伝抄(145860第六決めた心で云ことぞ」

強くとがめる。しかる。また、詰問する。きめつける

栄花(1028‐92頃)様々のよろこび有国・惟仲をば左右の御まなこと仰せられけるをきめられ奉りぬるにやと」

浄瑠璃心中重井筒(1707)上「行端(いきは)をきかふときめらるる」

③ 刀や脇差を差す。また、きちんと格好よく身じたくをする。

洒落本多佳余宇辞(1780)「はじめて壱(いっ)本きめて見たが、あたまが是じゃア」

飲食する。

歌舞伎名歌徳三舛玉垣(1801)四立手酌できめて取々に、やっつ返しつ飲み廻し

(5) 確かめる。確認する。念を押す。

洒落本芳深交話(1780)「安く無ひ色事からきめて見るのさ」

(6) (「…を決める」の形で) ある行動態度をする。気取るきめこむ

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「図留(ずる)をきめてしまやアがったんさ」

(7) 歌舞伎演技舞踊で、最高潮達したり、一区切りついたとき、演者動き止めて形をつける。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「幸さんに踏(ふめへ)られて居ながらの、ギックリときめねへ」

(8) 囲碁で、幾つかの手段があって打たないでおいた所を方針決め打ってしまう。

(9) 相撲などで、相手関節逆にとり、動き封じる


きまり【決・極】

〔名〕 (動詞「きまる(決)」の連用形名詞化

決定決着

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「それぢゃア確定(キマリ)だ」

② きちんとしていること。秩序。しまり。

滑稽本風来六部集(1780)里のをだ巻評「遊の節々に極(キマリ)なければ

規則制度

開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「又、地券の御制度(キマリ)を設けられしも」

一定していること。いつもそうであること。定例

咄本聞上手二篇(1773)染の介「貴様ははでな表具でどこへいき給ふ、きまりの御筋か」

(5) 一定の額。

付焼刃(1905)〈幸田露伴〉一「定額(キマリ)だけ進(あ)げて置いた上はもう進げられません」

(6) きまり文句

真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉二〇「善六さん極(キマ)りを云ってらア」

(7) (「きまりがわるい」「きまりのわるい」の形で用いることが多い) 他人に対す気持面目

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「気まりを悪がって口数をきかず」

(8) 客と遊女が恋に陥ること。色事成立すること。

咄本・くだ巻(1777)客の噂「今夜のぬしの客衆は飛んだきまりだの」

(9) 物事がきちんと思い通りにまとまること。「しめた」「うまい」の気持感動詞のように用いることもある。明和安永(一七六四‐八一)頃の流行語

洒落本辰巳之園(1770)「ヲヲ、きまり。粋(すひ)め。重さどうでも、はだしじゃはだしじゃ」


きま・る【決・極】

〔自ラ五(四)

物事がある状態に定まって、変わらないようになる。決定する。決着がつく。

黄表紙心学早染艸(1790)中「コレサ、そんなきまらぬ事をいいっこなしさ」

疑惑(1913)〈近松秋江〉「定(キマ)った収入のない上に」

② (「…にきまっている」の形で用いる) 当然である。きっと…である。

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「叱られるに極ってゐるから」

態度服装などがきちんとするかしこまる

歌舞伎東海道四谷怪談(1825)序幕羽織極まって来ずともの事だ

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「君は夏でも御苦労千万二枚重ねで乙に極まって居る」

物の型などがきちんとかっこうよくできる。ぴたりとはまる。

咄本・さとすゞめ(1777)初鰹「さしみにして一ぱいきまろふとおもった所が

(5) 歌舞伎演技踊りなどで、最高潮達したり、一区切りついたりしたとき、演者動き一瞬停止して、形をつける。

歌舞伎助六廓夜桜(1779)「唄一ぱいによろしく極る

(6) 相撲柔道剣道などで、しかけたわざが相手にうまくかかる。勝負がきまる。

(7) 野球で、投手投げボールが思ったところに行く。

(8) 男女の仲がうまく成立する。安永天明(一七七二‐八九)頃の江戸流行語

浄瑠璃神霊矢口渡(1770)四「此六蔵性根(しゃうね)を見た其上ではきまってくれるといふ腹か」

(9) きちんと無駄のない仕方である。つつましく暮らす。

洒落本北華通情(1794)「かのすひものもげいこへはひとりきてゐてもめったに出しませぬ。あのやふにきまってこそ永久なれ」


読み方:きまり

  1. 接吻をいふ。「てづけ」ともいふ。「小野股倉噓字尽」に「手を握るこれはこあたり口と口舌合せてきまりなりけり」とあり。
  2. 接嘴のこと。『小野噓字尽』に「きまりの口」の図あり、その詞書に「ちくせうづらめ」とあり、又「てつけ」ともいふ由同書見えたり
  3. 接吻のこと、男女快楽の極という意。
  4. 男女間の仲が決定的になること。江戸時代に「ついにきまった」といえばキッスをすること。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/17 07:11 UTC 版)

(きょく、きわ、ごく)とは、これ以上ないこと、至高、きわみ、最果てを意味する。あるいは、自然科学の分野で polar の訳として、指向性・方向性をもつもの。あるいは正反対のものの偏りを意味する。なお、それぞれの極をあわせて両極(りょうきょく)ということがある。




「極」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:41 UTC 版)

発音

名詞

  1. (きょく)2端のうちの一方
  2. (ごく)1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000 = 1048を表す。次で恒河沙の前の位。

副詞

  1. (ごく)程度大きい様。
    • ごくわずか

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



極と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「極」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

極のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



極のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS