極楽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 極楽 > 極楽の意味・解説 

ごく らく [0][4] 【極楽】

sukhāvatī の訳〕
極楽浄土」の略。
安楽何の心配もない場所や境遇天国。 ⇔ 地獄朝湯入り寝て暮らせるとは-、-」 「聞いて-見て地獄


極楽

読み方:ゴクラク(gokuraku)

阿弥陀仏浄土の名。


極楽

作者笙野頼子

収載図書極楽
出版社河出書房新社
刊行年月1994.11
シリーズ名笙野頼子初期作品集

収載図書極楽・大祭皇帝笙野頼子初期作品集
出版社講談社
刊行年月2001.3
シリーズ名講談社文芸文庫


極楽

作者森内俊雄

収載図書午後坂道
出版社講談社
刊行年月1995.4


極楽

読み方:ごくらく

  1. 蓮根ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・富山県

分類 富山県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

極楽

読み方:ゴクラク(gokuraku)

所在 愛知県名古屋市名東区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

極楽

読み方
極楽ごくらく

極楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/15 15:10 UTC 版)

極楽(ごくらく、: sukhāvatī, スカーヴァティー; bde ba can, デワチェン[注釈 1])とは、阿弥陀仏浄土であり、サンスクリット語「スカーヴァティー」は「スカー」(sukhā)に「ヴァティー」(vatī)を加えたもので「幸福のあるところ」「幸福にみちみちてあるところ」の意味。須呵摩提(しゅかまだい)、蘇珂嚩帝(そかばってい)、須摩提(しゅまだい)、須摩題などと音表され、安楽、極楽、妙楽などと訳出された。




注釈

  1. ^ 訛化して「デチェン」(bde chen、大楽)とも呼ばれる。

出典

  1. ^ 極楽 | 生活の中の仏教用語 | 読むページ | 大谷大学”. www.otani.ac.jp. 大谷大学. 2019年1月12日閲覧。


「極楽」の続きの解説一覧

極楽

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:42 UTC 版)

名詞

 ごくらく

  1. (仏教) 阿弥陀如来が住むとされる浄土サンスクリット sukhāvatī(sukhā(幸福)+vatī(<vat「~の在る処」「~を有する処」))漢訳で、その他「楽有」「安楽」「安養」と訳された。世界西側にあるとされ、念仏により往生できるとされる
  2. 語義1より)何の心配もなく安住できる地のたとえ。

関連語

成句




極楽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「極楽」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「極楽」の関連用語

極楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



極楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの極楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの極楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS