すれ違いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > すれ違いの意味・解説 

すれ‐ちがい〔‐ちがひ〕【擦れ違い】

読み方:すれちがい

触れ合うほど近く反対方向に通りすぎること。「―に呼びとめられる」

時間位置などがずれて、会えるはずが会えないこと。「共働きで―の夫婦

議論などで、論点かみあわないこと。「会談は―に終始した


すれ違い

作者佐野洋

収載図書すれ違い
出版社光文社
刊行年月1995.4
シリーズ名光文社文庫


すれ違い

作者さないただし

収載図書山峡の里 風聞
出版社鳥影社
刊行年月2000.8


すれ違い

作者鈴木良

収載図書性格な正確診断機鈴木良短編集
出版社日本文学館
刊行年月2004.2


すれ違い

作者永一

収載図書インコとの闘争
出版社文芸社
刊行年月2005.3


すれ違い

作者春野

収載図書ディヴェルティメント短編集
出版社新風舎
刊行年月2005.7


すれ違い

作者小野晃

収載図書ショートショート・ストーリー
出版社文芸社
刊行年月2008.3


すれ違い(1937年後半)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 07:18 UTC 版)

ウォーアドミラル」の記事における「すれ違い(1937年後半)」の解説

この当時西海岸では最下層から一転最強馬までのし上がったシービスケット一躍人気を集め、さらに東海岸への遠征サバーバンハンデキャップ勝ち馬アネロイド東海岸強豪古馬打ち破っていた。そこで同馬と、東海岸最強のウォーアドミラルとでマッチレース行おうという企画全国検討され始めハイアリアパーク競馬場アーリントンパーク競馬場などが開催地名乗り出ている。ベイメドウズ競馬場それぞれの馬主電報正式に申し出を行ったが、西海岸までの遠征嫌がったリドルによって断られた。 当のウォーアドミラル復帰戦10月26日ローレル競馬場での一般戦8.5ハロン)ではアネロイド対戦し、これを2馬身半差で破ったその4日後10月30日出走したワシントンハンデキャップ(ローレル 10ハロン)にはシービスケット出走予定していたが、馬場状態悪いこと理由出走取り消したため、直接対決立ち消えになった。同競走ウォーアドミラル1馬身半差で楽勝したシービスケット馬主チャールズ・スチュワート・ハワードその後両馬マッチレース強く熱望しており、ピムリコ競馬場支配人であったアルフレッド・グウィン・ヴァンダービルト2世とともマッチレース計画練ったが、リドルはこの企画断った11月3日行われた第1回ピムリコスペシャル12ハロン)には再びウォーアドミラルシービスケット登録していたが、再び馬場状態理由シービスケット出走取り消したこの日ウォーアドミラルはいつに増して荒れており、ピムリコ発走委員であったジム・ミルトンはこれをなんとかゲート並ばせるために、ウォーアドミラルの唇をやっとこ挟みその間に尻を押して整列させた。この行為後でリドル怒りを買い、以後出走予定からピムリコのものをすべて外させたという。スタートトラブルもあってか、レース中もウォーアドミラル精彩を欠き28ポンド(約12.7キログラム)差のマスクドジェネラルという馬に先手譲ってしまった。しかし、第4コーナー同馬外に膨れた瞬間に内から捉えて1馬身半差をつけて勝利した結局シービスケットとの勝負付けはならなかったものの、このシーズン三冠を含む8戦全勝の成績評価されターフ&スポーツダイジェスト誌による年度代表馬選考において、同年の最優秀3歳牡馬ならびに年度代表馬選出された。

※この「すれ違い(1937年後半)」の解説は、「ウォーアドミラル」の解説の一部です。
「すれ違い(1937年後半)」を含む「ウォーアドミラル」の記事については、「ウォーアドミラル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「すれ違い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「すれ違い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「すれ違い」の関連用語

すれ違いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



すれ違いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウォーアドミラル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS