ゲートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > ゲートの意味・解説 

ゲート (げーと)

 洪水吐などのダムから放流するための設備設置される開閉流量調節をするための装置です。
 設置場所により次のような種類あります

クレストゲート
 ダムの堤頂部設置されるゲートです。クレストとはダムの堤頂部のことです。一般に、異常洪水時にダム天端からの越流を防ぐための非常用ゲートとして使用されます。

コンジットゲート
 放流管ゲートのこと。堤体中の下部に設置されます。洪水調節用の大容量高圧放流設備として設けられるゲートを指すことが多いようですクレストゲートコンジットゲート両方備えたダムがよく見られそれぞれ非常用洪水吐常用洪水吐として使われます。

オリフィスゲート
 比較的浅い位置堤体の上下の中間)に設置されるゲート。堤体下部コンジットゲート中段オリフィスゲートといった組み合わせがよく見られます

 一方、ゲートは、その構造により様々な形式のものがあります。ダムで使用されている代表的なゲートとしては次のようなものがあります

ローラゲート
 開閉用ゲートの板にローラ付いた構造で、上下に開閉するゲート。ゲートに高い水圧かかって容易に開閉可能です。ダムの洪水吐など、高い水圧がかかる箇所では、ローラゲートラジアルゲート一般的です

ラジアルゲート
 テンターゲートともいいます
 表面円弧状で、その曲線中心を軸として回転することによって開閉する構造のゲート。ダムの洪水吐など、高い水圧がかかる箇所では、ローラゲートラジアルゲート一般的です
 最近引張りラジアルゲート呼ばれるタイプのゲートが開発されました。従来ラジアルゲートにかかる荷重は、圧縮荷重であるのに対し引張りラジアルゲートにかかる荷重引張り荷重となるため、圧縮には弱く引張りに強いという鋼材特性生かした構造ということです。(→日本のダム:羽地)(→日本のダム:苫田

参考テンターゲートラジアルゲート
 ラジアルゲートは、古くテンターゲート呼ばれてたようです日本でも、昭和40年代はじめまで、テンターゲート学術用語として通用していましたその後国際大ダム会議用語集で、この形式のゲートが radial gate記載されたため、国内でもラジアルゲートと呼ぶようになりましたテンターゲートラジアルゲートは同じ形式のゲートです。

参考)「ゲート総覧」によるゲート形式
 ゲート、バルブ類には、その構造によりきわめて多くの種類あります。「ゲート総覧」(社団法人ダム・堰施設技術協会発行)では、ゲート・バルブを以下のような形式分類してます。
ローラゲート
高圧ローラゲート
シェル構造ローラゲート
スラップ付きローラゲート
多重ローラゲート
2段ローラゲート
・キャタピラゲート
・リングシールゲート
ラジアルゲート
高圧ラジアルゲート
・セクタゲート
・ドラムゲート
・てん倒れゲート
・バイザゲート
・マイタゲート
・スライドゲート
高圧スライドゲート
・ジェットフローゲート
・リングホロワゲート
角落とし
・ローリングゲート
・シリンダゲート
・ホロージェットバルブ
・コーンバルブ
ゲートバルブ
バタフライバルブ
ロータリーバルブ
コーンスリーブバルブ

ゲート


ゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 14:44 UTC 版)

ゲートゲイト




「ゲート」の続きの解説一覧

ゲート(仮称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:48 UTC 版)

天界召された人間転生させるためのゲートを開く。テレビアニメ第1話では天使が、第7話ではエリス2度目の死を迎えたカズマを再び異世界転生させるために、床に魔法陣のようなゲートを開いた

※この「ゲート(仮称)」の解説は、「この素晴らしい世界に祝福を!」の解説の一部です。» 「この素晴らしい世界に祝福を!」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ゲート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ゲートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ゲートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゲートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2022 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
JRAJRA
Copyright 2022 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのこの素晴らしい世界に祝福を! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS