ゲートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > ゲートの意味・解説 

ゲート (げーと)

 洪水吐などのダムから放流するための設備設置される、開閉流量調節をするための装置です。
 設置場所により次のような種類あります

クレストゲート
 ダムの堤頂部設置されるゲートです。クレストとはダムの堤頂部のことです。一般に、異常洪水時にダム天端からの越流を防ぐための非常用ゲートとして使用されます。

コンジットゲート
 放流管ゲートのこと。堤体中の下部設置されます。洪水調節用の大容量高圧放流設備として設けられるゲートを指すことが多いようですクレストゲートコンジットゲート両方備えたダムがよく見られそれぞれ非常用洪水吐常用洪水吐として使われます。

オリフィスゲート
 比較的浅い位置堤体の上下の中間)に設置されるゲート。堤体下部コンジットゲート中段オリフィスゲートといった組み合わせがよく見られます。

 一方、ゲートは、その構造により様々な形式のものがあります。ダムで使用されている代表的なゲートとしては次のようなものがあります

ローラゲート
 開閉用ゲートの板にローラが付いた構造で、上下開閉するゲート。ゲートに高い水圧かかっても容易に開閉が可能です。ダムの洪水吐など、高い水圧がかかる箇所では、ローラゲートラジアルゲート一般的です。

ラジアルゲート
 テンターゲートともいいます。
 表面円弧状で、その曲線中心を軸として回転することによって開閉する構造のゲート。ダムの洪水吐など、高い水圧がかかる箇所では、ローラゲートラジアルゲート一般的です。
 最近引張りラジアルゲート呼ばれるタイプのゲートが開発されました。従来ラジアルゲートにかかる荷重は、圧縮荷重であるのに対し、引張りラジアルゲートにかかる荷重引張り荷重となるため、圧縮には弱く引張りに強いという鋼材特性を生かした構造ということです。(→日本のダム:羽地)(→日本のダム:苫田

参考テンターゲートラジアルゲート
 ラジアルゲートは、古くテンターゲート呼ばれていたようです日本でも、昭和40年代はじめまで、テンターゲート学術用語として通用していました。その後国際大ダム会議の用語集で、この形式のゲートが radial gate記載されたため、国内でもラジアルゲートと呼ぶようになりました。テンターゲートラジアルゲートは同じ形式のゲートです。

参考)「ゲート総覧」によるゲート形式
 ゲート、バルブの類には、その構造によりきわめて多く種類あります。「ゲート総覧」(社団法人ダム・堰施設技術協会発行)では、ゲート・バルブを以下のような形式分類しています。
ローラゲート
高圧ローラゲート
シェル構造ローラゲート
スラップ付きローラゲート
多重ローラゲート
・2段式ローラゲート
・キャタピラゲート
・リングシールゲート
ラジアルゲート
高圧ラジアルゲート
・セクタゲート
・ドラムゲート
・てん倒れゲート
・バイザゲート
・マイタゲート
・スライドゲート
高圧スライドゲート
・ジェットフローゲート
・リングホロワゲート
角落とし
・ローリングゲート
・シリンダゲート
・ホロージェットバルブ
・コーンバルブ
ゲートバルブ
バタフライバルブ
ロータリーバルブ
コーンスリーブバルブ

ゲート

【英】:gate

一生に一度発生現象(例:昆虫羽化)が、1日特定の時刻に起こる機構説明するための概念ショウジョウバエ早朝あるいは24時間明暗サイクルの明開始直後羽化する(成虫の殻を破ってでてくる)機構説明するためにPittendrigh導入した。羽化準備万端整えた昆虫は、必ずしも直ち羽化するのではなく特定の日時刻(概日リズム特定位相)の到来をまって羽化する。この時刻24時間環境サイクル下では毎日恒常環境下では約24時間周期おとずれる。ヒト出生のタイミングなども含めて、この概念があてはまると考えられる現象をgating phenomenonなどとよぶ。ちなみに電子工学でも似た意味でgateという語が使われている。すなわち、入力端子に入った信号がすべて出力端子伝えられるとは限らず、ある時間間隔入力されるものだけをとりだし出力側にまわす回路として、ゲート回路gate circuit)とよばれるものがある。    

ゲート


ゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 10:16 UTC 版)

ゲートゲイト




「ゲート」の続きの解説一覧



ゲートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲート」の関連用語

ゲートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゲートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2019 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
JRAJRA
Copyright 2019 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS