ローラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ローラ > ローラの意味・解説 

ローラ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ローゼンブラット:ローラ

英語表記/番号出版情報
ローゼンブラット:ローラLola作曲年1998年 

作品解説

執筆者: 加藤 麗子

タイトル決まった経緯面白い。ローゼンブラット初め親友オレグ・シンキンと手紙のやりとりをした時の二通の手紙がその由来である。「LO」はOlegから初めてもらったLetter、「LA」はAlexander初め出したLetter指している。その二つ「手紙」組み合わせることで、オリエンタル響きを持つ「ローラ」という名が生まれた。この作品自体にも東洋風な趣が漂っているロシア国外では、ドイツにおいてシンキン自作自演されたことがある


ローラ

作者サキ

収載図書ザ・ベスト・オブ・サキ 1 〔新装版
出版社サンリオ
刊行年月1986.11
シリーズ名サンリオ文庫

収載図書ザ・ベスト・オブ・サキ 1
出版社筑摩書房
刊行年月1988.5
シリーズ名ちくま文庫


ローラ

作者ハロルド・ブロドキー

収載図書初恋、その他の悲しみ
出版社東京書籍
刊行年月1991.8
シリーズ名シリーズ永遠のアメリカ文学


ローラ

作者トルーマン・カポーティ

収載図書カポーティ短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月1997.2
シリーズ名ちくま文庫


ローラ

名前 RolaLauraLolaLauratLaurenLolahLoraLoulaLouraRolla

ローラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/17 08:32 UTC 版)

ローラ (Laura、Lola、Rola) は、女性の名前。




「ローラ」の続きの解説一覧

ロー・ラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 04:42 UTC 版)

ロー・ラは、ネパールと中国チベット自治区国境にあるであり、エベレスト山頂から西に約5kmの地点にある。またエベレストとその西側にあるクーンブツェを結ぶ稜線の最低鞍部でもある。標高は6006メートル。チベット語で「ロー」は南、「ラ」は峠という意味である。


  1. ^ McCue (2010), p. 178.
  2. ^ Murray (1953), p. 23.
  3. ^ a b Unsworth (2000), p. 252.
  4. ^ Kurz (1953), p. 8.
  5. ^ Odell, N. E. (1961). “Letter To The Editor”. Himalayan Journal 23. https://www.himalayanclub.org/hj/23/21/letter-to-the-editor/ 2014年8月30日閲覧。. 
  6. ^ a b Unsworth (2000), p. 58.
  7. ^ Davis (2012), pp. 277–278, 289, 292.
  8. ^ Davis (2012), pp. 277–278.
  9. ^ Unsworth (2000), p. 200.
  10. ^ Shipton, Eric (193). “The Mount Everest Reconnaissance, 1935”. Himalayan Journal 8. https://www.himalayanclub.org/hj/08/1/the-mount-everest-reconnaissance-1935/ 2014年8月30日閲覧。. 
  11. ^ Ward, Michael (1992). “The Exploration of the Nepalese Side of Everest”. Alpine Journal: 213–221. http://www.alpinejournal.org.uk/Contents/Contents_1992-93_files/AJ%201992%20211-221%20Ward%20Everest.pdf 2014年8月30日閲覧。. 
  12. ^ Unsworth (2000), pp. 250–252.
  13. ^ Kurz (1953), p. 33.
  14. ^ Unsworth (2000), pp. 461, 508–509.
  15. ^ Skarja, Tone (181). “Yugoslav Everest Expedition”. Himalayan journal 37. https://www.himalayanclub.org/hj/37/2/yugoslav-everest-expedition/ 2014年9月18日閲覧。. 


「ロー・ラ」の続きの解説一覧

ローラ(大婆様)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/29 15:46 UTC 版)

ヴェインドリームII」の記事における「ローラ(大婆様)」の解説

100歳前後クラウス大婆様。50年前にベイグと共にデーモン族戦いジーク王国建国協力した

※この「ローラ(大婆様)」の解説は、「ヴェインドリームII」の解説の一部です。
「ローラ(大婆様)」を含む「ヴェインドリームII」の記事については、「ヴェインドリームII」の概要を参照ください。


ローラ(Lola)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:55 UTC 版)

Saints Row 2」の記事における「ローラ(Lola)」の解説

トビアスの妻。一介の主婦ながらドラッグ製造解析販売までこなす。前作でも「デリバリー」の依頼人として登場

※この「ローラ(Lola)」の解説は、「Saints Row 2」の解説の一部です。
「ローラ(Lola)」を含む「Saints Row 2」の記事については、「Saints Row 2」の概要を参照ください。


ローラ(声-杉山佳寿子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 15:58 UTC 版)

草原の少女ローラ」の記事における「ローラ(声-杉山佳寿子)」の解説

インガルス一家の次女6歳フルネームはローラ・エリザベス・インガルス。

※この「ローラ(声-杉山佳寿子)」の解説は、「草原の少女ローラ」の解説の一部です。
「ローラ(声-杉山佳寿子)」を含む「草原の少女ローラ」の記事については、「草原の少女ローラ」の概要を参照ください。


ローラ(-):(声優:山崎エリイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 17:46 UTC 版)

家電少女」の記事における「ローラ(-):(声優山崎エリイ)」の解説

エステローラーの家電少女

※この「ローラ(-):(声優:山崎エリイ)」の解説は、「家電少女」の解説の一部です。
「ローラ(-):(声優:山崎エリイ)」を含む「家電少女」の記事については、「家電少女」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ローラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ローラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ローラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ローラ」の関連用語

ローラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローラ (改訂履歴)、ロー・ラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのヴェインドリームII (改訂履歴)、Saints Row 2 (改訂履歴)、草原の少女ローラ (改訂履歴)、家電少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS