異世界とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 異世界の意味・解説 

い‐せかい【異世界】

読み方:いせかい

この世界とは別の世界。特に文学作品などで、現実とは全くようすの異な世界。「―ファンタジー


異世界

作者早川いくを

収載図書へんないきもの三千里
出版社バジリコ
刊行年月2007.11


異界

(異世界 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 09:48 UTC 版)

異界(いかい)とは、人間が周囲の世界を分類する際、自分たちが属する(と認識する)世界の外側[1]。異世界。


  1. ^ a b c d 福田アジオ新谷尚紀渡辺欣雄神田より子・湯川洋司・中込睦子『日本民俗大辞典〈上〉あ~そ』吉川弘文館、1999年、68-69頁。ISBN 9784642013321
  2. ^ 澤田瑞穂「アジアの宗教文化3 地獄変 中国の冥界説」法蔵館1968年3月20日。


「異界」の続きの解説一覧

異世界(ワールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 17:50 UTC 版)

フューチャーカード バディファイト」の記事における「異世界(ワールド)」の解説

地球がある宇宙外側に存在する様々な世界総称それぞれにモンスター住んでおり、バディファイトカードを通じて人間たち世界つながっているまた、劇中に登場するワールド以外にも数多くワールド存在することが示唆されている。

※この「異世界(ワールド)」の解説は、「フューチャーカード バディファイト」の解説の一部です。
「異世界(ワールド)」を含む「フューチャーカード バディファイト」の記事については、「フューチャーカード バディファイト」の概要を参照ください。


異世界(いせかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 16:57 UTC 版)

まるマシリーズ」の記事における「異世界(いせかい)」の解説

(主に)有利が地球ら行来する世界発達レベル中世ヨーロッパほどであり、住んでいる人たち全員欧米人風である。誰でも簡単に行き来できるわけではない(※眞王例外であり、自分の魔力でならほかの誰か行き来させることができる)。

※この「異世界(いせかい)」の解説は、「まるマシリーズ」の解説の一部です。
「異世界(いせかい)」を含む「まるマシリーズ」の記事については、「まるマシリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「異世界」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異世界」の関連用語

異世界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異世界のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの異界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフューチャーカード バディファイト (改訂履歴)、まるマシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS