潜水士とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 潜水士の意味・解説 

潜水士

読み方センスイシ

概要解説 潜水士の業務多岐わたっていますが、港湾漁港漁場整備海洋開発海洋レジャー設備などの工事には潜水技術欠かせないものであり、その他、船舶関係では、サルベージ作業船底清掃補修補強作業があり、災害・事故などの際のレスキュー隊活動マスコミ関係の水中テレビ水中写真撮影、その他各方面が行調査観察水中バレー水族館餌付け作業など、いわば潜水士は陸上で行う作業そのまま潜水装備を身に付けて水中で行う職業であるといってもよいでしょう潜水方式には、スキューバ式、ヘルメット式、フーカー式の3方式があり、作業目的作業時間水温潜水深度海流などの作業条件総合判断して、どの方式によるかを決め潜水用具選びます。潜水士になるには、労働省実施する潜水士免許試験合格なければなりません。 必要な能力資格など 職業潜水士は、海洋・港湾・漁港などの建設サルベージ漁業警察海上保安庁消防署放送出版などの会社官庁所属するか、自営業として依頼される仕事遂行します。潜水士になるためには、労働省実施する潜水士免許試験合格なければなりません。潜水技術習得するには、スキューバ潜水については民間のダイビングスクールなどで指導を受けたり、潜水に関する講義実習を行う水産系の大学水産高校などで学ぶのもひとつ方法です。なお、潜水士免許水中での作業技能評価したものではないので、潜水して何をやれるかという資格(溶接溶断発破写真など)を習得しておくことが大切です。 関連する職業

潜水士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 10:07 UTC 版)

潜水士(せんすいし)とは、潜水用具を装着して湖沼などの水中・水底において何らかの作業をする者を指す職名である。潜水夫(せんすいふ)ともいう。潜水に関する資格を持ち労務作業に従事する者を指すことが多いが、当該資格を持たず趣味などの目的で潜水する者(ダイバー)を指すこともある。日本においては労働安全衛生法に規定された国家資格免許)の呼称でもあり、この場合、潜水士免許試験に合格し、免許を交付された者をいう。




  1. ^ 柿谷哲也『海上保安庁「装備」のすべて』サイエンス・アイ新書、2012年7月25日、112-114頁。ISBN 978-4-7973-6375-3
  2. ^ “潜水免許「ない」3割…ダイビングスクール”. 読売新聞. (2009年8月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090801-OYT1T00693.htm [リンク切れ]


「潜水士」の続きの解説一覧

潜水士

出典:『Wiktionary』 (2018/06/12 16:11 UTC 版)

名詞

   (せんすいし)

  1. 潜水器具装着水中作業を行う職業潜水夫現在の日本では、労働安全衛生法基づいて潜水作業を行う者。



潜水士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「潜水士」の関連用語

潜水士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



潜水士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2021 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの潜水士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの潜水士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS