対支一撃論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 対支一撃論の意味・解説 

対支一撃論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/16 09:42 UTC 版)

対支一撃論(たいしいちげきろん)とは、 日中戦争初期に武藤章田中新一らによって唱えられた事変拡大論で、「国民政府は日本軍による強力な一撃を加えるだけで屈服し、早期講和に持ち込める」と言うものである。




「対支一撃論」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「対支一撃論」の関連用語

対支一撃論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



対支一撃論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対支一撃論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS