武藤章とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 陸軍軍人 > 武藤章の意味・解説 

武藤章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 01:50 UTC 版)

武藤 章(むとう あきら、1892年(明治25年)12月15日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本昭和時代の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。統制派だったが後に東條英機との対立で逆に皇道派山下奉文の部下に転じた。




  1. ^ Jurius Mader・Dr.-Sorge Report.1984
  2. ^ 杉本幹夫『大東亜戦争はルーズベルトの錯覚から始まった』
  3. ^ 上法快男『陸軍省軍務局』
  4. ^ 『官報』第4793号、昭和18年1月7日
  5. ^ 『官報』1942年02月12日 敍任及辭令
  6. ^ 『官報』1941年12月15日 敍任及辭令


「武藤章」の続きの解説一覧



武藤章と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「武藤章」の関連用語

武藤章のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



武藤章のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武藤章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS