東郷茂徳とは?

とうごうしげのりとうがう- 【東郷茂徳】 ○

1882~1950外交官鹿児島県生まれ東大卒東条内閣外相として日米交渉に、鈴木内閣外相大東亜相として終戦工作にあたった。 A 級戦犯として禁錮20年の刑を受け、獄中病没

東郷茂徳 とうごう しげのり

東郷茂徳の肖像 その1
明治15年12月10日昭和25年7月23日(1882~1950)

鹿児島生まれ。外交官。東京帝国大学卒業後、外務省に入る。中国欧米での勤務の後、欧米局長欧亜局長駐独大使、駐ソ大使などを歴任昭和16年1941東条内閣外相兼拓務相に就任日米交渉打開に努める。翌年大東亜省設置反対して東条対立外相辞職した。20年(1945鈴木内閣外相大東亜相に就任し、戦争終結努力戦後A級戦犯として20年禁錮刑を受け、拘禁中に病死した。

キーワード 外交官, 政治家

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

東郷茂徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/03 02:52 UTC 版)

東郷 茂徳(とうごう しげのり、旧字体: 東鄕茂德、生名:朴茂德、1882年明治15年)12月10日 - 1950年昭和25年)7月23日)は、日本外交官政治家太平洋戦争開戦時および終戦時の日本外務大臣で、雅号は青楓であった。鹿児島県日置郡にあった朝鮮人陶工の子孫で形成された集落「苗代川村」(現・日置市東市来町美山)の出身[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし、東郷と重光は在官中から個人的確執があったといわれている。
  2. ^ 刑としては重光に次いで軽い。
  3. ^ ただしアメリカ海軍提督・大統領主席補佐官であるウィリアム・リーヒは、ソ連を仲介とする和平をしたことを意図的に無視したトルーマンを非難している。

出典

  1. ^ 萩原、2005年、pp.11 - 27
  2. ^ 佐道明広, P63-P76
  3. ^ a b c 萩原、2005年、p.27
  4. ^ 萩原、2005年、pp.13 - 15
  5. ^ a b 萩原、2005年、pp.14 - 17
  6. ^ 萩原、2005年、pp.22 - 25
  7. ^ a b 萩原、2005年、pp.28 - 29
  8. ^ 萩原、2005年、p.30
  9. ^ 萩原、2005年、p.33
  10. ^ 萩原、pp.36 - 37
  11. ^ 萩原、2005年、p.36。父は法科大学への進学と将来の内務省入省、県知事就任を望んでいた。
  12. ^ a b 萩原、2005年、p.38
  13. ^ 萩原、pp.39 - 41
  14. ^ 萩原、2005年、p.42
  15. ^ 萩原、2005年、p.47、49
  16. ^ 萩原、2005年、pp.49 - 54
  17. ^ 筒井功『新・忘れられた日本人』p.212
  18. ^ Albert Axell, Hideaki Kase Kamikaze: Japan's Suicide Gods p.24, Longman, 2002
  19. ^ 森山優『日本はなぜ開戦に踏み切ったか -「両論併記」と「非決定」-』新潮選書、2012年、p103
  20. ^ 『時代の一面』より。
  21. ^ a b 長谷川毅『暗闘 (上)』中公文庫、2011年、pp.148 - 149
  22. ^ a b NHK取材班『太平洋戦争日本の敗因 6 外交なき戦争の終末』角川文庫、1995年、pp.115 - 116
  23. ^ a b 『暗闘(上)』pp.149 - 151
  24. ^ a b 『太平洋戦争日本の敗因6 外交なき戦争の終末』pp.116 - 120
  25. ^ 『暗闘 (上)』、p189
  26. ^ 『暗闘(上)』pp.190-191
  27. ^ 『暗闘(上)』pp.206-207。この訓令はスターリンも承認したもので、長谷川毅はソ連首脳が日本の戦争を長引かせるのに広田・マリク会談を利用したと記している。
  28. ^ 『暗闘(上)』pp.223 - 226
  29. ^ 『太平洋戦争日本の敗因6 外交なき戦争の終末』pp,192 - 198
  30. ^ a b 『暗闘 (上)』pp.152-153
  31. ^ 『暗闘(上)』pp.353 - 354
  32. ^ 竹内修司『幻の終戦工作』文春新書、2005年、p201。この内容は中尾裕司(編)『昭和天皇発言記録集成 下』(芙蓉書房出版、2003年)が出典である。
  33. ^ 纐纈厚『「聖断」虚構と昭和天皇』新日本出版社、2006年、p130。加瀬の記述は『ミズリー号への道程』からの引用。纐纈は、「原則的に受諾可能」だったとしても、天皇も外務省当局もソ連との交渉による和平実現の期待を依然として持ち続けていたため、その結果を見るまでは宣言を即座に受け入れるところまで踏み切れなかったとも記している。
  34. ^ 『暗闘(上)』pp.354-355
  35. ^ a b 『暗闘(上)』pp.356-357
  36. ^ 『暗闘(上)』p358
  37. ^ 長谷川毅『暗闘(下)』中公文庫、2011年、pp89 - 95。ポツダム宣言受諾は一種の条約と見なされ、批准権を持つ枢密院の承認が必要であり、それを簡略化する目的で議長である平沼が出席していた。
  38. ^ a b c 『暗闘(下)』pp.106 - 112
  39. ^ 「昭和戦争」読売新聞検証報告 戦争の惨禍、指導者責任=見開き特集
  40. ^ 竹内修司『幻の終戦工作』文春新書、2005年、p203
  41. ^ 『暗闘(上)』pp.276 - 279
  42. ^ 『暗闘(上)』pp.228 - 229
  43. ^ 『暗闘(上)』p360
  44. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  45. ^ 『官報』1941年5月12日 敍任及辭令
  46. ^ 『官報』1938年4月11日 敍任及辭令
  47. ^ 『官報』1942年2月12日 敍任及辭令
  48. ^ a b c d e f Tôgô, Edith 東郷・エディータ , geb. Giesecke (Pitschke), verw. de Lalande ( 3.2.1887-4.11.1967)日独交流ポータルサイト「Das japanische Gedächtnis - 日本の想い、ドイツの想い」
  49. ^ 光文社『クラッシィ』1992年9月号「日本の貴婦人」


「東郷茂徳」の続きの解説一覧





東郷茂徳と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東郷茂徳」の関連用語

東郷茂徳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

加藤友三郎

黒田長成

橘周太

竹越与三郎

原敬

岩倉具視

山本五十六

板垣退助





東郷茂徳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東郷茂徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS