木戸幸一とは?

木戸幸一


木戸幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 00:37 UTC 版)

木戸 幸一(きど こういち、明治22年(1889年7月18日 - 昭和52年(1977年4月6日)は、日本官僚政治家侯爵




  1. ^ a b c d e f g 法廷証番号112: 木戸幸一履歴書(内閣官房人事課)』(35mmマイクロ資料)〈日本占領関係資料:連合国最高司令官総司令部国際検察局文書〉、1946年6月、1-12頁。2018年8月10日閲覧。 — 米国国立公文書館収蔵の原資料集 "GHQ/SCAP Records, International Prosecution Section; Entry No.327 Court Exhibits in English and Japanese, IPS, 1945-47"(General Headquarters/Supreme Commander for Allied Powers)より "Pros. Doc. No. : 7516" のマイクロフィルム複写。
  2. ^ 「帝国議会 貴族院」『官報』、1917年9月1日、10頁。2018年8月10日閲覧。
  3. ^ 官報』、1946年1月9日2018年8月10日閲覧。
  4. ^ 岸信介・矢吹一夫・伊藤隆著、『岸信介の回想』 文藝春秋 1981年 p.13
  5. ^ a b 「叙任及辞令 内閣」『官報(物価号外)』、1937年10月22日、10頁。2018年8月10日閲覧。宗秩寮総裁、従3位勲三等
  6. ^ a b 「叙任及辞令 内閣」『官報(物価号外)』、1938年5月26日2018年8月10日閲覧。1937年10月22日より1938年5月25日まで文部大臣兼務厚生大臣、5月26日より厚生大臣に専任。
  7. ^ 「新文相に木戸幸一侯就任」『支那事変実記』3、読売新聞社〈大東亞戰史 前編〉、1942年、241頁。2018年8月10日閲覧。
  8. ^ 「宮廷録事 - 親任式厚生大臣木戸幸一」『官報』、1938年1月12日、211頁。2018年8月10日閲覧。親任式は1938年1月11日。
  9. ^ 「敍任及辞令 - 厚生大臣正3位勲二等侯爵 木戸幸一 - 任内務大臣」『官報(物価号外)』、1939年1月5日、1頁。2018年8月10日閲覧。
  10. ^ 「東京オリンピック、ついに開催中止」東京日日新聞 昭和13年7月15日付
  11. ^ a b 「叙任及辞令 宮内省」『官報(物価号外)』、1940年6月1日、1頁。2018年8月10日閲覧。正3位勲二等侯爵 木戸幸一 - 任内大臣。
  12. ^ 法廷証番号3340: 木戸幸一宣誓供述書 [弁護側文書番号: 2502]』(マイクロフィルム)〈連合国最高司令官総司令部国際検察局文書〉、1947年2018年8月10日閲覧。米国国立公文書館所蔵の日本占領関係資料集〈General Headquarters/Supreme Commander for Allied Powers〉より "GHQ/SCAP Records, International Prosecution Section ; Entry No.327 Court Exhibits in English and Japanese, IPS, 1945-47" のマイクロフィルム複写。
  13. ^ 木戸幸一. 個人最終論告 JJ』(マイクロフィルム)〈連合国最高司令官総司令部国際検察局文書〉、1948年2月2018年8月10日閲覧。 "Entry No.338 Prosecution and Defense Summations for Cases Tried before the IMTFE, 1948" 野間伊久留フィルム複写。手書き。
  14. ^ W・ローガン、穂積重威 『Defense Doc. 3117 [Defense Summation, KIDO, Koichi. Defense Summation Section N-10 木戸幸一最終辧論]』(マイクロフィルム)1〈連合国最高司令官総司令部国際検察局文書〉、1948年4月2018年8月10日閲覧。米国国立公文書館所蔵の日本占領関係資料集〈General Headquarters/Supreme Commander for Allied Powers〉より "GHQ/SCAP Records, International Prosecution Section ; Miscellaneous International Prosecution Documents Used as Background in Preparation for the IMTFE, 1940-48" のマイクロフィルム複写。
  15. ^ W・ローガン、穂積重威 『Defense Doc. 3117 [Defense Summation, KIDO, Koichi. Defense Summation Section N-10 木戸幸一最終辧論]』(マイクロフィルム)2〈連合国最高司令官総司令部国際検察局文書〉、1948年4月2018年8月10日閲覧。米国国立公文書館所蔵の日本占領関係資料集〈General Headquarters/Supreme Commander for Allied Powers〉より "GHQ/SCAP Records, International Prosecution Section ; Miscellaneous International Prosecution Documents Used as Background in Preparation for the IMTFE, 1940-48" のマイクロフィルム複写。
  16. ^ 取れなかった原稿2 (大島浩さん) 岡崎満義 『文壇こぼれ話5』全日本漢詩連盟、2007年1月1日
  17. ^ 二宮三郎「政治史料調査事務局沿革」、『参考書誌研究』第37号、国立国会図書館、1990年3月5日
  18. ^ 「付録「辞令二」賞勲局」『官報』、1931年12月28日、17頁。内務大臣秘書官長正4位。昭和5年勅令第148号により帝都復興記念章を授与。
  19. ^ 「叙任及辞令 宮内省」『官報』、1937年11月10日、265頁。2018年8月10日閲覧。
  20. ^ 「叙任及辞令 宮内省」『官報』、1941年9月27日、781頁。2018年8月10日閲覧。
  21. ^ 「叙任及辞令 賞勳局」『官報』、1942年9月14日、275頁。2018年8月10日閲覧。
  22. ^ a b c d e 国立国会図書館内公開(遠隔複写サービス)の対象。
  23. ^ 1978年、1983年に改版。
  24. ^ 住谷雄幸「続・東京裁判の記録・図書についてのおぼえがき — 付BC級戦争犯罪裁判資料」、『参考書誌研究』第25号、国立国会図書館、1982年9月25日、 33頁、 ISSN 0385-3306
  25. ^ 原爆 天佑'
  26. ^ 2018年4月18日中日新聞朝刊「変革の源流」第2部1
  27. ^ 「“震災復興”から見えてくる未来~世界連邦への道~」 木戸寛孝常務理事の講演(石川県連合会2012秋の講演会)を聴いて (PDF) 世界連邦ニュースレター第615号 世界連邦運動協会


「木戸幸一」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「木戸幸一」の関連用語

1
36% |||||

2
30% |||||

3
18% |||||

4
18% |||||

5
18% |||||

6
14% |||||

7
14% |||||

8
14% |||||

9
14% |||||

10
14% |||||

木戸幸一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



木戸幸一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木戸幸一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS