丹羽兵助とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 丹羽兵助の意味・解説 

丹羽兵助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 15:49 UTC 版)

丹羽 兵助(にわ ひょうすけ、1911年5月15日 - 1990年11月2日)は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(12期)。




  1. ^ 丹羽 兵助 (ニワ ヒョウスケ)”. コトバンク. 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ 『中日新聞』1990年11月2日付朝刊、1面、「守山駐屯地で刺され入院 丹羽兵助元労相死去」。
  3. ^ 『愛知県議会史 第九巻』 愛知県議会、1981年3月16日、344頁。
  4. ^ 『愛知県議会史 第九巻』 愛知県議会、1981年3月16日、362頁。
  5. ^ 『中日新聞』1993年8月9日付朝刊、市民総合版、11面、「ニュースの行間/ 丹羽容疑者派の選挙違反 金にすがった懲りない姿 情けない...支援者らあきれ顔」。
  6. ^ a b 『中日新聞』1990年10月22日付朝刊、1面、「丹羽元労相 刺され重態 入院中の男襲う 陸自記念式典会場で 守山駐屯地 すぐ逮捕 『議員ならだれでも』」。
  7. ^ 『中日新聞』1990年2月22日付朝刊、31面、「愛知二区選挙違反 丹羽氏の妻と長男逮捕 春日井市議らに現金 全員が返却」。
  8. ^ 『中日新聞』1990年3月12日付朝刊、1面、「名地検 丹羽代議士から聴取 衆院愛知二区妻子買収事件 本人は関与否定 長野の病院から出頭 愛知県警も聴取」。
  9. ^ 『中日新聞』1993年7月23日付朝刊、31面、「愛知2区 買収事件 丹羽氏の母 また逮捕 故兵助氏派違反に続き 元日進町議長らも逮捕」。
  10. ^ a b 『中日新聞』1990年11月3日付朝刊、1面、「死亡の丹羽元労相 2病院が不適合輸血 本人O型にB型 容体に影響か 愛知県警事情聴取 秘書の申告信用 守山の病院」。
  11. ^ a b 支倉, p. 118.
  12. ^ 支倉, p. 119.
  13. ^ 『中日新聞』2000年12月15日付夕刊、16面、「丹羽元労相遺族 病院側と和解 死亡事件訴訟で」。
  14. ^ a b 『東京新聞』1997年5月2日付夕刊、10面、「丹羽被告の上告棄却 93年衆院選買収事件 最高裁、実刑確定へ」。
  15. ^ 『中日新聞』1993年7月25日付朝刊、1面、「愛知二区違反 落選の丹羽候補逮捕 票取りまとめ 600万円を渡す」。
  16. ^ 『中日新聞』1993年8月6日付朝刊、1面、「丹羽派違反 穂積県議を逮捕 集票報酬 約200万円受け取る」。
  17. ^ 『中日新聞』1993年7月25日付朝刊、30面、「後援会『二八会』 “鉄”の結束 崩壊危機 兵助氏亡き後、人心離れ」。


「丹羽兵助」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「丹羽兵助」の関連用語

丹羽兵助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



丹羽兵助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丹羽兵助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS