江藤隆美とは?

江藤隆美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/26 06:22 UTC 版)

江藤 隆美(えとう たかみ、男性、1925年4月10日 - 2007年11月22日)は、日本の政治家。位階正三位勲等勲一等自由民主党衆議院議員として建設大臣運輸大臣総務庁長官を歴任した。




注釈

  1. ^ 亀井静香は「江藤さんは閣僚ながらまさかの落選を喫する。成田の問題に熱心に取り組むあまり、地元にほとんど入ることができなかったからだ。自分の当選だけを考える議員が多いなか、自分の果たすべき仕事を優先する稀有な人だった。」と述べている[1]
  2. ^ 亀井は「しかし、今となっては、とちらが国民の方を向いていたのかは明らかなのではないか。俺は常に下からの目線の政治を大切にしてきたが、江藤さんも百姓出身なだけに、常に下から目線の政治家だったのだ」としている[1]
  3. ^ 国際連盟の結成は1920年、国際連合の結成は1945年。

出典

  1. ^ a b c d e f g 週刊現代2019年3月2日号、連載亀井静香の政界交差点/第16回、江藤隆美-「下から目線」で筋を通した人格者、66-67頁
  2. ^ a b “南京虐殺30万人はうそ 江藤氏、講演で発言”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月12日). オリジナルの2013年12月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131220094357/http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003071201000425.html 2017年1月25日閲覧。 
  3. ^ “「植民地期間に良いことも」発言の自民党議員、またも妄言” (日本語). 東亜日報日本語版. (2003年7月13日). http://japanese.donga.com/List/3/all/27/275534/1 2017年1月25日閲覧。 
  4. ^ “江藤氏発言「嘆かわしい」 韓国、一斉に反発”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月13日). オリジナルの2013年12月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131220094254/http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003071301000241.html 2017年1月25日閲覧。 
  5. ^ “「動かぬ証拠」と反論 江藤氏発言に中国”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月13日). オリジナルの2013年12月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131220094355/http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003071301000246.html 2017年1月25日閲覧。 
  6. ^ 『「真の悪役」が日本を救う』P166
  7. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、204-205頁。
  8. ^ 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、350頁。
  9. ^ a b c 朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、130-133頁。
  10. ^ a b c 伊藤睦 編『三里塚燃ゆ―北総台地の農民魂』平原社、2017年、100-102・254-255頁
  11. ^ “「今さら」すれ違う感情 成田の運輸相会談 解決への道険しく”. 讀賣新聞 夕刊: 14. (1990-01-30). 
  12. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、41頁。


「江藤隆美」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江藤隆美」の関連用語

江藤隆美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



江藤隆美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江藤隆美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS