斎藤隆夫とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 近代日本人の肖像 > 斎藤隆夫の意味・解説 

さいとうたかお -たかを 【斎藤隆夫】 ○

1870~1949政治家兵庫県生まれ東京専門学校卒。エール大学に学ぶ。弁護士から政界に転じ、憲政会民政党議員として、軍部抵抗する議会活動を展開、1940年昭和15日中戦争処理に関し反軍演説行い議会から除名された。敗戦後も議会にあり、吉田片山内閣国務大臣

斎藤隆夫 さいとう たかお

斎藤隆夫の肖像 その1
斎藤隆夫の肖像 その2
明治3年8月18日昭和24年10月7日(1870~1949)

兵庫生まれ政党政治家。東京専門学校卒業明治31年(1898)弁護士開業34年(1901)米国イェール大学留学大正元年1912衆議院議員当選以後当選13回を数えた。立憲国民党立憲同志会憲政会立憲民政党所属昭和11年1936)2.26事件後の第69議会で「粛軍演説」を行い軍部政治介入厳し批判した。15年(1940)の第75議会では、事変処理を糾弾議会から除名されたが(反軍演説問題)、17年1942)の翼賛選挙で非推薦当選した。戦後日本進歩党結成参加第1次吉田内閣片山内閣国務相となる。

キーワード 政治家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 帝国憲法論 / 斎藤隆夫著 斎藤隆夫, 明34.6 <YDM31782>
  2. 比較国会論 / 斉藤隆夫著 渓南書院, 明39.11 <YDM28802>
  3. 洋行之奇禍 / 斎藤隆夫(春峰)著 渓南書院, 明40.4 <YDM102456>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

斎藤隆夫


斎藤隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 03:15 UTC 版)

斎藤 隆夫(さいとう たかお、1870年9月13日明治3年8月18日) - 1949年昭和24年)10月7日)は、日本弁護士政治家である。姓は「齋藤」とも表記する。




  1. ^ 反軍演説で議員除名処分
  2. ^ 『回顧七十年』「上京し、弁護士となる」より。
  3. ^ 正式名称『国防の本義と其強化の提唱』
  4. ^ 株式会社日本映画社・国立歴史民俗博物館・NHK戦争証言アーカイブス、1946、「近づく総選挙 どの政党を支持すべきか?」『日本ニュース 戦後編』第11号、1946年3月28日、(2013年11月30日取得、http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/jpnews/movie.cgi?das_id=D0001310011_00000&seg_number=003 )。
  5. ^ 現総務省行政評価局・行政管理局
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  7. ^ 内閣印刷局、1925、「衆議院議員選擧法改正法律案 第二讀會」『官報號外 大正十四年三月三日 衆議院議事速記錄第二十一號』四七八~四八五頁、帝国議会会議録検索システム(国立国会図書館)、(2013年11月30日取得、http://teikokugikai-i.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/050/0060/0501006002110302.pdf )。
  8. ^ 内閣印刷局、1938、「國家總動員法案 第一讀會」『官報號外 昭和十三年二月二十五日 第七十三囘帝國議會 衆議院議事速記錄第十七號』三四九頁2段目中央、(2013年12月1日取得、http://teikokugikai-i.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/073/0060/0731006001710224.pdf )。
  9. ^ 岡本一平の新聞漫画による。
  10. ^ 『回顧七十年』「アメリカに留学」を参照。グレース・ホスピタルでの治療が理由のようである。


「斎藤隆夫」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「斎藤隆夫」の関連用語

斎藤隆夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



斎藤隆夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斎藤隆夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS