伊藤忠治とは?

伊藤忠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/05 08:35 UTC 版)

伊藤 忠治(いとう ちゅうじ、1934年昭和9年)5月2日 - 2013年平成25年)5月19日)は、日本政治家。元衆議院議員(6期)。中央選挙管理会委員長。初当選時には全電通労組(全国電気通信労働組合)出身で支持母体としており、電電公社民営化後は、NTT労組を中心とする通信系労組である情報労連情報産業労働組合連合会)を支持母体としていた。




  1. ^ 「日本政治史に残る三重県選出国会議員」の309ページの記述。(著者)廣新二。出版年は1985年(昭和60年)三重県選出日本社会党議員の「伊藤忠治」の項目。
  2. ^ 伊藤忠治氏死去(元民主党衆院議員) 時事ドットコム 2013年5月20日
  3. ^ 平成9年の津実業高校記念式典での本人談では、高校時代に職場で丸1日働いてから学校へ自転車で駆けつけるのが一日の生活で、学生食堂へすっ飛んでいてコッペパンやアンパンをほおばりながら脱脂粉乳で作った温かいミルクを流し飲んで空腹を満たすのが楽しみだった。発声障害のひどいドモ(吃音)だった。た行のタ・チ・ツ・テ・トから始まる言葉はドモって発言できなかったと語っている。
  4. ^ 津実業高校2年生の3学期のときに、鈴鹿電気通信学園の募集をしていて、親友にその事を尋ねたら今日が締切で、消印が1日違っても受け付けてくれるかもしれないと思い投函したら受付が許可されて、20倍以上の競争率でまさか合格するわけないと思ったが合格して、学園では通信業務の訓練が10ヵ月あり、卒業後は津電報局に配属された。
  5. ^ 第126回国会 衆議院 法務委員会 11号
  6. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ


「伊藤忠治」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊藤忠治」の関連用語

伊藤忠治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伊藤忠治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊藤忠治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS