中川秀直とは?

中川秀直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 02:58 UTC 版)

中川 秀直(なかがわ ひでなお、1944年昭和19年)2月2日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(10期)。旧姓佐藤(さとう)。元衆議院議員中川俊思女婿。元衆議院議員中川俊直は次男。名を「しゅうちょく」と読まれる事が少なくない[要出典]




  1. ^ 『中川秀直物語 - 衆議院議員 中川秀直 公式サイト』より
  2. ^ 田中秀征著、平成史への証言 政治はなぜ劣化したか、朝日新聞出版、2018年、200頁
  3. ^ “自民、中川秀直元幹事長が町村派を退会”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年10月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091029/stt0910291058004-n1.htm 2009年12月2日閲覧。 
  4. ^ “中川、小泉進次郎氏ら造反 郵政改正案”. 日刊スポーツ. (2012年4月12日). オリジナルの2014年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140501010526/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120412-932860.html 2014年5月1日閲覧。 
  5. ^ 中川秀直氏が引退表明 衆院選不出馬、世代交代理由に - 中国新聞 2012年10月1日
  6. ^ 選挙:衆院選・広島4区 自民、中川俊直氏擁立へ 秀直氏の次男、県連「党員大会で承認」 /広島 - 毎日新聞 2012年11月13日
  7. ^ 秋の叙勲4055人 江田元参院議長に桐花大綬章 日本経済新聞 2016年11月3日
  8. ^ 旧広島2区は必ず前職の誰かが落選する激戦区で、当時の中川は主に同じ自民党の池田行彦谷川和穂増岡博之社会党森井忠良等と定数4議席を争っていた。
  9. ^ 自民、造反は中川元幹事長のみ 消費増税法案採決を欠席
  10. ^ 自民党「移民1000万人受け入れ」の実現性日本語の壁、少ない職場・・・課題は山積み。 日経ビジネス (2008年6月19日)
  11. ^ 自民、外国人定住へ基本法・「移民庁」設置など検討 日本経済新聞 (2008年5月5日)
  12. ^ 在日外国人の地方参政権問題 城内実オフィシャルサイト
  13. ^ 英語は不利? センター試験外国語 平均点8年連続で最低
  14. ^ 「自民・中川元幹事長が『子供に世襲させない』宣言」『自民・中川元幹事長が「子供に世襲させない」宣言 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年4月23日
  15. ^ 中川秀直・中川俊直「わが『世襲放棄』宣言――『二世天国』自民に捨て身の提言」『週刊文春』51巻19号、文藝春秋2009年5月21日、40-43頁。
  16. ^ 「世襲ダメなら『世襲党作る』!?――立候補制限自民賛否」『讀賣新聞』47859号、14版、読売新聞東京本社2009年5月23日、4面。
  17. ^ 選挙に弱い中川政調会長子息が東広島市長選で惨敗 - FACTA2006年6月号
  18. ^ 中川俊直氏が「参院選」応募 Archived 2010年2月3日, at the Wayback Machine.
  19. ^ “自民・広島県連、候補者選びで党員投票へ”. 読売新聞. (2010年1月31日). オリジナルの2010年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100204054157/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100105-807334/news/20100131-OYT1T00288.htm 2010年6月3日閲覧。 
  20. ^ 加藤小夜 (2010年2月21日). “選挙:参院選 選挙区の公認候補に宮沢洋一氏を擁立へ--自民党県連 /広島”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/seiji/10saninsen/area/34/archive/news/2010/02/20100221ddlk34010303000c.html 2010年6月3日閲覧。 
  21. ^ 地盤引き継ぎ 4区・中川氏、初産経新聞 2012年12月22日閲覧
  22. ^ 統一協会・集団結婚に祝電 小坂文科相・中川政調会長も 安倍官房長官、広島大会にも送付 しんぶん赤旗2006年6月25日
  23. ^ 「反麻生」議連旗揚げへ 12月、中川秀、小池両氏ら
  24. ^ 政界再編「総選挙後に判断」 中川元幹事長
  25. ^ 中川秀直氏「人心一新を」 麻生首相の面前で退陣求める 産経新聞 7月14日13時37分配信
  26. ^ a b 「第2号――平成12年10月26日(木曜日)」『第150回国会 内閣委員会 第2号(平成12年10月26日(木曜日))』衆議院、2000年10月26日
  27. ^ 『産経新聞』2005年5月16日朝刊一面より
  28. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日


「中川秀直」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中川秀直」の関連用語

中川秀直のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中川秀直のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中川秀直 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS