内閣改造とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 内閣改造の意味・解説 

内閣改造(ないかくかいぞう)

首相内閣構成メンバー入れ替えること

内閣総理大臣首相)が任期途中で内閣構成する閣僚国務大臣)を替えることを指す。国務大臣任命権者である首相権限として、内閣人事異動が行われる。

内閣総辞職または総選挙のあとに行われる通常の組閣とは異なり国会による首班指名選挙はない。首相任期そのまま維持されるためである。

また、内閣改造については、制度上の明文規定はなく、任意実施することができる。形式的には、首相すべての国務大臣から辞表受け取り、そして新たに国務大臣任命することで効果現れる憲法68条に規定する任命権に基づくものだと説明されている。

実際には、与党役員人事などと連動する形で、内閣改造する。自民党政権下では、党の総裁選などに伴う人事異動により、大臣ポストを(派閥に応じて分け与えるそのほか連立政権組み替えのときにも、実施することがある

内閣改造の時期ともなると、大臣イスにどうしても座ったいという国会議員にとっては、ポストを得るための絶好チャンスである。先日加藤政局の際には、大臣イスをちらつかされた反主流派が切り崩され、失敗に終わったとも見られている。

逆に言うと、だいたい年に1回のペース実施される内閣改造人事で、党としての結束を図るという効果もあるようである。

関連キーワード「組閣

(2000.11.27更新


内閣改造(ないかくかいぞう)(cabinet reshuffle)

首相内閣構成メンバー入れ替えること

内閣総理大臣首相)は代わることなく、内閣構成する国務大臣閣僚)の全部または一部入れ替えることをいう。任期途中で内閣人事刷新を図る。

総選挙または内閣総辞職のあとに行われる通常の組閣場合とは異なり首相任期そのまま続くため、国会首班指名選挙をするわけではない形式的には、すべての閣僚から辞表取りまとめ首相新たに閣僚任命するという手続きとなっている。このとき、留任した閣僚辞表失効させるようだ。

内閣改造については制度上の明文規定がなく、政権与党役員人事などと連動する形で慣習的実施されてきた。首相には、閣僚任命したり辞めさせたりする権限与えられているので、内閣改造の時期内容などで自由な裁量発揮が可能だ。

なお、新し閣僚認証式などは、通常の組閣場合同様に行われる

小泉純一郎首相は、30日の内閣改造で一部閣僚入れ替え構造改革向けて結束固めたいようだ。今回の内閣改造は、小泉内閣としては組閣以来初めてのこと。

小泉内閣閣僚名簿首相官邸
内閣改造Yahoo!ニュース

(2002.09.30更新


内閣改造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 00:36 UTC 版)

内閣改造(ないかくかいぞう)とは内閣総理大臣首班指名選挙直後の組閣を除く時期に国務大臣(閣僚)の相当数を一度に替えること。内閣改造によって成立した新内閣を改造内閣という。与党役員人事改造と連動して行われる。国会閉会中に行われることが多い。






「内閣改造」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内閣改造」の関連用語

内閣改造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内閣改造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内閣改造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS