茂木敏充とは?

茂木敏充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 19:29 UTC 版)

茂木 敏充(もてぎ としみつ、1955年〈昭和30年〉10月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(9期)、外務大臣(第147代・第148代)、自民党栃木県連会長、竹下派会長代行。




  1. ^ 内閣府特命担当大臣(金融)、行政改革担当、公務員制度改革担当 茂木敏充 首相官邸
  2. ^ 茂木 敏充 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる 突撃永田町!!” (2017年2月15日). 2017年12月5日閲覧。
  3. ^ 茂木としみつオフィシャルウェブサイト | プロフィール
  4. ^ 内閣府特命担当大臣(金融)、行政改革担当、公務員制度改革担当 茂木敏充 首相官邸
  5. ^ “【自民党新役員】茂木敏充政調会長「成長と分配の好循環を実現したい」”. 産経新聞. (2016年8月3日). http://www.sankei.com/politics/news/160803/plt1608030029-n1.html 2016年8月3日閲覧。 
  6. ^ 栃木-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  7. ^ 日米貿易交渉に関する閣僚会合・首脳会談”. 内閣官房 (2019年). 2019年9月24日閲覧。
  8. ^ 首相「社会保障、全世代型に」 第4次改造内閣発足:日本経済新聞
  9. ^ 令和元年9月11日 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
  10. ^ a b c d 茂木敏充政務調査会長 記者会見
  11. ^ 朝日新聞 (2012年1月26日). “民主と自公、なお隔たり 地方公務員給与の削減・協約締結権”. 朝日新聞朝刊 総合: 3. 
  12. ^ “《朝日新聞デジタル》〈発言録〉「TPPはこれからも続く課題」輿石東氏”. 朝日新聞デジタル. (2011年10月30日) 
  13. ^ asahi.com(朝日新聞社):民自公、国家公務員の給与削減で合意 - 民主政権”. www.asahi.com. 2019年11月19日閲覧。
  14. ^ a b c d 朝日新聞 (2012年05月30日). “自民、人からコンクリへ 公共事業10年200兆円、生活保護費は大幅減 独自法案”. 朝刊 4総合: 4. 
  15. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年1月18日). “【政界徒然草】官僚に「最も怖い政治家」と恐れられる自民・茂木敏充政調会長 “ポスト安倍”に名前が挙がってこないのはなぜ?” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。
  16. ^ 「人づくり革命」のテーマは5つ 茂木敏充経済再生相
  17. ^ 茂木担当相 無償化「大学を限定」 対象基準を検討
  18. ^ 茂木経産相「引き続き車体課税の見直しに全力で取り組んで参りたい」
  19. ^ 軽自動車増税に慎重姿勢、経産相” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年3月8日閲覧。
  20. ^ 閣議後記者会見の概要 平成25年12月13日|茂木としみつオフィシャルウェブサイト”. www.motegi.gr.jp. 2020年3月8日閲覧。
  21. ^ 日本経済新聞 (2018/10/5). “茂木氏、改革の司令塔に 全世代型社会保障を統括”. 日本経済新聞. 
  22. ^ a b c 【永田町・霞が関インサイド】簡潔かつ明瞭な「茂木外交」演説でアピール 日本外交の基本構想は「インド太平洋戦略」” (日本語). zakzak. 2020年1月6日閲覧。
  23. ^ a b 新閣僚ってどんな人? 菅内閣20人の横顔”. 日本経済新聞. 2020年9月16日閲覧。
  24. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  25. ^ a b e-デモクラシー ~若手政治家の気概を問う~ 「茂木としみつの回答」
  26. ^ 2006年8月号 FACTA
  27. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年1月18日). “【政界徒然草】官僚に「最も怖い政治家」と恐れられる自民・茂木敏充政調会長 “ポスト安倍”に名前が挙がってこないのはなぜ?” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。
  28. ^ 民主主義の現場 変わる税・予算編成(下)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年1月7日閲覧。
  29. ^ 茂木外相、河野防衛相…内閣改造ではっきり分かった首相候補の必須科目は“外交と防衛”” (日本語). gooニュース (2019年9月18日). 2019年10月2日閲覧。
  30. ^ 朝日新聞 (2019年9月19日). “茂木外相、「ポスト安倍」に意欲にじませる”. 朝日新聞朝刊 総合: 4. 
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年2月6日). “首相、後継候補を紹介 茂木、下村、甘利の3氏” (日本語). 産経ニュース. 2020年3月1日閲覧。
  32. ^ 日本放送協会. “茂木敏充さんの「失敗できない」ランチ | 永田町・霞が関のサラめし” (日本語). NHK政治マガジン. 2019年10月2日閲覧。
  33. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年3月13日). “竹下派統率、変わる茂木敏充氏 トップ不在で若手掌握に汗” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。
  34. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年1月18日). “【政界徒然草】官僚に「最も怖い政治家」と恐れられる自民・茂木敏充政調会長 “ポスト安倍”に名前が挙がってこないのはなぜ?” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。
  35. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年1月18日). “【政界徒然草】官僚に「最も怖い政治家」と恐れられる自民・茂木敏充政調会長 “ポスト安倍”に名前が挙がってこないのはなぜ?” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月27日閲覧。
  36. ^ 「能力抜群だが人望ない」茂木敏充外相。河野前外相との違いとは?(文春オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年10月18日閲覧。
  37. ^ 茂木敏充氏 念願の外相に意気軒昂(人事消息地獄耳)(中央公論)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年10月28日閲覧。
  38. ^ Company, The Asahi Shimbun. “茂木敏充外相の“超忖度トリセツ” 好物、タバコ、室温まで官僚作の「接待マニュアル」入手” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2019年10月29日閲覧。
  39. ^ a b 蔵書拝見:茂木敏充氏/上 米留学で知った「勝ちすぎない」交渉の極意 GETTING TO YES” (日本語). 毎日新聞. 2020年3月28日閲覧。
  40. ^ 2006年9月9日 朝日新聞
  41. ^ “3700万円を減額訂正 茂木氏、関連団体の寄付”. 47NEWS. 共同通信. (2007年9月11日). http://archive.fo/gt0x 2011年4月9日閲覧。 
  42. ^ “自民・茂木氏が資産訂正”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2010年2月16日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date4&k=2010021600784 2010年2月16日閲覧。 
  43. ^ “年金記録公表で法案採決へ 茂木氏、未納事実上認める”. 47NEWS. 共同通信. (2004年4月28日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004042801001713.html 2011年4月9日閲覧。 
  44. ^ “辞任重ねて否定 年金未納6閣僚”. 47NEWS. 共同通信. (2004年5月11日). http://archive.fo/5nQO 2011年4月9日閲覧。 
  45. ^ “自民・茂木政調会長、スケベを見抜かれ番記者に女性が増加”. デイリー新潮. 週刊新潮. (2016年9月29日). https://www.dailyshincho.jp/article/2016/09291100/ 
  46. ^ “茂木氏、選挙区で手帳配布=週刊誌報道-事務所は違法性否定”. 時事ドットコム. 時事通信. (2017年8月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080900912&g=pol 
  47. ^ 茂木氏秘書の線香配布、「氏名類推」が焦点に”. 日本経済新聞 (2018年2月1日). 2018年11月25日閲覧。
  48. ^ 安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり/賭博合法化につきすすむ しんぶん赤旗 2014年9月9日
  49. ^ 「自民党 茂木氏、政調会長に就任 地元・足利「活躍を」 /栃木」毎日新聞2016年8月4日


「茂木敏充」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「茂木敏充」の関連用語

茂木敏充のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



茂木敏充のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茂木敏充 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS