曾禰荒助とは?

曾禰荒助 そね あらすけ

曾禰荒助の肖像 その1

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

曾禰荒助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/14 23:04 UTC 版)

曾禰 荒助(そね あらすけ、新字体:曽祢嘉永2年1月28日1849年2月20日) - 明治43年(1910年9月13日)は、日本武士長州藩士)、政治家外交官明治時代の歴代内閣で閣僚職を歴任した。伊藤博文が暗殺された後に第2代韓国統監に就任し、韓国併合を進めた。




  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)16頁
  2. ^ 『官報』第1820号「叙任及辞令」1889年7月24日。
  3. ^ 『官報』第5174号、明治33年9月28日。
  4. ^ 『官報』第6863号、明治39年5月18日。
  5. ^ 『官報』第7272号、明治40年9月23日。
  6. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  7. ^ 『官報』第2086号「叙任及辞令」1890年6月14日。
  8. ^ 『官報』第4084号「叙任及辞令」1897年2月16日。
  9. ^ 『官報』第4383号「叙任及辞令」1898年2月15日。
  10. ^ 『官報』第6239号「叙任及辞令」1904年4月21日。
  11. ^ a b 『官報』第8158号「叙任及辞令」1910年8月30日。
  12. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  13. ^ 『官報』第2251号「叙任及辞令」1890年12月27日。
  14. ^ 『官報』第3291号「叙任及辞令」1894年6月20日。
  15. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  16. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  17. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  18. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  19. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  20. ^ 『官報』第7415号「叙任及辞令」1908年3月18日。
  21. ^ a b 『官報』第6239号「叙任及辞令」1904年4月21日。
  22. ^ 『官報』第8049号「叙任及辞令」1910年4月25日。


「曾禰荒助」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「曾禰荒助」の関連用語

曾禰荒助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曾禰荒助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曾禰荒助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS