小川平吉とは?

小川平吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/23 01:48 UTC 版)

小川 平吉(おがわ へいきち、1870年1月2日明治2年12月1日) - 1942年昭和17年)2月5日)は、日本政治家弁護士は射山。東京府平民[1]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 『人事興信録. 7版』(大正14年)を四
  2. ^ a b c d e f g h i 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)117頁
  3. ^ 『信州の人脈(上)』16頁
  4. ^ a b c d e f g h 信濃毎日新聞社編『信州の人脈(上)』17頁
  5. ^ 中村勝実著『信州の大臣たち』 48頁
  6. ^ 元首相若槻禮次郎は同期
  7. ^ この法相就任は横田千之助法相の死去に伴う後任人事によるものである その間4日間だけ高橋是清農商務大臣が臨時兼任していた
  8. ^ 『信州の人脈(上)』15頁
  9. ^ 中村勝実著『信州の大臣たち』49頁
  10. ^ 『信州の人脈(上)』9頁
  11. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻695号 p.102
  12. ^ 6月29日免許渡島海岸鉄道、鎌倉急行電気鉄道、天野山電気鉄道、鶴見臨港鉄道、阪神高速度電鉄、淡路電気鉄道、刀南電気鉄道、南和電気鉄道参宮急行電鉄名古屋急行電気鉄道越中鉄道「鉄道免許状下付」『官報』1929年7月5日(国立国会図書館デジタル化資料)
  13. ^ 1929年7月3日付け大阪毎日新聞(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  14. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻695号 p.110
  15. ^ 猪野健治の著書「侠客の条件 吉田磯吉伝」95-96頁
  16. ^ 『官報』第343号「叙任及辞令」1928年2月22日。
  17. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  18. ^ 第十版 大衆人事録』(昭和9年)オ四頁より
  19. ^ 中村勝実著『信州の大臣たち』 318頁


「小川平吉」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小川平吉」の関連用語

1
34% |||||

2
34% |||||

3
30% |||||

4
30% |||||

5
16% |||||

6
16% |||||

7
16% |||||

8
14% |||||

9
14% |||||

10
14% |||||

小川平吉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小川平吉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小川平吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS