北里柴三郎とは?

きたさと‐しばさぶろう〔‐しばサブラウ〕【北里柴三郎】


北里柴三郎 きたさと しばさぶろう

北里柴三郎の肖像 その1
嘉永5年12月20日昭和6年6月13日(1853~1931

熊本生まれ細菌学者庄屋長男生まれ熊本医学校東京大学医科大学卒業後、内務省衛生局勤務ドイツ留学し、明治19年(1886)よりコッホ師事22年(1889)に世界初破傷風菌培養成功した。24年(1891)医学博士となり、25年(1892)帰国後は伝染病研究所長を務めた。研究所文部省移管反対して辞職大正4年(1915)北里研究所設立し、6年(1917)には慶応義塾大学医学科創設尽力した。

キーワード 学者, 医師・薬剤師等
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 北里医学博士演説 君沢田方郡私立衛生会, 明26.7 <YDM60443>
  2. 黴菌学研究 / 北里柴三郎著 ; 宇都宮綱条編 英蘭堂, 明26.7 <YDM58419>
  3. 恙虫病原調査報告書 / 北里柴三郎著 伝染病研究所, 明27.1 <YDM59361>
  4. ペスト病ノ原因調査第一報告 / 北里柴三郎著 伝染病研究所, 明27.8 <YDM59465>
  5. ペスト病ノ原因調査第壱報告 / 北里柴三郎著 明治講医会, 明27 (前期医学科講義録 ; 附録) <YDM59466>
  6. 実布垤利亜及虎列刺病治療成績報告 / 北里柴三郎著 伝染病研究所, 明28.1 <YDM59311>
  7. 伝染病研究講義 第1巻 / 北里柴三郎述 ; 中川愛咲編 南江堂, 明29.11 <YDM59368>
  8. 虎列刺病予防講話 / 次郎次郎, 明35.10 <YDM59243>
  9. 「ペスト」ト蚤ノ関係ニ就テ / 北里柴三郎述 東京市役所, 明42.1 <YDM59453>
  10. 肺の健康法 / 北里柴三郎著 広文堂, 明43.12 <YDM59417>
  11. 北里細菌及伝染病学雑纂 / 北里柴三郎著 金原商店, 明44.6 <YDM59183>
  12. 強肺深呼吸法 / 北里柴三郎著 広文堂, 明44.12 (最新衛生叢書 ; 第1編) <YDM60453>
  13. 伝染病予防撲滅法 / 北里柴三郎著 家庭衛生社, 明44.12 <YDM60714>
  14. 肺病大家論集 / 吉川監修 衛生書院, 明44.8 <YDM59430>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

北里柴三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 10:24 UTC 版)

北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう、嘉永5年12月20日(グレゴリオ暦1853年1月29日/ユリウス暦1853年1月17日) - 昭和6年(1931年6月13日)は、日本の医学者・細菌学者・教育者実業家。「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した。




注釈

  1. ^ 財団のウェブ・ページのエミール・ヴォン・ベーリングのBiography[1]には柴三郎の名が共同研究者として記述されている。
  2. ^ ノーベル財団の資料 (Mahatma Gandhi, the Missing Laureate) には、「1960年までノーベル平和賞はほぼ排他的に欧米人に与えられた」と記述されている(ただし「人種差別が原因」とは記していない)が、生理学・医学賞については特にそのような言及はない。
  3. ^ 大村によると11月とある。
  4. ^ 大村によると帰国は1892年(明治25年)5月28日。11月、内務省医務局に復職。1892年(明治25年)10月、福澤諭吉森村市左衛門の援助を受け芝公園内に私立伝染病研究所を設立。11月30日、大日本私立衛生会の委嘱を受け伝染病研究所の所長に就任。1893年(明治26年)9月、日本最初の結核サナトリウム「土筆ヶ岡養生園」を設立。(北里研究所病院の前身)
  5. ^ 北里のほぼ同じ成績が1907年の増田勇の著書に引用されている。
  6. ^ ドイツ語で「雷おやじ」(der Donner) の意。
  7. ^ 1885年の業績までは内務省時代である
  8. ^ 内容は北里柴三郎伝と北里柴三郎論説編(前編)で底本は前は1932年に非売品として刊行された北里柴三郎伝と1978年の北里柴三郎論説集である。前の方は北里柴三郎の名前があるが、宮島幹之助と高野六郎が執筆したことが分かっている。旧版は非売品であったので、殆どの公共図書館に所蔵されていない。

出典

  1. ^ 読売新聞』1988年3月28日。
  2. ^ 沿革|企業情報|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2019年4月16日閲覧。
  3. ^ a b c d “「きたざと」「きたさと」正解はどっち? 北里柴三郎、在熊テレビ局でも違い”. 熊本日日新聞. (2019年4月16日). オリジナルの2019年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190417014145/https://this.kiji.is/490733641321071713?c=92619697908483575 2020年7月14日閲覧。 
  4. ^ 神庭亮介 (2019年6月7日). “北里柴三郎はキタサトなの?キタザトなの? 北里大学に聞いてみた”. BuzzFeed News. https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/kitasato-kitazato 2020年7月14日閲覧。 
  5. ^ 「新千円札の肖像について」に係るQ&Aについて”. 北里大学. 2019年4月25日閲覧。
  6. ^ “北里柴三郎: 感染症予防と治療のパイオニア”. nippon.com. (2020年9月3日). https://www.nippon.com/ja/japan-topics/b07213/?cx_recs_click=true 2020年11月29日閲覧。 
  7. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.12
  8. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.16
  9. ^ 大村 & 宇津野 2003, pp.22-23
  10. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.25
  11. ^ 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、241頁。(ページ番号記載なし)
  12. ^ a b c 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、242頁。(ページ番号記載なし)
  13. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.36
  14. ^ a b 効果に注目、「抗体医薬」asahi.comアスパラクラブaサロン「科学面にようこそ」
  15. ^ a b c 中瀬安清、「北里柴三郎によるペスト菌発見とその周辺 ペスト菌発見百年に因んで」『日本細菌学雑誌』 1995年 50巻 3号 p.637-650, doi:10.3412/jsb.50.637, 日本細菌学会
  16. ^ a b c d e 慶應義塾150年史資料集編纂委員会編 『慶應義塾150年史資料集 第2巻』 慶應義塾、2016年、426頁
  17. ^ 「一、大学部本科各科ニ学長一名ヲ置ク」(慶應義塾 『慶應義塾総覧 大正6年』 120頁)
  18. ^ 『官報』第15号、明治16年7月18日。
  19. ^ 「博士授与式」東京日日新聞明治24年8月25日『日本全国諸会社役員録. 第回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  20. ^ ノーベル賞0人vs19人…韓国30年、日本146年基礎科学の差(1) 中央日報 2014年10月10日
  21. ^ 慶應義塾 『慶應義塾百年史』 中巻(後)、1964年、117頁
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 故正三位勲二等男爵北里柴三郎叙勲ノ件」 アジア歴史資料センター Ref.A10113089700 
  23. ^ 『官報』第4764号「叙任及辞令」1899年5月22日。
  24. ^ 『官報』第6283号「叙任及辞令」1904年6月11日。
  25. ^ 『官報』第7796号「叙任及辞令」1909年6月22日。
  26. ^ 『官報』第584号「叙任及辞令」1914年7月11日。
  27. ^ 『官報』第700号「叙任及辞令」1914年12月1日。
  28. ^ 『官報』第1338号「叙任及辞令」1931年6月17日。
  29. ^ 『官報』第2854号「叙任及辞令」1893年1月6日。
  30. ^ 『官報』第3403号「叙任及辞令」1894年10月30日。
  31. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  32. ^ 『官報』第2169号「叙任及辞令」1919年10月27日。
  33. ^ 『官報』第3439号「叙任及辞令」1924年2月13日。
  34. ^ 『官報』第3717号「宮廷録事 - 恩賜」1925年1月15日。
  35. ^ 『官報』第1338号「叙任及辞令」1931年6月17日。
  36. ^ a b 家庭の人『北里柴三郎伝』宮島幹之助, 高野六郎 編(北里研究所, 1932)p.226
  37. ^ 『にっぽん心中考』p103 佐藤清彦、青弓社, 1998
  38. ^ 『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚: 明治・大正』朝日新聞社 - 1997 p390]
  39. ^ 椎野正兵衛商店会社概要
  40. ^ 原邦道『人事興信録. 第14版 下』(人事興信所, 1943)pハ105
  41. ^ 北里柴三郎『人事興信録. 第8版(昭和3年)』
  42. ^ 私の感染症の医学生態学的研究の足跡を回想して思うこと小澤敦、モダンメディア 58巻5号2012
  43. ^ 北里柴三郎 近代名士家系大観
  44. ^ 北里柴三郎『大正人名辞典』東洋新報社、1917
  45. ^ 北里裟袈男『大正人名辞典』東洋新報社、1917
  46. ^ 北里 裟袈男 キタサト サカオコトバンク
  47. ^ 大村 & 宇津野 2003, pp.22-23
  48. ^ 犀川[1999:61]
  49. ^ 山本[1993:32]
  50. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.104
  51. ^ “新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します” (プレスリリース), 財務省, (2019年4月9日), https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html 2019年4月9日閲覧。 
  52. ^ “新紙幣を正式に発表 一万円札の裏は東京駅”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年4月9日). https://www.sankei.com/economy/news/190409/ecn1904090008-n1.html 2019年4月9日閲覧。 
  53. ^ “紙幣のデザイン刷新へ 1万円は渋沢栄一”. ITmedia NEWS. (2019年4月9日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/09/news063.html 2019年4月9日閲覧。 
  54. ^ 大村 & 宇津野 2003, pp.138-158
  55. ^ 大村[2003:138]
  56. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.31
  57. ^ 大村 & 宇津野 2003, pp.50-53
  58. ^ 大村[2003:60]
  59. ^ 大村 & 宇津野 2003, pp.54-551
  60. ^ 大村 & 宇津野 2003, p.160





北里柴三郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北里柴三郎」の関連用語

北里柴三郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北里柴三郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2021 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北里柴三郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS