林銑十郎とは?

はやし‐せんじゅうろう〔‐センジフラウ〕【林銑十郎】


林銑十郎

林銑十郎
総理在職期間
     昭12. 2. 2~昭12. 6. 4123日
総理就任時年齢:60歳

林銑十郎 はやし せんじゅうろう

林銑十郎の肖像 その1
明治9年2月23日昭和18年2月4日 (1876~1943

石川県生まれ。陸軍軍人。父は旧金沢藩士。陸軍士官学校陸軍大学校卒業日露戦争出征陸軍大学校校長近衛師団長朝鮮軍司令官等を歴任し、昭和7年(1932)陸軍大将斎藤内閣岡田内閣では陸相となる。12年(1937)2月に首相に就任政党除外し、祭政一致を掲げた内閣であったが、議会での審議滞り議会解散総選挙野党圧勝したため5月内閣総辞職した。4ヶ月間の短命内閣であった。

キーワード 陸軍軍人, 政治家, 首相

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

林銑十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 08:09 UTC 版)

林 銑十郎(はやし せんじゅうろう、1876年明治9年〉2月23日 - 1943年昭和18年〉2月4日)は、日本陸軍軍人政治家陸軍大将正二位勲一等功四級




  1. ^ 第三十五条 「司令官外国ニ対シ故ナク戦闘ヲ開始シタルトキハ死刑ニ処ス」
    第三十七条 「司令官権外ノ事ニ於テ已ムコトヲ得サル理由ナクシテ擅ニ軍隊ヲ進退シタルトキハ死刑又ハ無期若ハ七年以上ノ禁錮ニ処ス」
    第三十八条 「命令ヲ待タス故ナク戦闘ヲ為シタル者ハ死刑又ハ無期若ハ七年以上ノ禁錮ニ処ス」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 陸軍大将林銑十郎特旨叙位の件」 アジア歴史資料センター Ref.A12090244400 
  3. ^ 『官報』第869号「叙任及辞令」1929年11月20日。
  4. ^ 『官報』第1606号「叙任及辞令」昭和7年5月11日
  5. ^ 『官報』第2212号「叙任及辞令」昭和9年5月19日
  6. ^ 『官報』第3149号「叙任及辞令」昭和12年7月3日
  7. ^ 『官報』第4818号「叙任及辞令」昭和18年2月5日
  8. ^ 『官報』第1636号「叙任及辞令」昭和7年6月15日
  9. ^ 『官報』第4818号「叙任及辞令」昭和18年2月5日
  10. ^ 『官報』第216号・付録「辞令」1913年4月22日。
  11. ^ 白上謙一『ほんの話』(教養文庫)P.109
  12. ^ 白上謙一『ほんの話』(教養文庫)P.76


「林銑十郎」の続きの解説一覧



林銑十郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「林銑十郎」の関連用語

林銑十郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



林銑十郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2021 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2021 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林銑十郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS