怪文書とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文書 > 怪文書の意味・解説 

怪文書

読み方:かいぶんしょ

怪文書(かいぶんしょ)とは、奇怪文書のこと。元々は「出どころが不明で、信憑性不明な、胡散臭い文書」を指す語。最近では俗に「ひどい悪文気色悪い内容の、きてれつ文章」を指すような意味で用いられることがある。怪文書の「怪」の字には、「怪しい」「不思議な」「胡散臭い」という字義がある。「怪文書」の他に「怪事件」「怪人物」といった語彙がこの例に該当する。「怪人」「怪獣」「怪異」「怪聞」「怪火」「怪死」「怪談」などの語もこの例に含めることができる。

従来的な意味用法における「怪文書」は、誰が印刷発行発送したか不明ビラ手紙電子メールなどを指す。文書内容は、典型的には、脅迫告発誹謗中傷の類である。

昨今インターネットスラングとしての「怪文書」は、いわば「得体のしれない気味悪さを含む文章テキスト)」のことである。つまり奇っ怪文書である。

念のために言っておくが「怪文章」ではない。

かい‐ぶんしょ〔クワイ‐〕【怪文書】

中傷暴露するのが目的の、出所不明文書。「怪文書が出回る


怪文書

作者清水一行

収載図書副社長自殺
出版社集英社
刊行年月1991.4
シリーズ名集英社文庫

収載図書副社長自殺
出版社徳間書店
刊行年月1997.6
シリーズ名徳間文庫


怪文書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 00:30 UTC 版)

怪文書(かいぶんしょ)とは、信憑性および発行者が不明な状態で出回る事実上の匿名文書である。内容的には、その多くが特定の組織個人などに関する情報と称する類のもの、誹謗中傷もしくは一方的な主張を述べている。根拠不明あるいは明確に誤った情報でありながら、拾い読んだ者にある種の影響を与え得る為に問題視される。




「怪文書」の続きの解説一覧



怪文書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怪文書」の関連用語

怪文書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怪文書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怪文書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS