田中正造とは?

田中正造

読み方:たなかしょうぞう

明治時代政治家天保時代である西暦1841年生まれ1890年に第1回目となる衆議院議員総選挙当選帝国議会議員となった。1913年没、享年71歳。

田中正造は、いわゆる足尾銅山鉱毒事件に関する一連の取り組みによって知られている。告発者として国会取り上げ各地演説なども積極的に行っている。議員時代通じて、さらに議員辞職後も、一貫して問題取り組み続けた。その様は公害問題半生捧げたとも表現しうる。

他方、田中正造は、足尾銅山鉱毒事件について陳情するため、明治天皇直訴しようとしたことでも知られている。当時天皇大日本帝国憲法のもと帝国議会において大権有する国家元首であった。直訴未遂に終わっているが、世間では大きく取り沙汰された。なお、田中正造は直訴踏み切った時点ですでに議員辞職している。

田中正造の天皇陛下への直訴について、同時代作家木下尚江が「臨終の田中正造」と題する一文を綴っている。「臨終の田中正造」では、直訴事件によって田中正造が世間から狂人烙印を押されたことを伝えと共に田中直訴を行った時点ですでに死ぬ覚悟決めていたであろうことを示唆している。

関連サイト
臨終の田中正造 - 青空文庫

田中正造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/04 13:44 UTC 版)

田中 正造(たなか しょうぞう、天保12年11月3日1841年12月15日) - 1913年大正2年)9月4日)は、日本政治家。日本初の公害事件と言われる足尾鉱毒事件を明治天皇に直訴した政治家として有名。衆議院議員選挙に当選6回。幼名、兼三郎下野国安蘇郡小中村(現・栃木県佐野市小中町)出身。




  1. ^ 『栃木県会沿革誌 自明治12年度至明治29年度』栃木県 1896 p.9
  2. ^ 『衆議院議員総選挙一覧. 明治45年2月』衆議院事務局 1912 p.22
  3. ^ 衆議院第2回通常会議事速記録第22号(明治24年12月25日)pp.376-378. 衆議院第2回通常会議事速記録第 23号(明治24年12月26日)pp.382-383.
  4. ^ 足尾銅山古河鉱業所 1897, pp. 4-8に、同年5月27日に政府が事業主へ発出した、鉱業条例第59条の規定に基づく予防工事命令が記載されている。
  5. ^ 『第14回帝国議会衆議院記事摘要』衆議院事務局、1900年11月、pp.329-330
  6. ^ 『官報』第5494号、明治34年10月24日 p.474
  7. ^ 木下尚江 1928pp.319-323
  8. ^ 田中正造遺品 - 信玄袋や衣装とともに県指定文化財に指定されている。栃木県の県指定等文化財一覧(栃木県教育委員会HP)
  9. ^ 沿革史 - 加須市ホームページ(教育委員会→北川辺西小学校→学校紹介)(2017年9月13日閲覧)によれば、利島小学校が現在の名称となった経緯は次のとおりである。
    1.1955年(昭和30年)4月1日利島村川辺村が合併して北川辺村となったことにより利島村立利島小学校は北川辺村立西小学校と改称。
    2.1971年(昭和46年)4月1日に北川辺村が町制を施行して北川辺町となったことにより北川辺村立西小学校は北川辺町立西小学校と改称。
    3.2010年(平成22年)3月23日に北川辺町が加須市(初代)・騎西町大利根町と新設合併し加須市(2代目)となったことにより北川辺町立西小学校は加須市立北川辺西小学校(現在の名称)と改称。


「田中正造」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「田中正造」の関連用語

田中正造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

東郷茂徳

原敬

伊藤博文

川上操六

坪内逍遥

鮫島員規

三浦安

福地源一郎





田中正造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中正造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS