有形文化財とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 褒章 > 文化財 > 有形文化財の意味・解説 

ゆうけい‐ぶんかざい〔イウケイブンクワザイ〕【有形文化財】


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/07 08:06 UTC 版)

有形文化財(ゆうけいぶんかざい)は、




「有形文化財」の続きの解説一覧

有形文化財(府指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 02:08 UTC 版)

八幡神社 (河内長野市)」の記事における「有形文化財(府指定)」の解説

流谷八幡神社 鉄製湯釜昭和50年3月31日 指定毎年7月行われる探湯祭の際に行われる湯立て神事にて利用されていた。湯釜銘文によると賢覚という僧侶住民寄付募り流谷八幡宮のため作られたことが記されており、延元5年1340年)作とされている。製作時期記され湯釜の中では、全国的にも特に古い年代のものであるため府の有形文化財に指定され、現在は大阪市立美術館収蔵されている。

※この「有形文化財(府指定)」の解説は、「八幡神社 (河内長野市)」の解説の一部です。
「有形文化財(府指定)」を含む「八幡神社 (河内長野市)」の記事については、「八幡神社 (河内長野市)」の概要を参照ください。


有形文化財(県指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 15:01 UTC 版)

鵜住神社」の記事における「有形文化財(県指定)」の解説

木造十一面観音立像平成24年11月13日 指定) 像背銘から室町時代後期1510年永正7年)の作とされ、上閉伊地区における最古の年号を持つ仏像観音堂は、明治以前は一段上の地に祀られいたもので、津波鵜住居市街地壊滅した一方当社(元観音堂)は無傷で鎮座し続けている。観音堂はもともと安全な位置建てられ参道避難路に、祭礼自然に避難訓練も兼ねていた。事実多くの市民当社上がり難を逃れた2012年平成24年11月13日、県から有形文化財に指定された

※この「有形文化財(県指定)」の解説は、「鵜住神社」の解説の一部です。
「有形文化財(県指定)」を含む「鵜住神社」の記事については、「鵜住神社」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 05:05 UTC 版)

善明寺 (遠野市)」の記事における「有形文化財」の解説

五輪塔1959年3月10日阿弥陀如来坐像1983年5月20日)、(1990年8月10日)- 伝恵心僧都作。

※この「有形文化財」の解説は、「善明寺 (遠野市)」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「善明寺 (遠野市)」の記事については、「善明寺 (遠野市)」の概要を参照ください。


有形文化財(県指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 04:16 UTC 版)

崇元寺」の記事における「有形文化財(県指定)」の解説

崇元寺下馬碑 - 戦前石門東西両側に碑が建てられており、西碑は沖縄戦失われたが、東碑は今もその場現存する。表に「あんしもけすもくまにてむまからおれるへし(按司下司此処にて馬から降るべし) 大明嘉靖六年」、裏には「但官員人等至此下馬」と同じ文章彫られている。 下馬碑(表) 下馬碑(裏)

※この「有形文化財(県指定)」の解説は、「崇元寺」の解説の一部です。
「有形文化財(県指定)」を含む「崇元寺」の記事については、「崇元寺」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:56 UTC 版)

千如寺」の記事における「有形文化財」の解説

大悲王院文書 員数493書 - 指定年月日1980年昭和55年3月1日鎌倉から江戸時代雷山千如寺に関する資料伊都国歴史博物館所在木造二天王立像持国天像・多聞天像) - 指定年月日2002年平成14年4月5日体内から発見され造立銘に、正応4年1291年)とある。宝暦7年1757年年に修理が行われている。寄木造で、持国天像の像高172m、多聞天像の像高173mである。

※この「有形文化財」の解説は、「千如寺」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「千如寺」の記事については、「千如寺」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:31 UTC 版)

熊谷市」の記事における「有形文化財」の解説

史跡 塩古墳群第一支群2号墳後方部から前方部を望む とうかん山古墳宮塚古墳 別府氏墓 別府城跡 中条氏館跡常光院所在 塩古墳群 とうかん山古墳 甲山古墳 天然記念物 元荒川ムサシトミヨ生息地 旧跡 秩父道志るべ 吉田市右衛門墓 ※集福寺所在 根岸友山奥原晴湖墓 ※竜渕寺所在領石標 県選定重要遺跡 横山古墳 三ヶ尻遺跡 西別府祭祀遺跡 瀬戸山古墳群 宮塚古墳飯塚遺跡 権現埴輪窯跡 高根横穴野原古墳群

※この「有形文化財」の解説は、「熊谷市」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「熊谷市」の記事については、「熊谷市」の概要を参照ください。


有形文化財(府指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 07:52 UTC 版)

原田神社」の記事における「有形文化財(府指定)」の解説

原田神社流水文銅鐸平成9年2月3日 指定天明元年1781年)に社地山林から発掘された2口のうち1つである。弥生時代中期のもので、大阪府重要美術品指定されている。この銅鐸東奈良遺跡茨木市出土銅鐸鋳型から鋳造されものであることが判明しており、銅鐸生産地消費地つながった唯一のとされている

※この「有形文化財(府指定)」の解説は、「原田神社」の解説の一部です。
「有形文化財(府指定)」を含む「原田神社」の記事については、「原田神社」の概要を参照ください。


有形文化財(市指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 07:52 UTC 版)

原田神社」の記事における「有形文化財(市指定)」の解説

摂社十二神社本殿昭和62年9月1日 指定) この社殿は、三間社流造形式になり、屋根桧皮葺桁行4.10m、梁間身舎部で1.54m、庇部で1.08mの規模をもち、その基本的な構成本殿と同様となっている。 身舎正面は5対7対5の割合配置され格子戸を脇間ははめ殺し中間引き違いにたて、正側三面高欄付の縁がめぐっている。高欄大部分および縁下などの部材は、建立当時から新しくとりかわっているものの、その他の大部分については当初材が現在も良く保たれており、もと極彩色施してあった痕跡がいまも僅かに残っている建立され時代明らかにする資料はないが、少なくとも寛永を下ることはなく、17世紀初頭建築とみられている。 しかし、木鼻の形や虹梁絵様など細部形式には桃山時代特色を持つ様式もみられ、建立年代桃山時代まで遡る可能性もある。 水田西吟撰原田神社奉納俳諧額(平成22年4月1日 指定明治24年1891年)に神社奉納され俳諧額は、和算大成者である関考和を祖とする関流算術記した算額とされる原田神社石鳥居 この鳥居は、能勢街道面した原田神社東側正面に建っており、鳥居としてはもっとも類例の多い明神鳥居形式とっている。花崗岩製で高さは5.97m(中心)、幅は7.727m(笠石長さ)。向かって右に「貞享五年」、左のに「戊辰八年吉日」の銘が刻まれており、このときに建てられたことがわかる。 建立に関する記録として貞享4年(1687年)、和泉屋甚兵衛御庄屋中送った「御鳥居注文」(原田村野口家文書)が残っており、鳥居用に加工された石材大きさが一覧で示され和泉屋鳥居用の石材代・広(現吹田市広芝町)までの運送料石屋による設置料の合計1貫160目を計上したことが記されている。また御庄屋中は、広から原田神社までの運賃と、設置必要な材木人件費負担しており、石材設計運搬ルート設置費用など、江戸時代鳥居建立過程を知る上で貴重な資料となっている。このほかにも鳥居図面や「鳥居寸法大形覚」などがあり、鳥居とともに多くの記録そろって残ることは珍しく当地人々原田神社への篤い信仰裏付けている

※この「有形文化財(市指定)」の解説は、「原田神社」の解説の一部です。
「有形文化財(市指定)」を含む「原田神社」の記事については、「原田神社」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 03:46 UTC 版)

吉野水分神社」の記事における「有形文化財」の解説

黒漆金銅装神輿(附 黒漆金銅装神輿1基、再興銘板1面)(工芸品) - 指定年月日2017年平成29年2月14日指定慶長九年九月墨書銘がある。桃山時代慶長9年1604年)の作で秀頼奉納したもの。

※この「有形文化財」の解説は、「吉野水分神社」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「吉野水分神社」の記事については、「吉野水分神社」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/07 00:17 UTC 版)

沖縄県指定文化財一覧」の記事における「有形文化財」の解説

2018年5月1日現在、116件の有形文化財が指定されている。

※この「有形文化財」の解説は、「沖縄県指定文化財一覧」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「沖縄県指定文化財一覧」の記事については、「沖縄県指定文化財一覧」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 01:09 UTC 版)

松本あめ市」の記事における「有形文化財」の解説

寶舟七福神人形」が市の重要有形民俗文化財として指定されている。これは、本町五丁目担ぎものであったもので、松本市立博物館展示されている。

※この「有形文化財」の解説は、「松本あめ市」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「松本あめ市」の記事については、「松本あめ市」の概要を参照ください。


有形文化財(市指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 16:13 UTC 版)

黒石神社」の記事における「有形文化財(市指定)」の解説

御神刀平成12年3月24日指定金梨子地牡丹紋蒔絵衛府太刀拵収められている御神刀であり、再刃であるため拵と同じくしての県重宝指定から外れたが、日本美術刀剣保存協会から貴重刀剣との評価を受けている。作者は、古備前流れを汲む正恒であり、鎌倉時代中期から後期の作品とされている

※この「有形文化財(市指定)」の解説は、「黒石神社」の解説の一部です。
「有形文化財(市指定)」を含む「黒石神社」の記事については、「黒石神社」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 03:37 UTC 版)

多摩市指定文化財一覧」の記事における「有形文化財」の解説

全部で4件。東京都教育庁地域教育支援部管理課編『東京都文化財総合目録 平成21年度』による) 名称員数所在地概要指定年月日備考旧多摩聖蹟記念館 1棟 連光寺5-1-1 1930年昭和5年)に建設され近代洋風建築物である。都立桜ヶ丘公園内にある。建物面積397.19平方メートル、高さ約11メートル内部吹き抜け1階建て構造となっている。 1986年6月24日有山家住宅 1棟 南野2-13 18世紀前半建てられた、桁行6間半梁行3間の寄棟造り農家である。1987年昭和62年)に一本杉公園内移築され茅葺から銅板葺に改められた。 1988年4月1日 関戸文書 2通 市教育委員会 後北条氏関戸有山右衛門宛てた文書である。1点1555年弘治元年)、松田盛秀が源右衛門宛てた判物、もう1点1585年天正13年)、松田憲秀が源右衛門宛てた印判状である。今日では有山文書」という表記なされることもあるが、これは明治大学名誉教授多摩市史談会会長の福田榮次郎(栄次郎)の提唱よるものである。 1984年7月13日 非公開 調布玉川画図 1巻 市教育委員会 江戸時代後期文化人相沢五流その子である伴主が多摩川水源から河口までの風景描いたもので、長さ11メートルに及ぶ。五流前後2回、7年間かけて写生したものを、絵師長谷川雪堤が清写し、伴主が文章付けたという説や、五流下絵原型に、伴主が写生したものを、雪堤浄写したという説がある。 1987年11月1日 非公開

※この「有形文化財」の解説は、「多摩市指定文化財一覧」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「多摩市指定文化財一覧」の記事については、「多摩市指定文化財一覧」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:36 UTC 版)

日吉八幡神社」の記事における「有形文化財」の解説

日吉八幡神社では本殿拝殿の他神橋鳥居舞殿三重塔、隋神門常夜燈などが県指定有形文化財になっている

※この「有形文化財」の解説は、「日吉八幡神社」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「日吉八幡神社」の記事については、「日吉八幡神社」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 18:19 UTC 版)

プレハブ工法」の記事における「有形文化財」の解説

2016年3月11日に、積水ハウス株式会社1963年建築した山崎家及び臼井家別荘セキスイハウスA型)」が、プレハブ住宅として初めて国(文化庁)の有形文化財(建造物)に登録された。この建物は、軽井沢に主に避暑目的とした別荘として建てられ、現在(2016年時点)まで53年間利されている

※この「有形文化財」の解説は、「プレハブ工法」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「プレハブ工法」の記事については、「プレハブ工法」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 14:26 UTC 版)

北海道の文化財一覧」の記事における「有形文化財」の解説

建造物26件、美術工芸品25指定2013年6月19日現在、国宝美術工芸品)1件を含む)。うち国保有の美術工芸品が5件ある。

※この「有形文化財」の解説は、「北海道の文化財一覧」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「北海道の文化財一覧」の記事については、「北海道の文化財一覧」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:02 UTC 版)

鹿児島県指定文化財一覧」の記事における「有形文化財」の解説

2016年6月1日現在、104件の有形文化財が指定されている。

※この「有形文化財」の解説は、「鹿児島県指定文化財一覧」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「鹿児島県指定文化財一覧」の記事については、「鹿児島県指定文化財一覧」の概要を参照ください。


有形文化財(市指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 06:11 UTC 版)

御霊神社 (福知山市)」の記事における「有形文化財(市指定)」の解説

御霊神社紙本墨書明智光秀関係文書三通光秀書状2点明智光秀家中軍法1巻から構成されており、天正6年から9年文書残されている。

※この「有形文化財(市指定)」の解説は、「御霊神社 (福知山市)」の解説の一部です。
「有形文化財(市指定)」を含む「御霊神社 (福知山市)」の記事については、「御霊神社 (福知山市)」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:15 UTC 版)

浄智寺」の記事における「有形文化財」の解説

木造三世仏坐像 三軀 - 種別彫刻指定年月日1985年昭和60年11月29日当寺本尊で、向かって左より阿弥陀如来釈迦如来弥勒如来で、過去・現在・未来を表す(弥勒菩薩は、未来仏としては弥勒如来よばれる)。寄木造玉眼肉身漆地 漆箔着衣彩色されている衣の裾台座長く垂らした鎌倉地方多く見られる様式室町時代中期の作。裳裾表現などに、同時代覚園寺薬師如来三尊像などとの共通性見られる銅鐘 - 種別工芸品指定年月日1969年昭和44年12月2日暦応三年1340年)の銘がある。山門二階懸かっている。

※この「有形文化財」の解説は、「浄智寺」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「浄智寺」の記事については、「浄智寺」の概要を参照ください。


有形文化財(府登録及び市指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 01:44 UTC 版)

一宮神社 (福知山市)」の記事における「有形文化財(府登録及び市指定)」の解説

一宮神社本殿境内社本殿群(建造物) - 1989年平成元年4月14日府登録1994年平成6年4月21日指定

※この「有形文化財(府登録及び市指定)」の解説は、「一宮神社 (福知山市)」の解説の一部です。
「有形文化財(府登録及び市指定)」を含む「一宮神社 (福知山市)」の記事については、「一宮神社 (福知山市)」の概要を参照ください。


有形文化財(市指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 01:44 UTC 版)

一宮神社 (福知山市)」の記事における「有形文化財(市指定)」の解説

一宮神社 脇差 「関和泉守兼定」と銘があることから作者濃州兼定とされている1749年(寛延2年)に福知山城主の朽木玄綱宝剣として奉納したものとされる一宮神社石燈籠 花崗岩製、市内最古の石燈籠であり鎌倉時代のものと思われる亀岡市以北鎌倉時代石燈籠はこれを含めて三基しか存在しない。国の重要美術品にも認定されている。

※この「有形文化財(市指定)」の解説は、「一宮神社 (福知山市)」の解説の一部です。
「有形文化財(市指定)」を含む「一宮神社 (福知山市)」の記事については、「一宮神社 (福知山市)」の概要を参照ください。


有形文化財(市指定)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 07:47 UTC 版)

桜井神社 (尼崎市)」の記事における「有形文化財(市指定)」の解説

浅葱糸威二枚具足(附 桜井神社所蔵資料甲冑代々桜井松平家伝えられ武具一つで、櫻井信定所用のものと伝えられている。兜は鉄錆地の七十二間筋兜、鎧胴や佩楯などを浅葱糸で威しており、所々に桜井家家紋と思われる桜花紋を彫った金具据えられている。また、その他の桜井神社ゆかりの武具古文書などは江戸時代尼崎城の様子や尼崎藩政を知る上で貴重な資料遺されている。

※この「有形文化財(市指定)」の解説は、「桜井神社 (尼崎市)」の解説の一部です。
「有形文化財(市指定)」を含む「桜井神社 (尼崎市)」の記事については、「桜井神社 (尼崎市)」の概要を参照ください。


有形文化財(府登録)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 04:48 UTC 版)

武内神社」の記事における「有形文化財(府登録)」の解説

武内神社本殿 1棟:鎌倉時代神社建築の特徴残した造りとなっており、江戸時代中期建立とされている1983年昭和58年4月15日京都府登録有形文化財登録された。上葺にある棟札21点発見されており、神社のある北稲八間変遷を知る貴重な資料として、内16棟札が府の登録有形文化財に登録されている

※この「有形文化財(府登録)」の解説は、「武内神社」の解説の一部です。
「有形文化財(府登録)」を含む「武内神社」の記事については、「武内神社」の概要を参照ください。


有形文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/28 07:01 UTC 版)

仁比山神社」の記事における「有形文化財」の解説

金剛力士像二体(神埼市重要文化財参道入口にある江戸時代建設仁王門安置されている。門は元々は仁比山護国寺山門であった考えられていて、3間1戸の八脚門の特徴を持つ。右に阿形、左に吽形金剛力士仁王)像がある。九州でも最古級の仁王像仁王門 二の鳥居

※この「有形文化財」の解説は、「仁比山神社」の解説の一部です。
「有形文化財」を含む「仁比山神社」の記事については、「仁比山神社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「有形文化財」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

有形文化財

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 04:33 UTC 版)

名詞

    ゆうけいぶんかざい

  1. 建造物絵画彫刻工芸品書跡典籍古文書その他の有形文化的所産日本にとつて歴史又は芸術価値の高いもの及びこれらのものと一体をなしてその価値形成している土地その他の物件並びに考古資料及びその他の学術上価値の高い歴史資料文化財保護法第2条第2第1号)。

上位語


「有形文化財」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



有形文化財と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有形文化財」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有形文化財のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有形文化財 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの八幡神社 (河内長野市) (改訂履歴)、鵜住神社 (改訂履歴)、善明寺 (遠野市) (改訂履歴)、崇元寺 (改訂履歴)、千如寺 (改訂履歴)、熊谷市 (改訂履歴)、原田神社 (改訂履歴)、吉野水分神社 (改訂履歴)、沖縄県指定文化財一覧 (改訂履歴)、松本あめ市 (改訂履歴)、黒石神社 (改訂履歴)、多摩市指定文化財一覧 (改訂履歴)、日吉八幡神社 (改訂履歴)、プレハブ工法 (改訂履歴)、北海道の文化財一覧 (改訂履歴)、鹿児島県指定文化財一覧 (改訂履歴)、御霊神社 (福知山市) (改訂履歴)、浄智寺 (改訂履歴)、一宮神社 (福知山市) (改訂履歴)、桜井神社 (尼崎市) (改訂履歴)、武内神社 (改訂履歴)、仁比山神社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの有形文化財 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS