歴史資料とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 歴史資料の意味・解説 

歴史資料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/09 05:11 UTC 版)

歴史資料(れきししりょう)とは、歴史を考察する際に必要な資料。「史料」と同義に用いられることも多いいっぽう、「史料」は、より狭義に用いる場合がある[1]。およそ以下の5つに大別できる。


  1. ^ 「史料」といった場合、考古資料および民俗資料を含めないことも多い。
  2. ^ 今井(1935)
  3. ^ 佐原(1999)
  4. ^ 旧石器捏造事件が起こってしまったこんにちでは、「ただし、捏造がない場合」というただし書きが必要になってしまった。ある意味では、誰もが「基本的には『ホンモノ』のはず」と見なしていたことが、この事件における事態の悪化を招く要因になったとも言える。その意味で、この特質は単に考古資料のすぐれた点のみを示すだけでなく、その扱いの盲点、留意点をも端的に示している。
  5. ^ 和歌森(1975)
  6. ^ 柳田(1935)


「歴史資料」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歴史資料」の関連用語

歴史資料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



歴史資料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歴史資料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS