大達茂雄とは?

大達茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 08:12 UTC 版)

大達 茂雄(おおだち しげお、1892年明治25年)1月5日 - 1955年昭和30年)9月25日)は、日本内務官僚政治家小磯内閣内務大臣第5次吉田内閣文部大臣を務めた。参議院議員1期。




注釈

  1. ^ 辞任の直接の原因は、1936年(昭和11年)9月に関東軍司令官植田謙吉大将名で出された「満州帝国協和会の根本精神」と題した小冊子に大達が抗議してのものだった。この小冊子は関東軍参謀辻政信大尉の筆によるもので、石原莞爾らが創設した官民一体の国民教化組織・満州国協和会を満州国政府をも指導しうる機関と一方的に規定したり、関東軍司令官を「哲人」と表現したりしていて大問題となった。大達の辞任を受けて関東軍もこの小冊子を必死に回収するという騒動に発展した( 古海忠之『忘れ得ぬ満州国』、経済往来社、1978年、 P147)。

出典

  1. ^ 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年、137頁。
  2. ^ 『官報』第4555号、昭和17年3月18日。


「大達茂雄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大達茂雄」の関連用語

大達茂雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大達茂雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大達茂雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS