高田早苗とは?

たかたさなえ -さなへ 【高田早苗】 ○

1860~1938教育者政治家江戸の人。大隈重信とともに東京専門学校早稲田大学前身)の創設参加同校憲法を講じ、のち総長となる。その間衆議院議員当選六回、大隈内閣文相をも務めた。

高田早苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 15:20 UTC 版)

高田 早苗(たかた さなえ、1860年4月4日安政7年3月14日) - 1938年昭和13年)12月3日)は明治時代から昭和初期にかけての日本政治家政治学者教育者文芸批評家法学博士半峰




  1. ^ 東京専門学校時代の学生 – 早稲田ウィークリー
  2. ^ a b 内田満『政治の品位』東信堂、2007年、170頁。
  3. ^ 読売新聞1910年(明治43年)9月25日、市島謙吉「予が在社時代(一)度々の発行停止」に、「自分の貴社に迎へられ主筆の席を汚したのは廿三年の末頃かと覚えます」「高田君は株主を兼ねた主筆でありましたが廿三年国会が開けて議員となり政治に奔走が忙はしく社務を日々見ることが出来ぬと云ふ所から自分が代つたのであります」とある。
  4. ^ 読売新聞1897年(明治30年)4月11日「高田早苗氏の退社」は、高田早苗氏は「此度外務省通商局長に任ぜられしに付自今全く本社と関係を絶つこととなれり」と報じた。同1905年(明治38年)4月8日、一万号記念号での「祝辞」で高田は「既往七年の間に於て、吾れは唯社員たるに止りて、又稿を寄せず、特に昨年末以降は専ら身を育英の事業に委ぬるの必要より全然社員たるの関係をさへ絶つに至れり」と述べた。宮武外骨・西田長寿『明治新聞雑誌関係者略伝』みすず書房<明治大正言論資料20>、1985年の「高田早苗」の項は、「『読売新聞』との密接なる関係は明治三五、六年までであるようだが、明治二三、四年頃から東京専門学校出身者を多く同紙に送っていることは注目せねばならぬ」と評する。
  5. ^ 『官報』 第838号、大正4年5月20日。
  6. ^ 佐藤能丸 『志立の明治人・上』 芙蓉書房出版、2005年、150-151頁。
  7. ^ 佐藤能丸 『異彩の学者山脈』 芙蓉書房出版、1997年、24頁。
  8. ^ 日本放送協会 『20世紀放送史』 上、2001年、32頁
  9. ^ 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。
  10. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  13. ^ 『官報』第996号「叙任及辞令」1915年11月26日。


「高田早苗」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高田早苗」の関連用語

高田早苗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高田早苗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高田早苗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS