田中眞紀子とは?

田中眞紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/03 08:08 UTC 版)

田中 眞紀子(たなか まきこ、1944年昭和19年)1月14日[1] - )は、日本の元政治家。通常は田中真紀子と表記される場合が多い。




出典

  1. ^ a b c 外務大臣 田中 眞紀子
  2. ^ 菅直人 (2002年8月9日). “田中真紀子氏の議員辞職について(談話)”. 民主党. 2009年3月8日閲覧。
  3. ^ 田中真紀子氏の民主党入り発表 鳩山代表「夫婦の入党歓迎」” (2009年8月15日). 2009年8月15日閲覧。
  4. ^ 真紀子氏民主入りへ15日鳩山代表と会談” (2009年8月15日). 2009年8月15日閲覧。
  5. ^ 田中文科相考え直して…編入希望絶たれた短大生 YOMIURI ONLINE(2012年11月3日14時38分 読売新聞)
  6. ^ [1]笠浩史文部科学副大臣記者会見録(2012年11月8日)/2017年12月26日閲覧。
  7. ^ 落選の田中真紀子氏「私の努力不足」 対立陣営「時代の終わり」 MSN産経ニュース 2012年12月17日
  8. ^ [2]産経ニュース(2014年11月20日)/2017年12月26日閲覧。
  9. ^ [3]読売オンライン(2014年11月20日)/2017年12月26日閲覧。
  10. ^ [4]withnews(2014年11月20日)/2017年12月26日閲覧。
  11. ^ [5]朝日新聞デジタル(2017年8月22日)/2017年12月26日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 田中真紀子さんファンブック(田中真紀子ファンクラブ 著、データハウス 2001年)- 「真紀子さんを語る」の章
  13. ^ 越後交通株式会社 田中角栄 大先生の功績
  14. ^ 田中真紀子さんファンブック - 「角栄さんの引退と越山会の最後」「初出馬から外務大臣へ」各章
  15. ^ 「田中真紀子」研究(立花隆 著 文藝春秋 2002年)- 「真紀子の何が問題なのか?」の章
  16. ^ 週刊新潮 2006年5月17日号 p.63~64
  17. ^ 「キングメーカー」田中真紀子氏が小沢氏の遊説に(2010年9月6日 中央日報)
  18. ^ 週刊朝日 2012年9月28日号 23-24ページ
  19. ^ 大下英治著「闘争!角栄学校」下巻「鉄の田中軍団・宿命の「暗闘と掟」」の章より
  20. ^ 田中眞紀子はなぜ闘うのか : 田中バッシングの恐るべき真相を暴く(渡辺正次郎 著 日本文芸社 2001年)- 「第5章 田中真紀子は国家なき外務官僚を斬る!―真の独立国家「日本」誕生の日は近し」より
  21. ^ 『人間にとって成熟とは何か』 (2013) p152-p153
  22. ^ a b 飯島勲 2006, p. 109.
  23. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出金正男氏と思われる者に対する政府の認識及び対応に関する質問に対する答弁書 内閣衆質一六八第一九九号 平成十九年十一月十六日
  24. ^ 高山正之『サンデルよ、「正義」を教えよう』
  25. ^ a b 飯島勲 2006, p. 114.
  26. ^ 飯島勲 2006, p. 117.
  27. ^ 飯島勲 2006, p. 118.
  28. ^ 秘書給与流用疑惑 田中真紀子元外相、不起訴/東京地検 読売新聞2003年10月1日
  29. ^ 田中文科相考え直して…編入希望絶たれた短大生 - 2012年11月3日14時38分 讀賣新聞(YOMIURI ONLINE)
  30. ^ NHKは不認可が撤回された8日の時論公論でも、なお田中を批判するほどだった。「"大学設置不認可"は何だったのか?」 - NHKオンライン
  31. ^ 参考資料; 歴代文部科学事務次官歴代文部科学審議官
  32. ^ 田中真紀子氏「政治家責任を取るべき」新国立白紙で 日刊スポーツ、2015年8月22日
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 田中眞紀子猛語録:スーパーレディが日本列島を震撼させる(緒方邦彦 著 イースト・プレス 2001年)- 「第1章 炸裂する「真紀子節」」の章
  34. ^ a b c 田中眞紀子猛語録:スーパーレディが日本列島を震撼させる - 「第2章 自民党の鬼っ子代議士」の章
  35. ^ a b 田中眞紀子猛語録:スーパーレディが日本列島を震撼させる - 「第3章 女性宰相への茨の道」の章
  36. ^ 蓮池透「奪還」「人質――日本に引き留めようとする家族とも「戦わ」なければならなかった」の章
  37. ^ 日刊スポーツ 2006年10月7日 社会面
  38. ^ a b 日刊スポーツ 2007年6月17日 社会面
  39. ^ 夕刊フジ 2007年7月20日 3面
  40. ^ 2007年7月30日 読売新聞 政治面
  41. ^ 2007年9月27日 産経新聞 社会面
  42. ^ 2007年10月2日 日刊スポーツ他 社会面
  43. ^ 週刊ポスト 2009年7月24日号 30-32ページ
  44. ^ 夕刊フジ 2010年11月9日 2面 など。
  45. ^ 「石原氏は暴走老人」 “真紀子節”が炸裂「ご子息方がお気の毒」(産経ニュース 2012年10月26日)
  46. ^ 「総理は独りよがり」「自爆テロ解散」 田中文科相が痛烈批判(産経ニュース 2012年12月18日

注釈

  1. ^ 1年生議員の入閣は1957年発足の第1次岸内閣改造内閣法務大臣となった唐沢俊樹以来、37年ぶりだった
  2. ^ 竹下の側近だった野中広務は著書「老兵は死なず 野中広務全回顧録(文藝春秋、「金融危機と自自公連立」の章)の中で「父(角栄)を裏切った竹下さんと経世会は許せない」という思いがあったのではないかと書いている
  3. ^ 花岡信昭の著書によると、外務官僚に「誰が外務大臣になってほしいか」というアンケートで河野洋平の前任者だった高村正彦の再復帰を望む声が多かった。そのため、外務官僚は花岡に「あの人(眞紀子)がくれば外交がめちゃめちゃになる」と言ったされる
  4. ^ 岩見隆夫の著書より一部改編・抜粋
  5. ^ なお、加藤はさくらんぼで有名な山形県の出身である
  6. ^ 細田の父・細田吉蔵は父・角栄と同じ佐藤派に属しており、かつては同じ派閥だった







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「田中眞紀子」の関連用語

田中眞紀子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



田中眞紀子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中眞紀子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS