サクランボとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 果物 > サクランボの意味・解説 

さくらん‐ぼ【桜ん坊/桜桃】

読み方:さくらんぼ

さくらんぼう」に同じ。《 夏》「右往左往菓子器の—/虚子


サクランボ

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集23巻 くるみが丘・黒い雨
出版社筑摩書房
刊行年月1998.12


カラミザクラ

カラミザクラ
科名 バラ科
別名: サクランボ・オウトウ・ミザクラ・シナミザクラ
生薬名: カラミザクラ(唐実桜
漢字表記: 唐実桜
原産 中国
用途 中国栽培品種樹高2mから3m落葉低木果実疲労回復などに用いられています。普通、サクランボと言われるのはセイヨウミザクラ果実です。
学名: Prunus pauciflora Bunge
   

サクランボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 14:44 UTC 版)

サクランボまたは桜桃(おうとう、英:Cherry)は、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹であるミザクラ(実桜)類の果実。食用。


  1. ^ プリニウス 博物誌 Book XV Section XXX.
  2. ^ a b 21世紀研究会編著 『食の世界地図』 文藝春秋文春新書〉、2004年、141頁。ISBN 4-16-660378-7 
  3. ^ Huxley, A., ed. (1992). New RHS Dictionary of Gardening. Macmillan ISBN 0-333-47494-5.
  4. ^ Candolle, A. de (1882). Origine des plantes cultivées. Geneva.
  5. ^ 加納喜光, 鈴木千春、「埤雅の研究・其十 釈木篇(2)」 『茨城大学人文学部紀要』 人文コミュニケーション学科論集 Vol.1 p.178-194, hdl:10109/427
  6. ^ 中國哲學書電子化計劃 月令
  7. ^ a b サクランボ -- 梅雨の季節の爽やかな味わい (PDF)”. 筑波大学学生部. p. 11 (2006年). 2012年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月16日閲覧。
  8. ^ サクランボ”. JA南アルプス市. 2020年7月30日閲覧。
  9. ^ “<平成-令和・次代へつなぐ>赤い宝石 より進化”. 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS. (2019年5月5日). https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201905/20190505_53029.html 2019年8月6日閲覧。 
  10. ^ デジタル大辞泉プラス. “天香錦”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年1月3日閲覧。
  11. ^ 黄色いさくらんぼの品種、月山錦(がっさんにしき) - 旬の食材百科HP
  12. ^ Asociacion de Exportadores de Chile A.G.[リンク切れ] World Sweet Cherry Review 2006 Edition (PDF 898K)
  13. ^ 太宰が生きたまち・三鷹三鷹市 2020年2月1日閲覧 (参考文献:桂英澄)


「サクランボ」の続きの解説一覧

「サクランボ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サクランボと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サクランボのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サクランボのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクランボ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS