サクラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サクラの意味・解説 

サクラ

(1)バラ科植物の一つ多くは薄ピンク色花を咲かせるヒト背丈よりも大きな樹となり、春の代名詞となっている。
(2)実際の客ではないが客の振りをして、商売番組などをより良いものに見せかけるべく雇われ人々のこと。実際よりも盛況見せたり良いものが提供されているように見せるため配置される。例え飲食店のサクラならば、行列作るために雇われる人やネットにその店の良い評判流して金を受け取る人などをサクラという。

サクラ【SACLA】


さくら【桜】

バラ科サクラ属落葉高木総称日本代表的な花として、古来広く親しまれている。ヤマザクラ・サトザクラ・オオシマザクラなど種類多く園芸品種も多い。現在多く植えられているのはソメイヨシノ。花は春に咲き淡紅色白色など。古くから和歌題材とされ、単に花といえば桜をさし、かざしぐさあだなぐさたむけぐさなどともよばれた。花は塩漬けにして桜湯に、塩漬けにして桜餅用いられ、またミザクラの実は食用樹皮漢方薬用木材家具建築用。《 花=春 実=夏》「宵浅くふりいでしの—かな/太郎

桜色」の略。

桜襲(さくらがさね)」の略。

芝居などで、ただで見物するかわりに、頼まれて役者声をかける者。転じて、露店商などの仲間で、客のふりをし、品物褒めたり買ったりして客に買い気を起こさせる者。

《色が桜の花似ているところから》馬肉俗称桜肉

紋所の名。桜の花図案化したもの

桜の画像
桜の紋所
桜の画像
桜の紋所一つ細川桜」
桜の画像

さくら【桜】


さくら


さくら【佐倉】

千葉県北部の市。近世堀田氏城下町。現在は宅地化が進む。人口17.22010)。


さくら


作楽


左具良


サクラ

ホール出していることをアピールするために用意した優秀台を、「いくら玉(コイン)を出しても日当は2万円」といった契約で打つ人のこと。例えイベントで「猪木は全台456」と銘打ち設定6を1台、残り設定4にしておき、サクラに事前に設定6の台番号教えておいて、朝から打たせる。周りの客は「この店のイベント本当に出る」と思い込んでしまうわけだ。って、ホールさん、お願いだからこんなことやらないでね(はぁと)

サクラ

作者福井晴敏

収載図書事件現場行こう―最新ベスト・ミステリーカレイドスコープ編
出版社光文社
刊行年月2001.11
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書6ステイン
出版社講談社
刊行年月2004.11

収載図書6ステイン
出版社講談社
刊行年月2007.4
シリーズ名講談社文庫

収載図書6ステインDAISピンズセット
出版社講談社
刊行年月2007.4
シリーズ名講談社文庫


サクラ

作者桜井まゆ

収載図書トランス・トランス・フォーエバー
出版社新風舎
刊行年月2004.3

収載図書トランス・トランス・フォーエバー
出版社新風舎
刊行年月2005.9
シリーズ名新風舎文庫


サクラ

作者江川里香

収載図書現世光風
出版社フーコー
刊行年月2006.3
シリーズ名フーコー短編小説傑作


サクラ

作者Yoshi

収載図書翼の折れた天使たち
出版社双葉社
刊行年月2006.12


サクラ

作者潮田久子

収載図書コンポジション45―花の浮き橋
出版社日本文学館
刊行年月2007.1


佐久良


佐区羅


作楽


左具良



読み方:サクラ(sakura

バラ科落葉高木種類多く白色淡紅色花が咲く古来より花の王とされ、日本の国花でもある

季節

分類 植物


佐久良

読み方:サクラ(sakura

所在 滋賀県蒲生郡日野町


佐倉

読み方:サクラ(sakura

所在 北海道河東郡士幌町


佐倉

読み方:サクラ(sakura

所在 宮城県角田市


佐倉

読み方:サクラ(sakura

所在 茨城県稲敷市


佐倉

読み方:サクラ(sakura

所在 静岡県御前崎市


佐倉

読み方:サクラ(sakura

所在 兵庫県篠山市


読み方:サクラ(sakura

所在 東京都世田谷区


読み方:サクラ(sakura

所在 長野県長野市


読み方:サクラ(sakura

所在 愛知県一宮市


読み方:サクラ(sakura

所在 大阪府箕面市


読み方:サクラ(sakura

所在 鳥取県倉吉市


読み方:サクラ(sakura

所在 岡山県御津郡建部町


読み方:サクラ(sakura

所在 高知県吾川郡仁淀川町


読み方:サクラ(sakura

所在 福岡県宗像市


読み方:サクラ(sakura

所在 北海道小樽市


読み方:サクラ(sakura

所在 北海道虻田郡豊浦町


読み方:サクラ(sakura

所在 北海道川上郡標茶町


読み方:サクラ(sakura

所在 宮城県岩沼市


読み方:サクラ(sakura

所在 秋田県秋田市


読み方:サクラ(sakura

所在 福島県双葉郡富岡町


読み方:サクラ(sakura

所在 茨城県つくば市


読み方:サクラ(sakura

所在 栃木県宇都宮市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

佐倉

読み方:サクラ(sakura

所在 千葉県(JR総武本線)


読み方:サクラ(sakura

所在 愛知県(名古屋鉄道名古屋本線)


読み方:サクラ(sakura

所在 三重県(近畿日本鉄道湯の山線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

サクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 17:47 UTC 版)

サクラCherry blossomJapanese cherrySakura)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(国によってはスモモ属に分類)[1]落葉広葉樹の総称。一般的に桜色と表現される白色や淡紅色から濃紅色のを咲かせる。


注釈

  1. ^ ヤマザクラオオヤマザクラカスミザクラオオシマザクラエドヒガンチョウジザクラマメザクラタカネザクラミヤマザクラクマノザクラの10種。疑義のあるカンヒザクラを含めると11種。
  2. ^ 五穀豊穣の神が稲作の始まる春になると田に降りてくる。サケとサクラとサ神様

出典

  1. ^ コトバンク‐桜 小学館の『大辞泉』の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木の総称」と記され、また、三省堂の『大辞林』第三版の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木または低木」と記されている。
  2. ^ 赤毛のアン』の冒頭にも桜の大木が出てきて、アンは「雪の女王」と名づける。松本侑子『誰も知らない「赤毛のアン」』(集英社)によれば、これはハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』が源泉であり、花言葉が樹は「良き教育」、花は「精神美」で、女主人マリラそのものとしている。
  3. ^ FAQ”. 財団法人日本花の会. 2016年4月24日閲覧。
  4. ^ 桜の種類”. 財団法人日本さくらの会. 2011年2月1日閲覧。
  5. ^ 【仰天ゴハン】桜の花漬け(神奈川県秦野市)摘み取った春 食卓に咲く『読売新聞』よみほっと(朝刊別刷り)2019年5月12日、1面。
  6. ^ サクラの花言葉”. 花言葉-由来. イーガオジャパン合同会社. 2019年3月19日閲覧。
  7. ^ 勝木俊雄『桜』p60、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  8. ^ 勝木俊雄『桜』p24 - p32、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  9. ^ 勝木俊雄『桜』p16 - p18、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  10. ^ Wen, J.; et al. (2008). “Phylogenetic inferences in Prunus (Rosaceae) using chloroplast ndhF and nuclear ribosomal ITS sequences” (PDF). Journal of Systematics and Evolution 46 (3): 322-332. doi:10.3724/SP.J.1002.2008.08050. http://users.iab.uaf.edu/~stefanie_bond/Publications_files/Wen_et%20al_JSystEvol2008.pdf. [リンク切れ]
  11. ^ Infrageneric information from NPGS/GRIN: Prunus”. GRIN. アメリカ合衆国農務省. 2011年2月1日閲覧。
  12. ^ a b 勝木俊雄『桜』p13 - p14、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  13. ^ a b 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日
  14. ^ a b c 紹介 桜の品種 株式会社 日比谷花壇.
  15. ^ a b c 2016年4月 サクラ 一般社団法人 北九州緑化協会
  16. ^ a b c d 日本の桜について”. このはなさくや図鑑. 2010年10月20日閲覧。
  17. ^ a b c d さくらの基礎知識 公益財団法人 日本さくらの会
  18. ^ Origins of Japanese flowering cherry (Prunus subgenus Cerasus) cultivars revealed using nuclear SSR markers”. Shuri Kato, Asako Matsumoto, Kensuke Yoshimura, Toshio Katsuki etc.. 2021年2月27日閲覧。
  19. ^ 空欄に「Prunus ~~」と入力するとシノニムが表示される。 Advanced Query of GRIN-Global Species Data
  20. ^ 勝木 2017, p. 96-97.
  21. ^ a b 勝木俊雄『桜』p86 - p95、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  22. ^ a b 勝木俊雄『桜』p106、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  23. ^ a b 勝木俊雄『桜』p166 - p168、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  24. ^ DNAからわかったサクラ品種の真実 ―そのほとんどは雑種が起源― 森林総合研究所 2014年6月16日
  25. ^ サクラの化石”. 鳥取県教育センター. 2011年2月1日閲覧。
  26. ^ さくら長寿番付”. 桜雑学辞典. 2011年2月1日閲覧。
  27. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p78 - p81、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  28. ^ a b Newton』竹内均、株式会社ニュートンプレス、2004年5月7日、74-83頁。
  29. ^ 勝木俊雄『桜』p18 - p21、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  30. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p74 - p77、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  31. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p82 - p84、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  32. ^ 勝木俊雄『桜』p96 - p98、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  33. ^ 第7回 桜前線に異変あり! P3”. 日経BP (2009年3月12日). 2011年2月1日閲覧。
  34. ^ a b 今泉忠明、岡島秀治『自然観察』学研プラス、2018年、8頁。
  35. ^ 浅利政俊さんが「桜守」に Hakodate.com 2005年4月26日
  36. ^ “日本一のお花見”が楽しめる場所は北海道にある 桜と共に歴史を重ねる、松前町のあゆみ 松前町 2017年5月29日
  37. ^ a b c C・W・ニコル『歴史は眠らない サクラと日本人』日本放送協会出版会、2010年。ISBN 978-4-14-189541-1
  38. ^ a b 勝木俊雄『桜』p115 - p119、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  39. ^ 勝木俊雄『桜』p119 - p123、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  40. ^ 勝木俊雄『桜』p178 - p182、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  41. ^ 重イオンビームで世界初のサクラの新品種の作成に成功 理化学研究所 archeivwdate=2012-3-7 Internet Archive
  42. ^ 斎藤正二『日本的自然観の研究III:変化の過程』 <斎藤正二著作選集>3 八坂書房 2002年 ISBN 4-89694-783-5 pp.219-255.
  43. ^ a b 丸谷馨『日本一の桜』講談社現代新書、2010年。ISBN 978-4-06-288041-1
  44. ^ 「散る桜、残る桜も散る桜」、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」(平家物語)
  45. ^ 日本の国花はサクラということらしいが、正式な指定を受けたのか。また、いつ、何によってか。”. レファレンス協同データベース (2005年2月11日). 2012年4月7日閲覧。
  46. ^ 日タイ修好120周年 ロゴマーク・キャッチフレーズ発表!!”. 外務省. 2010年10月20日閲覧。
  47. ^ ワシントン桜物語 アメリカと日本の友情を深める花”. 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月9日閲覧。
  48. ^ 上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県”. 産経新聞 (2010年2月6日). 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  49. ^ トルコ交友120周年 「桜」から新たに始まるトルコとの友情物語。”. 和歌山県総合情報誌「和」. 和歌山県知事室広報課 (2010年7月23日). 2010年10月20日閲覧。
  50. ^ NHK放送文化研究所 (2007年12月1日). “日本人の好きなもの調査”. http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/071201_01.pdf 2014年8月16日閲覧。 
  51. ^ ウェザーニュース (2013年3月19日). “日本人のお花見意識を一斉調査”. http://weathernews.com/ja/nc/press/2013/130329.html 2014年8月16日閲覧。 
  52. ^ 「日本一の桜好きは宮崎県民」花見調査”. 日経ウーマンオンライン. 日経新聞社 (2010年4月8日). 2010年10月20日閲覧。
  53. ^ a b c d e 橘 1926, pp. 588-589
  54. ^ a b c jpsearch.go.jp/data/nij04-nijl_nijl_nijl_21daisyuu_0000026441
  55. ^ a b jpsearch.go.jp/data/nij04-nijl_nijl_nijl_21daisyuu_0000026442
  56. ^ 沿革」日本気象協会、2015年3月25日閲覧
  57. ^ 気象庁におけるさくらの開花予想の発表終了について」気象庁、2009年12月25日付
  58. ^ 気象等の予報業務許可についてよくある質問と回答」気象庁、2015年3月25日閲覧
  59. ^ a b c d 生物季節観測の情報」気象庁、2015年3月25日閲覧
  60. ^ まちの緑・街路樹の今昔/1 どんな木が多い?”. 毎日.jp. 毎日新聞. 2010年6月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  61. ^ 久保光 (2005年7月). “街路樹の本数と樹種の推移”. 福井県雪対策・建設技術研究所年報地域技術第18号2005.. 福井県雪対策・建設技術研究所. 2011年2月1日閲覧。
  62. ^ “桜のトンネル、列車迎える…青森・五所川原”. 読売新聞. (2014年5月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140430-OYT1T50167.html 2014年5月2日閲覧。 
  63. ^ 桜トンネル (豊川市)」など
  64. ^ 桜を魅せる基本型 日本花の会
  65. ^ a b 実際に植えてみよう 日本花の会
  66. ^ a b 成育に適した場所 日本花の会
  67. ^ 植える間隔 日本花の会
  68. ^ a b 土づくり 日本花の会
  69. ^ 勝木俊雄『桜』p198 - p202、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  70. ^ 台木にあった植え方 日本花の会
  71. ^ 植え穴のつくり方 日本花の会
  72. ^ 支柱 日本花の会
  73. ^ 整枝・剪定 日本花の会
  74. ^ 勝木俊雄『桜』p74、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  75. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p12 - p15、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  76. ^ 除草 日本花の会
  77. ^ 施肥 日本花の会
  78. ^ 健康診断 日本花の会
  79. ^ シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について 環境省
  80. ^ 環境省 特定外来生物等専門家会合(第11回)議事次第 特定外来生物等の選定作業が必要と考えられる外来生物に係る情報及び評価(案)p13 (PDF)
  81. ^ クビアカツヤカミキリ 日本花の会
  82. ^ サクラの外来害虫“クビアカツヤカミキリ”情報 埼玉県環境科学国際センター
  83. ^ 獣害(ノネズミ、ノウサギ) 日本花の会
  84. ^ 鷽(ウソ)の被害と予防 日本花の会
  85. ^ フォローアップ”. 山梨県・実相寺ホームページ. 山日新聞 (2006年4月26日). 2011年2月1日閲覧。
  86. ^ a b c d e 勝木俊雄『桜』p119-123、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  87. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p160 - p161、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  88. ^ a b c d こころをつなぐ桜の名所 p.19 日本花の会
  89. ^ a b c d e 中国の人たちはなぜ花見をするようになったのか 日本を通じて桜を再発見した中国の人々 NEC 2021年3月24日
  90. ^ 中国で「日本風のお花見」と桜の名所が増えている理由 2/5 ダイヤモンドオンライン 2021年3月24日
  91. ^ 今天中国~中国のいま(24)大陸でも「桜花入魂」 西日本新聞 2017年4月17日
  92. ^ China’s East Lake Cherry Blossom Gaeden sweat and tears of the unsung hero from Aomori. From Aomori in Japan-Local News & Article Site. 2019年5月1日
  93. ^ 中国・武漢市訪問団が弘前公園の桜管理学ぶ 陸奥新報 2018年4月27日
  94. ^ 無錫国際花見ウィーク、桜が取り持つ中日友好 AFP 2019年3月27日
  95. ^ 中国専門家:桜の起源は中国 宋代に日本に伝わる 中国網 2013年3月27日
  96. ^ 桜の起源、中国にあり 日本へは唐代に伝来 中国網 2015年3月31日
  97. ^ 世界が「桜は中国の花」と思う日は来るか 日本と中国の「量か質か」問題(後編)2/3 日経ビジネス 2019年9月20日
  98. ^ サクラの故郷は日本か中国か、企業の広告が物議 ウォールストリートジャーナル 2016年4月1日
  99. ^ 日中韓の「桜の起源」論争に終止符?=中国専門家「奪うな、桜は日本のものだ」 2019年3月26日
  100. ^ 竹国友康『ある日韓歴史の旅 鎮海の桜』(朝日新聞社(朝日選書)、1999年) ISBN 4-02-259722-4
  101. ^ 文字さんぽ”. 国立国語研究所 (2007年4月1日). 2016年3月23日閲覧。
  102. ^ 事業活動”. 公益財団法人日本さくらの会. 2020年3月27日閲覧。



サクラ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:16 UTC 版)

名詞

  1. さくら学術的表記詳細は"さくら"参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サクラ」の関連用語


2
100% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

サクラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サクラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS