櫻とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > の意味・解説 

読み方:さくら

桜(さくら)といえばバラ科落葉高木の名前ですが、「馬肉」の俗称、あるいは「客のふりをして他の客に紛れ込み売り手仲間」の俗称として用いられることもあります

「桜」という漢字訓読みでは「さくら」、音読みでは「オウ」と読みます。ただし、人名に用いられる場合この限りではありません。「桜」はいわゆる新体字であり、旧字体では「櫻」と表記します。中国語繁体字旧字体と同じ「櫻」、簡体字では「樱」と表記されます。

樹木種類としての桜は春の短期間一斉に花を咲かせることで知られ、日本では特に好まれる植物です。桜の花を「桜花」(おうか)と呼び樹木としての桜は「桜樹」(おうじゅ)と読んで言い分ける場合あります。桜の樹皮漢方薬材料として用いられ「桜皮」(おうひ)と呼ばれます。

桜の品種は、ソメイヨシノ代表格といえますが、他にもヤマザクラカンヒザクラエドヒガンなどの種があります後者3種野生種野生桜)に該当します。ソメイヨシノ野生種ではなく交配により人工的に生み出され、接ぎ木によるクローン作成植樹によって全国にもたらされた種です。どの個体クローンであり遺伝子情報同一であるため個体差がなく、同じ地域にある(気候条件が同じ)ソメイヨシノ一斉に咲いて一斉に散るというわけです。

「桜」は俗に馬肉を意味する呼び名としても用いられます。「桜肉」「さくら肉」あるいは「さくら」と表記される場合あります。もともとは獣肉食が禁止されていた時代に用いられた隠語のたぐいだったようですが、なぜ馬肉を「さくら」と呼ぶのかは諸説あり定かではありません。たとえば「新鮮な馬肉の色を桜に見立てた」というような説はあります

商売上の「客のふりをした売り手仲間」を俗に「桜」と呼ぶ場合多々あります。たいていは「サクラ」とカタカナ表記されます。サクラはもともとは露天商テキ屋)の客引き手段として、一般客を装って店や品物それとなく宣伝し、他の一般客に興味を抱くように仕向ける役割の者です。昨今では行列集会に加わって大人気大盛況あるかのような雰囲気を盛る役割や、オンライン通販サイト口コミサイトなどで販売者側に通じている関係者高評価レビュー投稿するという役割などもサクラと呼ばれます。

さくら【桜】

バラ科サクラ属落葉高木総称日本代表的な花として、古来広く親しまれている。ヤマザクラ・サトザクラ・オオシマザクラなど種類多く園芸品種も多い。現在多く植えられているのはソメイヨシノ。花は春に咲き、淡紅色白色など。古くから和歌題材とされ、単に花といえば桜をさし、かざしぐさあだなぐさたむけぐさなどともよばれた。花は塩漬けにして桜湯に、塩漬けにして桜餅に用いられ、またミザクラの実は食用樹皮漢方薬用木材家具建築用。《 花=春 実=夏》「宵浅くふりいでしの―かな/万太郎

桜色」の略。

桜襲(さくらがさね)」の略。

芝居などで、ただで見物するかわりに、頼まれて役者声をかける者。転じて露店商などの仲間で、客のふりをし、品物を褒めたり買ったりして客に買い気を起こさせる者。

《色が桜の花似ているところから》馬肉俗称桜肉

紋所の名。桜の花図案したもの

桜の画像
桜の紋所
桜の画像
桜の紋所一つ細川桜」
桜の画像

おう【桜〔櫻〕】

[音]オウアウ)(漢) [訓]さくら

学習漢字5年

〈オウ

木の名。サクラ。「桜花観桜

木の名。ミザクラ。「桜桃(おうとう)」

〈さくら(ざくら)〉「桜色葉桜山桜夜桜彼岸桜八重桜

難読桜桃(さくらんぼ)


さくら【桜】


さくら


さくら 【桜】

バラ科サクラ属落葉木木花之開耶姫サクヤサクラになったと一説にある。日本ではと共に国花とする。散りぎわが美しいとして日本男子象徴とされ、多く若者がこれを例に出されて戦死している。平安から鎌倉末まで、東大寺醍醐寺賀茂社などで桜会称する法会が修されていた。桜の観賞をかねたもの西洋では純潔処女象徴とする。京都平野神社四月一〇日の桜祭は有名。

作者服部まゆみ

収載図書時のかたち
出版社東京創元社
刊行年月1992.1
シリーズ名ミステリ・フォー・ユー

収載図書ほっとミステリーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2000.4


「桜」

作者島田和幸

収載図書恋愛短編小説 3
出版社愛知出版
刊行年月2003.12


作者平山夢明

収載図書東京伝説死に逝く街の怖い話
出版社竹書房
刊行年月2004.5
シリーズ名竹書房文庫

収載図書怖い本 8
出版社角川春樹事務所
刊行年月2008.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


作者原田諭美

収載図書今朝の幸せ
出版社文芸社
刊行年月2004.10


作者バリー・ユアグロー

収載図書ケータイ・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2005.4


作者木戸

収載図書虚像
出版社文芸社
刊行年月2006.2


作者七瀬由秋

収載図書アリスは語る
出版社リーフ
刊行年月2006.9
シリーズ名ジグザグノベルズ


作者福永美知子

収載図書六甲に抱かれて
出版社文芸社
刊行年月2008.8


作者井上荒野

収載図書あなたの
出版社角川書店
刊行年月2008.11


作者田中英光

収載図書桜・愛青春と生活
出版社講談社
刊行年月1992.9
シリーズ名講談社文芸文庫


作者夫馬基彦

収載図書恋の呼び出し恋離
出版社中央公論社
刊行年月1995.7


作者上田千之

収載図書アユの川
出版社近代文芸社
刊行年月1996.6


作者桐野夏生

収載図書輝き一瞬―短くて心に残る30
出版社講談社
刊行年月1999.1
シリーズ名講談社文庫


作者江戸美保

収載図書薔薇の函
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.6

収載図書翳り
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.12


作者大江康大

収載図書生命
出版社新風舎
刊行年月2002.8
シリーズ名シンプーブックス


作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


作者鈴木康

収載図書ぐーるど先生怪異
出版社鳥影社
刊行年月2003.9


読み方:さくら

  1. ①〔隠〕1、的屋仲間で客の中に混ぜておく仲間のもの。2、馬肉のこと。馬肉桜色だからである。②〔花言〕潔白清節の意。
  2. ⑴〔香〕客らしく見せかけておく仲間の者。⑵馬肉のこと、色が桜色をしているから。⑶〔花言〕潔白清節の意。
  3. ①客の中に混つて購売心をそそる役をする者。花の桜で人寄せするところから連想して。〔香〕②馬肉色彩連想。〔俗〕
  4. 露店商人等が客の購買欲をそそるために使う仲間をいう。②酒類一切のこと。③木綿衣類のこと「さくらぎ」ともいう。

分類 香具師香具師花言葉、香/俗/一般


読み方:さくら

  1. 作楽」ノ文字一般ニ用ヰラルルモ、「さくら」ハ策略ヨリ出ヅル詞ナランカ、往々大道商人ナド呼売ヲナス者、人寄ノ中ニ同類ノ者アリテ客人ノ風ヲ装ヒ、先ンジテ之ヲ買需メ一般人欲望ヲ唆カシ、或ハ其人寄ノ雑踏ニ乗ジ、見物人油断ヲ窺ヒ携帯金品窃取スルナド、之等ノ手段ヲ講ズル人物ヲ云フ。〔第二類 人物風俗
  2. 的屋仲間にて、客の中に混ぜて置く仲間のものをいふ。例へば路店商人が盛んに効能書を並べたてて居ると、客の中から「これは安い」とか、「なるほど良い品だ」など云つて客を装ふてその品を買ひ求める。すると一般の客も誘引されて買ふといふ方法である。〔犯罪語〕
  3. 〔的〕仲間のこと。客に化け仲間客引きのこと。「コツ」に同じ。
  4. 的屋仲間にて、客の中に混ぜて置く仲間のものをいふ。例へば路店商人が盛んに効能書を並べたてて居ると、客の中から「これは安い」とか。「なるほど良い品だ」など云つて客を装ふてその品を買ひ求める。すると一般の客も誘引されて買ふといふ方法である。
  5. 人を誘惑するために使ふおとり。
  6. 露店商人などが品物購買心を誘ふやうに客の中に入れて置く自分等の仲間をいふ。
  7. 露天商人等が客の購買欲をそそる為に使ふ仲間を云ふ。例へば「ロクマ(易者)」が手相占ふ時に客を装ふた「さくら」が群集前に自己の手相を占ひせしめ一々合鎚を打つて群集を信ぜしむる事等を云ふ。
  8. (一)香具師顧客を装つて買ふ真似をする仲間。(二)馬肉のこと。
  9. 客の如く装い客の中に混ぜて置く仲間弘前 的屋仲間
  10. 香具師の方ではコツとも云っている。商売を一そう有利にするために、仲間を客に仕立てて、他の本当の客の購買心をあおるためのものである。〔香具師不良

分類 ルンペン大阪犯罪語/的屋仲間、的、的屋的屋縁日商人語、的屋仲間香具師不良


読み方:さくら

  1. 人をペテンにかける為グルになつてゐる片割相棒
  2. 詐欺賭博共謀者。〔朝鮮人隠語
  3. 詐欺賭博共犯者を云ふ。
  4. 詐欺賭博共犯者客引きのために合意賭ける者。

分類 朝鮮人朝鮮人隠語賭博


読み方:さくら

  1. 酒類一切。〔第六類 器具食物
  2. 酒類一切を云ふ。

読み方:さくら

  1. 市街繁華ノ場所。〔第七類 雑纂
  2. 繁華なる場所を云ふ。

読み方:さくら

  1. 桜肉の略。
  2. 馬肉のことをいふ。馬肉桜色を呈して居るから。〔花柳語〕
  3. 馬肉のことをいふ。馬肉桜色を呈して居るから。
  4. 馬肉を云ふ。

分類 花柳界花柳


読み方:さくら

  1. 鳥肉。〔花柳界

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:サクラsakura

バラ科落葉高木種類多く白色淡紅色花が咲く古来より花の王とされ、日本の国花でもある

季節

分類 植物

















地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。


駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
さくら
さくらさき

サクラ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 05:50 UTC 版)

サクラ、英訳:Cherry blossom、Japanese cherry、Sakura)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(国によってはスモモ属に分類)[1]落葉広葉樹の総称。一般的に桜色と表現される白色や淡紅色から濃紅色のを咲かせる。サクラはヨーロッパ・西シベリア日本中国米国カナダ[2]など、主に北半球温帯に広範囲に自生しているが[3][4]、歴史的に日本文化に馴染みの深い植物であり、その変異しやすい特質から特に日本で花見目的に多くの栽培品種が作出されてきた(#日本における栽培品種と品種改良#日本人とサクラ)。このうち観賞用として最も多く植えられているのがソメイヨシノである。鑑賞用としてカンザンなど日本由来の多くの栽培品種が世界各国に寄贈されて各地に根付いており(日本花の会キューガーデン全米桜祭りなど参照)、英語では桜の花のことを「Cherry blossom」と呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から「Sakura」と呼ばれることも多くなってきている。


注釈

  1. ^ ヤマザクラオオヤマザクラカスミザクラオオシマザクラエドヒガンチョウジザクラマメザクラタカネザクラミヤマザクラクマノザクラの10種。疑義のあるカンヒザクラを含めると11種。

出典

  1. ^ コトバンク‐桜小学館の『大辞泉』の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木の総称」と記され、また、三省堂の『大辞林』第三版の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木または低木」と記されている。
  2. ^ 赤毛のアン』の冒頭にも桜の大木が出てきて、アンは「雪の女王」と名づける。松本侑子『誰も知らない「赤毛のアン」』(集英社)によれば、これはハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』が源泉であり、花言葉が樹は「良き教育」、花は「精神美」で、女主人マリラそのものとしている。
  3. ^ FAQ”. 財団法人日本花の会. 2016年4月24日閲覧。
  4. ^ 桜の種類”. 財団法人日本さくらの会. 2011年2月1日閲覧。
  5. ^ 【仰天ゴハン】桜の花漬け(神奈川県秦野市)摘み取った春 食卓に咲く『読売新聞』よみほっと(朝刊別刷り)2019年5月12日、1面。
  6. ^ サクラの花言葉”. 花言葉-由来. イーガオジャパン合同会社. 2019年3月19日閲覧。
  7. ^ 勝木俊雄『桜』p16 - p18、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  8. ^ 勝木俊雄『桜』p24 - p32、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  9. ^ a b 勝木俊雄『桜』p13 - p14、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  10. ^ a b 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日
  11. ^ a b c d 日本の桜について”. このはなさくや図鑑. 2010年10月20日閲覧。
  12. ^ a b c さくらの基礎知識 公益財団法人 日本さくらの会
  13. ^ Wen, J.; et al. (2008). “Phylogenetic inferences in Prunus (Rosaceae) using chloroplast ndhF and nuclear ribosomal ITS sequences” (PDF). Journal of Systematics and Evolution 46 (3): 322–332. doi:10.3724/SP.J.1002.2008.08050. http://users.iab.uaf.edu/~stefanie_bond/Publications_files/Wen_et%20al_JSystEvol2008.pdf. 
  14. ^ Infrageneric information from NPGS/GRIN: Prunus”. GRIN. アメリカ合衆国農務省. 2011年2月1日閲覧。
  15. ^ a b 勝木俊雄『桜』p86 - p95、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  16. ^ a b 勝木俊雄『桜』p106、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  17. ^ a b 勝木俊雄『桜』p166 - p168、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  18. ^ DNAからわかったサクラ品種の真実 ―そのほとんどは雑種が起源― 森林総合研究所 2014年6月16日
  19. ^ サクラの化石”. 鳥取県教育センター. 2011年2月1日閲覧。
  20. ^ さくら長寿番付”. 桜雑学辞典. 2011年2月1日閲覧。
  21. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p78 - p81、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  22. ^ a b Newton』竹内均、株式会社ニュートンプレス、2004年5月7日、74-83頁。
  23. ^ 勝木俊雄『桜』p18 - p21、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  24. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p74 - p77、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  25. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p82 - p84、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  26. ^ 勝木俊雄『桜』p96 - p98、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  27. ^ 第7回 桜前線に異変あり! P3”. 日経BP (2009年3月12日). 2011年2月1日閲覧。
  28. ^ a b 今泉忠明、岡島秀治『自然観察』学研プラス、2018年、8頁。
  29. ^ 浅利政俊さんが「桜守」に Hakodate.com 2005年4月26日
  30. ^ “日本一のお花見”が楽しめる場所は北海道にある 桜と共に歴史を重ねる、松前町のあゆみ 松前町 2017年5月29日
  31. ^ a b c C・W・ニコル『歴史は眠らない サクラと日本人』日本放送協会出版会、2010年。ISBN 978-4-14-189541-1
  32. ^ a b 勝木俊雄『桜』p115 - p119、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  33. ^ 勝木俊雄『桜』p119 - p123、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  34. ^ 重イオンビームで世界初のサクラの新品種の作成に成功 理化学研究所 archeivwdate=2012-3-7 Internet Archive
  35. ^ 五穀豊穣の神が稲作の始まる春になると田に降りてくる。サケとサクラとサ神様
  36. ^ a b 丸谷馨『日本一の桜』講談社現代新書、2010年。ISBN 978-4-06-288041-1
  37. ^ 「散る桜、残る桜も散る桜」、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」(平家物語)
  38. ^ 日本の国花はサクラということらしいが、正式な指定を受けたのか。また、いつ、何によってか。”. レファレンス協同データベース (2005年2月11日). 2012年4月7日閲覧。
  39. ^ 日タイ修好120周年 ロゴマーク・キャッチフレーズ発表!!”. 外務省. 2010年10月20日閲覧。
  40. ^ ワシントン桜物語 アメリカと日本の友情を深める花”. 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月9日閲覧。
  41. ^ 上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県”. 産経新聞 (2010年2月6日). 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  42. ^ トルコ交友120周年 「桜」から新たに始まるトルコとの友情物語。”. 和歌山県総合情報誌「和」. 和歌山県知事室広報課 (2010年7月23日). 2010年10月20日閲覧。
  43. ^ NHK放送文化研究所 (2007年12月1日). “日本人の好きなもの調査”. http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/071201_01.pdf 2014年8月16日閲覧。 
  44. ^ ウェザーニュース (2013年3月19日). “日本人のお花見意識を一斉調査”. http://weathernews.com/ja/nc/press/2013/130329.html 2014年8月16日閲覧。 
  45. ^ 「日本一の桜好きは宮崎県民」花見調査”. 日経ウーマンオンライン. 日経新聞社 (2010年4月8日). 2010年10月20日閲覧。
  46. ^ a b c d e 橘 1926, pp. 588–589
  47. ^ a b c jpsearch.go.jp/data/nij04-nijl_nijl_nijl_21daisyuu_0000026441
  48. ^ a b jpsearch.go.jp/data/nij04-nijl_nijl_nijl_21daisyuu_0000026442
  49. ^ 沿革」日本気象協会、2015年3月25日閲覧
  50. ^ 気象庁におけるさくらの開花予想の発表終了について」気象庁、2009年12月25日付
  51. ^ 気象等の予報業務許可についてよくある質問と回答」気象庁、2015年3月25日閲覧
  52. ^ a b c d 生物季節観測の情報」気象庁、2015年3月25日閲覧
  53. ^ まちの緑・街路樹の今昔/1 どんな木が多い?”. 毎日.jp. 毎日新聞. 2010年6月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  54. ^ 久保光 (2005年7月). “街路樹の本数と樹種の推移”. 福井県雪対策・建設技術研究所年報地域技術第18号2005.. 福井県雪対策・建設技術研究所. 2011年2月1日閲覧。
  55. ^ “桜のトンネル、列車迎える…青森・五所川原”. 読売新聞. (2014年5月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140430-OYT1T50167.html 2014年5月2日閲覧。 
  56. ^ 桜トンネル (豊川市)」など
  57. ^ 勝木俊雄『桜』p74、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  58. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p12 - p15、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  59. ^ 勝木俊雄『桜』p198 - p202、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  60. ^ シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について 環境省
  61. ^ 環境省 特定外来生物等専門家会合(第11回)議事次第 特定外来生物等の選定作業が必要と考えられる外来生物に係る情報及び評価(案)p13 (PDF)
  62. ^ クビアカツヤカミキリ 日本花の会
  63. ^ サクラの外来害虫“クビアカツヤカミキリ”情報 埼玉県環境科学国際センター
  64. ^ フォローアップ”. 山梨県・実相寺ホームページ. 山日新聞 (2006年4月26日). 2011年2月1日閲覧。
  65. ^ 文字さんぽ”. 国立国語研究所 (2007年4月1日). 2016年3月23日閲覧。
  66. ^ 事業活動”. 公益財団法人日本さくらの会. 2020年3月27日閲覧。



サクラ (曖昧さ回避)

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 01:58 UTC 版)

サクラさくら葬春花


  1. ^ コトバンク‐桜小学館の大辞泉の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木の総称」と記され、また、三省堂の大辞林第三版の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木または低木」と記されている。


「サクラ (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:09 UTC 版)

発音

熟語: 日本語


出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:23 UTC 版)

発音

音読み
呉音ヨウ
漢音オウ
訓読み
さくら

名詞

  1. サクラバラ科サクラ属落葉樹、特に春先に咲く

翻訳

熟語




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




櫻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「櫻」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



櫻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクラ (改訂履歴)、サクラ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS