さくらとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > さくらの意味・解説 

さくら [0] 【桜】

バラ科サクラ属落葉高木または低木北半球温帯暖帯分布2030種がある。日本に最も種類多く奈良時代から栽植され、園芸品種も多い。春、先立ちまたは同時に開花。花は淡紅色ないし白色の五弁花で、八重咲きのものもある。西洋実桜みざくら)の実はサクランボといい、食用。材は器具版木薪炭用。重弁の花を塩漬けにして桜湯として飲み桜餅使用染井吉野代表的であるが、山桜江戸彼岸大島桜八重桜各地に植えられている。日本の国花[季] 春。
馬肉俗称
桜色」の略。
露店などで、客の買い気をそそるため、客のふりをして買い物をする売り手仲間。 〔「ただで見る」の意から芝居無料見物人の意となり、そこから生じたという〕
桜襲がさね)」の略。
家紋の一。の花、花と枝葉をかたどったもの。

さくら ◇


さくら 【佐倉】 ◇


さくら 【佐久良】

姓氏の一。

さくら

分類:人工衛星


名称:実験用中容量静止衛星「さくら」/Medium-capacity Communications Satellite for Experimental Purpose(CS)
小分類:通信放送衛星
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:郵政省
打ち上げ年月日:1977年12月15日
運用停止年月日:1985年11月25日
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタ2914型ロケット137号機
打ち上げ場所:ケネディ宇宙センター
国際標識番号:1977118A

さくらは、今後実験衛星通信システム実現目的として、郵政省NTTなどによって打ち上げられた実験衛星です。
さくらはスピン安定方式姿勢制御し、設計寿命3年でした。
大きな分類としては通信衛星(CS=Communications Satellite)となります。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
直径約220cm、高さ約350cm(通信アンテナを含む)の円筒形で、重量は約350kg(静止軌道初期)です。
6チャンネルの準ミリ波(30/20GHz・予備なし)通信中継器と、2チャンネルマイクロ波(6/4GHz・予備なし)通信中継器搭載しています。

2.どんな目的使用されるの?
衛星通信システムとしての伝送実験衛星通信システムとしての運用技術確立通信衛星管制技術確立のための実験使用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
静止衛星軌道投入後、初期段階における衛星点検経て1978年5月15日定常段階移行1981年5月15日まで、郵政省中心とした各種利用実験が行われました。引き続いて後期利用段階移り1983年9月16日から、さくら2号bとの電波干渉避けるため、東経150度に移されました。1985年11月25日すべての後期利用終了し、静止軌道外へ軌道位置変更をおこなって、約8年間の運用終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
さくら2号a/2号b、さくら3号a/3号bがあります

5.どのように地球を回るの?
高度約36,000km、傾斜角0度、周期24時間東経135度静止衛星軌道でした。

参考文献:大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001」(東京書籍斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」(三田出版会)


さくら 【桜】

バラ科サクラ属落葉木木花之開耶姫サクヤサクラになったと一説にある。日本ではと共に国花とする。散りぎわが美しいとして日本男子象徴とされ、多く若者がこれを例に出されて戦死している。平安から鎌倉末まで、東大寺醍醐寺賀茂社などで桜会称する法会が修されていた。桜の観賞をかねたもの西洋では純潔処女象徴とする。京都平野神社四月一〇日の桜祭は有名。

さくら

作者竹山敏子

収載図書さくら
出版社
刊行年月1992.6


さくら

作者広坂光則

収載図書閑話百題―ショートショート集 上
出版社新風舎
刊行年月2007.3


さくら

作者山本順子

収載図書冬の出立
出版社青心社
刊行年月2007.3


さくら

作者清水保野

収載図書死の日付
出版社山梨日日新聞社
刊行年月2007.3


さくら

作者小池榮子

収載図書さくら
出版社小池保
刊行年月2008.1


さくら

作者瀬戸内寂聴

収載図書瀬戸内寂聴全集15みみらく風のない日々・髪 他
出版社新潮社
刊行年月2002.4


さくら

作者永田

収載図書66 STORIES
出版社アーティストハウスパブリッシャーズ
刊行年月2003.4


さくら

作者若穂紀子

収載図書ようこそ森の図書館
出版社新風舎
刊行年月2005.2


さくら

作者おーなり由子

収載図書てのひら童話 2 空のともだち
出版社角川書店
刊行年月2005.7
シリーズ名角川文庫


さくら

作者森浩美

収載図書推定恋愛two−years
出版社講談社
刊行年月2005.10
シリーズ名講談社文庫


さくら

作者中原洋子

収載図書神戸生れ短編集 ティータイムに読む本
出版社新風舎
刊行年月2005.10


さくら

作者斎藤広

収載図書海辺だより
出版社新人物往来社
刊行年月2006.12


さくら

作者ヤマト

収載図書ユーレイ
出版社リーフ
刊行年月2007.1
シリーズ名ジグザグノベルズ


さくら

  1. 木綿衣類を云ふ。

読み方:さくら

  1. ①〔隠〕1、的屋仲間で客の中に混ぜておく仲間のもの。2、馬肉のこと。馬肉桜色だからである。②〔花言〕潔白清節の意。
  2. ⑴〔香〕客らしく見せかけておく仲間の者。⑵馬肉のこと、色が桜色をしているから。⑶〔花言〕潔白清節の意。
  3. ①客の中に混つて購売心をそそる役をする者。花の桜で人寄せするところから連想して。〔香〕②馬肉色彩連想。〔俗〕
  4. 露店商人等が客の購買欲をそそるために使う仲間をいう。②酒類一切のこと。③木綿衣類のこと「さくらぎ」ともいう。

分類 香具師香具師花言葉、香/俗/一般


読み方:さくら

  1. 作楽」ノ文字一般ニ用ヰラルルモ、「さくら」ハ策略ヨリ出ヅル詞ナランカ、往々大道商人ナド呼売ヲナス者、人寄ノ中ニ同類ノ者アリテ客人ノ風ヲ装ヒ、先ンジテ之ヲ買需メ一般人欲望ヲ唆カシ、或ハ其人寄ノ雑踏ニ乗ジ、見物人油断ヲ窺ヒ携帯金品窃取スルナド、之等ノ手段ヲ講ズル人物ヲ云フ。〔第二類 人物風俗
  2. 的屋仲間にて、客の中に混ぜて置く仲間のものをいふ。例へば路店商人が盛んに効能書を並べたてて居ると、客の中から「これは安い」とか、「なるほど良い品だ」など云つて客を装ふてその品を買ひ求める。すると一般の客も誘引されて買ふといふ方法である。〔犯罪語〕
  3. 〔的〕仲間のこと。客に化け仲間客引きのこと。「コツ」に同じ。
  4. 的屋仲間にて、客の中に混ぜて置く仲間のものをいふ。例へば路店商人が盛んに効能書を並べたてて居ると、客の中から「これは安い」とか。「なるほど良い品だ」など云つて客を装ふてその品を買ひ求める。すると一般の客も誘引されて買ふといふ方法である。
  5. 人を誘惑するために使ふおとり。
  6. 露店商人などが品物購買心を誘ふやうに客の中に入れて置く自分等の仲間をいふ。
  7. 露天商人等が客の購買欲をそそる為に使ふ仲間を云ふ。例へば「ロクマ(易者)」が手相占ふ時に客を装ふた「さくら」が群集前に自己の手相を占ひせしめ一々合鎚を打つて群集を信ぜしむる事等を云ふ。
  8. (一)香具師顧客を装つて買ふ真似をする仲間。(二)馬肉のこと。
  9. 客の如く装い客の中に混ぜて置く仲間弘前 的屋仲間
  10. 香具師の方ではコツとも云っている。商売を一そう有利にするために、仲間を客に仕立てて、他の本当の客の購買心をあおるためのものである。〔香具師不良

分類 ルンペン大阪犯罪語/的屋仲間、的、的屋的屋縁日商人語、的屋仲間香具師不良


読み方:さくら

  1. 人をペテンにかける為グルになつてゐる片割相棒
  2. 詐欺賭博共謀者。〔朝鮮人隠語
  3. 詐欺賭博共犯者を云ふ。
  4. 詐欺賭博共犯者客引きのために合意賭ける者。

分類 朝鮮人朝鮮人隠語賭博


読み方:さくら

  1. 酒類一切。〔第六類 器具食物
  2. 酒類一切を云ふ。

読み方:さくら

  1. 市街繁華ノ場所。〔第七類 雑纂
  2. 繁華なる場所を云ふ。

読み方:さくら

  1. 桜肉の略。
  2. 馬肉のことをいふ。馬肉桜色を呈して居るから。〔花柳語〕
  3. 馬肉のことをいふ。馬肉桜色を呈して居るから。
  4. 馬肉を云ふ。

分類 花柳界花柳


読み方:さくら

  1. 鳥肉。〔花柳界

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

佐鞍

読み方
佐鞍さくら

読み方
さくら

サクラ

(さくら から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 22:03 UTC 版)

サクラ)は、バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)[1](Prunus, Cerasus, Japanese cherry, Sakura) の落葉樹の総称。


  1. ^ コトバンク‐桜小学館の大辞泉の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木の総称」と記され、また、三省堂の大辞林第三版の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木または低木」と記されている。
  2. ^ 赤毛のアンの冒頭にも桜の大木が出てきて、アンは「雪の女王」と名づける。松本侑子『誰も知らない「赤毛のアン」』(集英社)によれば、これはハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』が源泉であり、花言葉が樹は「良き教育」、花は「精神美』で、女主人マリラそのものとしている。
  3. ^ FAQ”. 財団法人日本花の会. 2016年4月24日閲覧。
  4. ^ 桜の種類”. 財団法人日本さくらの会. 2011年2月1日閲覧。
  5. ^ サクラの花言葉”. 花言葉-由来. イーガオジャパン合同会社. 2019年3月19日閲覧。
  6. ^ 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日
  7. ^ ヤマザクラオオヤマザクラカスミザクラオオシマザクラエドヒガンチョウジザクラマメザクラタカネザクラミヤマザクラクマノザクラの10種。カンヒザクラは含めない。
  8. ^ さくらの基礎知識 公益財団法人 日本さくらの会
  9. ^ a b 日本の桜について”. このはなさくや図鑑. 2010年10月20日閲覧。
  10. ^ 浅利政俊さんが「桜守」に Hakodate.com 2005年4月26日
  11. ^ “日本一のお花見”が楽しめる場所は北海道にある 桜と共に歴史を重ねる、松前町のあゆみ 松前町 2017年5月29日
  12. ^ Wen, J.; et al. (2008). “Phylogenetic inferences in Prunus (Rosaceae) using chloroplast ndhF and nuclear ribosomal ITS sequences” (PDF). Journal of Systematics and Evolution 46 (3): 322–332. doi:10.3724/SP.J.1002.2008.08050. http://users.iab.uaf.edu/~stefanie_bond/Publications_files/Wen_et%20al_JSystEvol2008.pdf. 
  13. ^ Infrageneric information from NPGS/GRIN: Prunus”. GRIN. アメリカ合衆国農務省. 2011年2月1日閲覧。
  14. ^ 核SSRマーカーによるサクラ(Prunus subgenus Cerasus)栽培品種の識別 Clone identification in Japanese flowering cherry (Prunus subgenus Cerasus) cultivars using nuclear SSR markers”. 日本育種学会. doi:10.1270/jsbbs.62.24. 2014年4月23日閲覧。
  15. ^ サクラ栽培品種の分類体系の再編とデータベース化”. 2014年4月23日閲覧。
  16. ^ 桜の新しい系統保全 ―形質・遺伝子・病害研究に基づく取組― (PDF)”. 2014年4月23日閲覧。
  17. ^ (PDF) [https://agriknowledge.affrc.go.jp/rn/2010813972.pdf 多摩森林科学園サクラ保存林における30年間のサクラの開花期観測 The observation of flowering dates in the Cherry Preservation Forest at the Tama Forest Science Garden over a 30 year period.]. https://agriknowledge.affrc.go.jp/rn/2010813972.pdf 2014年4月23日閲覧。. 
  18. ^ サクラの化石”. 鳥取県教育センター. 2011年2月1日閲覧。
  19. ^ さくら長寿番付”. 桜雑学辞典. 2011年2月1日閲覧。
  20. ^ a b Newton』 竹内均、株式会社ニュートンプレス、2004年5月7日、74-83頁。
  21. ^ 第7回 桜前線に異変あり! P3”. 日経BP (2009年3月12日). 2011年2月1日閲覧。
  22. ^ 五穀豊穣の神が稲作の始まる春になると田に降りてくる。サケとサクラとサ神様
  23. ^ a b c C・W・ニコル 『歴史は眠らない サクラと日本人』 日本放送協会出版会、2010年。ISBN 978-4-14-189541-1
  24. ^ a b 丸谷馨 『日本一の桜』 講談社現代新書、2010年。ISBN 978-4-06-288041-1
  25. ^ 「散る桜、残る桜も散る桜」、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」(平家物語)
  26. ^ NHK放送文化研究所 (2007年12月1日). “日本人の好きなもの調査”. http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/071201http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/071201_01.pdf 2014年8月16日閲覧。 
  27. ^ ウェザーニュース (2013年3月19日). “日本人のお花見意識を一斉調査”. http://weathernews.com/ja/nc/press/2013/130329.html 2014年8月16日閲覧。 
  28. ^ 「日本一の桜好きは宮崎県民」花見調査”. 日経ウーマンオンライン. 日経新聞社 (2010年4月8日). 2010年10月20日閲覧。
  29. ^ 日本の国花はサクラということらしいが、正式な指定を受けたのか。また、いつ、何によってか。”. レファレンス協同データベース (2005年2月11日). 2012年4月7日閲覧。
  30. ^ 日タイ修好120周年 ロゴマーク・キャッチフレーズ発表!!”. 外務省. 2010年10月20日閲覧。
  31. ^ ワシントン桜物語 アメリカと日本の友情を深める花”. 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月9日閲覧。
  32. ^ 上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県”. 産経新聞 (2010年2月6日). 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  33. ^ トルコ交友120周年 「桜」から新たに始まるトルコとの友情物語。”. 和歌山県総合情報誌「和」. 和歌山県知事室広報課 (2010年7月23日). 2010年10月20日閲覧。
  34. ^ 沿革」日本気象協会、2015年3月25日閲覧
  35. ^ 気象庁におけるさくらの開花予想の発表終了について」気象庁、2009年12月25日付
  36. ^ 気象等の予報業務許可についてよくある質問と回答」気象庁、2015年3月25日閲覧
  37. ^ a b c d 生物季節観測の情報」気象庁、2015年3月25日閲覧
  38. ^ まちの緑・街路樹の今昔/1 どんな木が多い?”. 毎日.jp. 毎日新聞. 2010年6月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  39. ^ 久保光 (2005年7月). “街路樹の本数と樹種の推移”. 福井県雪対策・建設技術研究所年報地域技術第18号2005.. 福井県雪対策・建設技術研究所. 2011年2月1日閲覧。
  40. ^ “桜のトンネル、列車迎える…青森・五所川原”. 読売新聞. (2014年5月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140430-OYT1T50167.html 2014年5月2日閲覧。 
  41. ^ 桜トンネル (豊川市)」など
  42. ^ シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について 環境省
  43. ^ 環境省 特定外来生物等専門家会合(第11回)議事次第 特定外来生物等の選定作業が必要と考えられる外来生物に係る情報及び評価(案)p13 (PDF)
  44. ^ クビアカツヤカミキリ 日本花の会
  45. ^ サクラの外来害虫“クビアカツヤカミキリ”情報 埼玉県環境科学国際センター
  46. ^ フォローアップ”. 山梨県・実相寺ホームページ. 山日新聞 (2006年4月26日). 2011年2月1日閲覧。
  47. ^ 文字さんぽ”. 国立国語研究所 (2007年4月1日). 2016年3月23日閲覧。
  48. ^ 生まれ年別名前ベスト10(女性)”. 明治安田生命. 2011年2月1日閲覧。



さくら

出典:『Wiktionary』 (2011/02/02 09:12 UTC 版)

名詞

さくら

  1. 植物)の和名。サクラバラ科サクラ属落葉樹、特に春先に咲く花を言い日本象徴する。また、その実果物として収穫するものもある。(花:春の季語, 実:夏の季語)
  2. 物売り、特に露天商で、買い手して物を買い、他の客に購買意欲をわかせようとする者。しばしば、粗悪品を売る際に、詐欺的な手法として用いられる。
  3. (いろ)一つ桜色さくらいろ

発音

関連語

類義語
複合語

翻訳



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



さくらと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さくら」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さくらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのさくら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS