建築面積とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 面積 > 建築面積の意味・解説 

けんちくめんせき 建築面積 building area

建築物外壁またはそれに代わる中心線で囲まれた部分面積で、 一般に建坪」といわれている。庇やベランダなどが1m以上突き出ている 場合には、その先端から1m引っ込んだ線から内側は建築面積に算入される。

建築面積

【用  語】建築面積
よみがなけんちくめんせき
【意  味】
 建物真上から光をあてた場合、下に落ちた影の大きさに相当する。従って建物にひとつしかないことになる。
 ただし、軒先バルコニ-といった部分は1m以内突出面積算出されない。また、地階地盤面1m以下にある部分は除く。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

建築面積

建物真上から見たときの面積ポーチや壁で支えている場合大きな庇なども面積算入する。

建築面積

建築物の建っている面積のことで、1階の床面積にほぼ等しい。建築面積は、建築物外壁またはこれに代わる中心線で囲まれた部分投影面積とされている。

建築面積(けんちくめんせき)

建築物占め土地面積のことで、建物外壁もしくは中心線で囲まれた部分投影面積で表す。またその中心線から1m以上突出した軒やひさしなどがある場合は1m後退した部分算入する。

建築面積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/06 14:12 UTC 版)

建築面積(けんちくめんせき)とは、建築物外壁の中心線で囲まれた部分の面積のことである。建築基準法施行令第2条第1項第2号において定義されている。


  1. ^ 建築基準法施行令第2条第1項第2号 本文 「建築物(地階で地盤面上一メートル以下にある部分を除く。以下この号において同じ。)の外壁又はこれに代わる柱の中心線(軒、ひさし、はね出し縁その他これらに類するもので当該中心線から水平距離一メートル以上突き出たものがある場合においては、その端から水平距離一メートル後退した線)で囲まれた部分の水平投影面積による。」
  2. ^ 建築基準法施行令第2条第1項第2号 ただし書き


「建築面積」の続きの解説一覧



建築面積と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「建築面積」の関連用語

建築面積のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



建築面積のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2018 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2018 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2018 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2018 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建築面積 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS