野生種とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > 野生 > 野生種の意味・解説 

野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 03:06 UTC 版)

サイコバスターズ」の記事における「野生種」の解説

先天的に超能力目覚め自力で力を使いこなせるサイキック。力のボルテージだけ見れば栽培種劣っているが、応用力柔軟性では勝っている。しかし条威や百々の様な、例外的な天才もいる。翔・条威・綾乃小龍海人百々がこれに該当する

※この「野生種」の解説は、「サイコバスターズ」の解説の一部です。
「野生種」を含む「サイコバスターズ」の記事については、「サイコバスターズ」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 21:20 UTC 版)

ダッタンソバ」の記事における「野生種」の解説

ダッタンソバ栽培品種)に近縁な野生種に、多年草虫媒植物のシャクチリソバがある。これはパキスタンインド中華人民共和国南西部タイと、ソバ属なかでも広範囲分布域を持っている。シャクチリソバ遺伝子アロザイム変異解析した結果からチベット地方二倍体の野生種が発見され、約70万年前から150万年前頃に四倍体分化した考えられている。なお、一般的に食用とする混同しやすいソバ蕎麦)とは異なる種と判明している。

※この「野生種」の解説は、「ダッタンソバ」の解説の一部です。
「野生種」を含む「ダッタンソバ」の記事については、「ダッタンソバ」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 00:47 UTC 版)

ヤマザクラ」の記事における「野生種」の解説

基本種5種とその下位分類 ヤマザクラ山桜)- 本種 ツクシザクラ(筑紫筑紫山桜)- ヤマザクラはその下位分類変種ヤマザクラとツクシヤマザクラで構成されている。 オオシマザクラ大島桜) ウスガサネオオシマ(薄重大島)- 変種よりさらに下位分類品種サクラ シオカゼザクラ(潮風)- 変種よりさらに下位分類品種サクラ オオヤマザクラ大山桜蝦夷山桜紅山) ケエゾヤマザクラ(毛蝦夷山桜)- 変種よりさらに下位分類品種。 ハツユキザクラ(初雪)- 変種よりさらに下位分類品種で、オオヤマザクラ白色花型。 キリタチヤマザクラ(霧立山)- オオヤマザクラはその下位分類変種のオオヤヤマザクラとキリタチヤマザクラで構成されている。 カスミザクラ霞桜・毛山桜) アサギリザクラ(片丘桜) - 変種よりさらに下位分類品種で、カスミザクラ無毛型。 カタオカザクラ片丘桜) - 変種よりさらに下位分類品種で、カスミザクラ幼形開花型。ヤマザクラ戻ってしまうことが多い。 キビザクラ(吉備)- 変種よりさらに下位分類品種で、カスミザクラ遅咲き多毛型。 クマノザクラ熊野種間雑種 アカツキザクラ(暁桜・霞蝦夷山桜)- カスミザクラオオヤマザクラ種間雑種

※この「野生種」の解説は、「ヤマザクラ」の解説の一部です。
「野生種」を含む「ヤマザクラ」の記事については、「ヤマザクラ」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 21:10 UTC 版)

マメザクラ」の記事における「野生種」の解説

マメザクラ (豆桜) キンキマメザクラ(近畿豆桜)- マメザクラ変種 ブコウマメザクラ武甲豆桜)- マメザクラ変種 種間雑種 コヒガン小彼岸)系 - マメザクラ × エドヒガン種間雑種(C. × subhirtella)。コヒガンエドヒガンとされることもあるがこちらに掲載する。コシノヒガン・ホシザクラ・ヤブザクラがコヒガン品種 (form)とされる場合もある。コヒガン栽培品種についてはコヒガンエドヒガンページ記載

※この「野生種」の解説は、「マメザクラ」の解説の一部です。
「野生種」を含む「マメザクラ」の記事については、「マメザクラ」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 18:43 UTC 版)

チョウジザクラ」の記事における「野生種」の解説

チョウジサクラ(丁字桜メジロザクラ) - Cerasus apetala チョウジサクラ(丁字桜メジロザクラ) - Cerasus apetala var. tetsuyae H.Ohba 種 (species)の下位分類変種 (variety)としてのチョウジザクラ。 ミヤマチョウジザクラ(深山丁字桜) - Cerasus apetala var. apetala 種の下位分類変種深山型。中央アルプスから南アルプスにかけて分布するオクチョウジザクラ奥丁字桜) - Cerasus apetala var. pilosa (Koidz.) H.Ohba 種の下位分類変種種間雑種 オオミネザクラ(大峰) - Cerasus ×oneyamensis (Hayashi) H.Ohba nothovar. takasawana (H.Kubota & Funatsu) H.Ohba オクチョウジザクラオオヤマザクラ自然雑種。 チチブザクラ(秩父) - Cerasus ×chichibuensis (H.Kubota & Moriya) H.Ohba チョウジザクラエドヒガン自然雑種。 ニッコウザクラ(日光) - Cerasus ×tschonoskii (Koehne) H.Ohba チョウジザクラカスミザクラ自然雑種。 ナルサワザクラ(鳴沢) - Cerasus ×yanashimana (H.Kubota & Moriya) H.Ohba チョウジザクラヤマザクラ自然雑種。ハナイシザクラ(花石)を含む。

※この「野生種」の解説は、「チョウジザクラ」の解説の一部です。
「野生種」を含む「チョウジザクラ」の記事については、「チョウジザクラ」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 11:18 UTC 版)

アラビカコーヒーノキ」の記事における「野生種」の解説

アラビカコーヒーノキエチオピア中部から西部の山岳地帯における標高1000メートルから2500メートル雲霧林自生する現在の栽培種は、大部分17~18世紀エチオピア採取された少数の原木祖先をもつと言われている。現在では南スーダンボマ高原英語版)やケニアのマルサビット山(英語版)でも見られるが、これらがもともと野生のものであったのか人間持ち込んだものなのかはわかっていない。飲料として流通するコーヒーのうち大半は野生種ではなく栽培種であるが、コーヒー農家アラビカコーヒーノキ遺伝的多様性維持するために野生種を利用することもある。気候変動の影響このままはこうした野生種の育成適した環境66パーセント消失し最悪の場合野生種が絶滅する可能性もあるとする研究結果もある。

※この「野生種」の解説は、「アラビカコーヒーノキ」の解説の一部です。
「野生種」を含む「アラビカコーヒーノキ」の記事については、「アラビカコーヒーノキ」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:20 UTC 版)

アフリカツメガエル」の記事における「野生種」の解説

南アフリカ原産

※この「野生種」の解説は、「アフリカツメガエル」の解説の一部です。
「野生種」を含む「アフリカツメガエル」の記事については、「アフリカツメガエル」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 04:09 UTC 版)

エドヒガン」の記事における「野生種」の解説

基本種 エドヒガン江戸彼岸立彼岸東彼岸・婆彼岸種間雑種 モチヅキザクラ望月桜)- ヤマザクラとの種間雑種 ヤマモチヅキザクラ(山望月桜)- ヤマザクラとの種間雑種 コヒガン小彼岸)- マメザクラとの種間雑種ジュウガツザクラコシノヒガンなど多くの栽培品種がある。

※この「野生種」の解説は、「エドヒガン」の解説の一部です。
「野生種」を含む「エドヒガン」の記事については、「エドヒガン」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 15:46 UTC 版)

ウツボカズラ属」の記事における「野生種」の解説

ウツボカズラ靫葛) - N. rafflesiana 東南アジア平地に普通。斑紋のある壺を着ける。下の袋は丸っこいツボウツボカズラ(壷靫草) - N. ampullaria 同じく根本に丸い袋を密生する。袋のバリエーションが多く人気の高い種類温度湿度さえ維持できれば育てやすい。 ムラサキウツボカズラ N.maxima 同じく細長い袋にまだらが入る。 ナンヨウウツボカズラ(南洋靫草) - N.mirabillis 中国からオーストラリアにまで分布水辺生える。 ベントリコーサN.ventricosa フィリピン高地分布途中くびれた、ひれのない美しい壺を着ける。丈夫で育てやすい。 N. merrilliana 同じく最大級の袋を着ける。大きいものは長さ45cm達する。 トランカータ N. truncata フィリピンミンダナオ原産大型種最大級捕虫袋(50前後)を付ける。 オオウツボカズラ - N. rajah ボルネオ島高地分布ウツボカズラの王とも呼ばれ、前種と並んで巨大な袋を着ける。ボンネットのような持ったフットボールサイズの袋は圧巻部分から甘い汁出し、それをヤマツパイに舐めさせて、彼らの糞尿養分する事がある。 シビンウツボカズラ - N. lowii 同じく溲瓶型の袋を着ける。その特徴的な姿のため人気のある種類だが、暑さを嫌うためなかなか大きくすることは困難であるマダガスカルウツボカズラ マダガスカル産。 セーシェルウツボカズラ セーシェル諸島ツボウツボカズラ(壷靫草トランカータN.truncata

※この「野生種」の解説は、「ウツボカズラ属」の解説の一部です。
「野生種」を含む「ウツボカズラ属」の記事については、「ウツボカズラ属」の概要を参照ください。


野生種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 01:15 UTC 版)

カラスムギ属」の記事における「野生種」の解説

以下は野生のカラスムギ属の種である。穀物近くに生え、しかも穀物と形態や農薬耐性よく似ているため、厄介な雑草となっている。 Avena barbata - 細い。 Avena brevis - 丈が短い。 Avena fatua - カラスムギ。最も良く見られるものであるAvena maroccana Avena occidentalis Avena pubescens - 綿毛覆われているAvena pratensis - 牧草地生える。 Avena spicata Avena sterilis - 冬季生える。

※この「野生種」の解説は、「カラスムギ属」の解説の一部です。
「野生種」を含む「カラスムギ属」の記事については、「カラスムギ属」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「野生種」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「野生種」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



野生種と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野生種」の関連用語

野生種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野生種のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサイコバスターズ (改訂履歴)、ダッタンソバ (改訂履歴)、ヤマザクラ (改訂履歴)、マメザクラ (改訂履歴)、チョウジザクラ (改訂履歴)、アラビカコーヒーノキ (改訂履歴)、アフリカツメガエル (改訂履歴)、エドヒガン (改訂履歴)、ウツボカズラ属 (改訂履歴)、カラスムギ属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS