栽培種とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 栽培種の意味・解説 

栽培種


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/23 14:20 UTC 版)

ツルニンジン属」の記事における「栽培種」の解説

ヒカゲツルニンジン Codonopsis pilosula (Franch.) Nannf. -別名、マンサン、ヤマツルニンジン、党参トウサン Codonopsis tangshen Oliv. -別名、川党参

※この「栽培種」の解説は、「ツルニンジン属」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「ツルニンジン属」の記事については、「ツルニンジン属」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 03:06 UTC 版)

サイコバスターズ」の記事における「栽培種」の解説

実験によって無理矢理覚醒させられ、更にそれらで能力高め力を使える様になったサイキック能力開発為の薬物依存性高く効果一時的な場合が多い。薬物中毒になればパワーコントロールする為に必要な精神力失い能力破滅的暴走という危険を招く恐れがある覚醒電磁波などは下手すると脳腫瘍引き起こす麻耶・将・猛丸・冬子・塔夜がこれに該当する

※この「栽培種」の解説は、「サイコバスターズ」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「サイコバスターズ」の記事については、「サイコバスターズ」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 01:15 UTC 版)

カラスムギ属」の記事における「栽培種」の解説

カラスムギ属1つの種は穀物として世界中で広く栽培される他にも4つの種が、地域的に少量栽培されている。 Avena sativa - エンバク。6倍性種 (AACCDD, 2n=42) で重要な穀物として広く栽培されるオートOat)とも言われるAvena abyssinica - アビシニアオート。4倍性種 (AABB, 2n=28) 、穀物としてエチオピア高地栽培されている。雑草型で脱粒性顕著な A. vaviloviana がある。両種共通祖先野生種はスレンダーオート A. barbata (AABB) でエチオピア独自に栽培化されたものと考えられている。 Avena byzantina - 中東近東若干栽培されている。 Avena nuda - ハダカエンバクと呼ばれエチオピアにおけるA. abyssinicaと同様栽培されている。時にエンバク含められることもありエンバクヨーロッパ普及するまでは広く栽培されていた。エンバクよりも栄養価が高いため、近年、特に有機農業での栽培増加している。 Avena strigosa - セイヨウチャヒキとも呼ばれ西ヨーロッパブラジル飼料として栽培されている。

※この「栽培種」の解説は、「カラスムギ属」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「カラスムギ属」の記事については、「カラスムギ属」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/23 08:32 UTC 版)

フランスギク属」の記事における「栽培種」の解説

英名をox-eye daisyとよぶフランスギクは、暑さに弱いためか日本ではほとんど栽培されていないが、改良種マーガレットは、伊豆半島などを中心に温室栽培され、切り花として多く出荷されている。カンシロギク(クリサンセマム・パルドーサム) L. paludosum や交配種シャスタ・デイジー L. x superbum は、家庭用花壇用草花として普及している。 この項目は、植物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:植物Portal:植物)。

※この「栽培種」の解説は、「フランスギク属」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「フランスギク属」の記事については、「フランスギク属」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 17:14 UTC 版)

アラセイトウ属」の記事における「栽培種」の解説

次の2種栽培化されているアラセイトウ紫羅欄花Matthiola incana 英名 ガーデンストック (garden stock) ヨルザキアラセイトウ Matthiola longipetala (= Matthiola bicornis) 英名 ナイトセンテッドストック (night-scented stock)

※この「栽培種」の解説は、「アラセイトウ属」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「アラセイトウ属」の記事については、「アラセイトウ属」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/08 14:59 UTC 版)

アカザ科」の記事における「栽培種」の解説

食用の種にはキヌア、カニーワ(kañiwa, 英語版)、アカザ、グッド・キング・ヘンリー (Good King Henry, 英語版)、アリタソウエパソーテ)(以上Chenopodium spp.)、オラーチェ(Orache, 英語版、Atriplex)、ホウレンソウ (Spinacia oleracea)、そしてもっとも重要な作物Beta vulgaris から作出されたテンサイテーブルビート、マンゲルワーゼル(英語版)、フダンソウがある。 日本ではとんぶりホウキギ種子)やオカヒジキ食用にされる。

※この「栽培種」の解説は、「アカザ科」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「アカザ科」の記事については、「アカザ科」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 22:47 UTC 版)

ヘーゼルナッツ」の記事における「栽培種」の解説

現在の栽培種は主にセイヨウハシバミCorylus avellana、コモンヘーゼル)である。中央アジアでの栽培盛んで日本輸入されるものではその95%がトルコ産である。イタリア日本国内長野県)でも栽培されている。苗木植えて3年程度が実がなりはじめ、約10年成木になる。自然落下した実を収穫すればよく、病気にも強いため、草刈りなどを除けば手間少ない。 一部は、セイヨウハシバミとムラサキセイヨウハシバミ(Corylus maxima、フィルバート)の雑種である。

※この「栽培種」の解説は、「ヘーゼルナッツ」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「ヘーゼルナッツ」の記事については、「ヘーゼルナッツ」の概要を参照ください。


栽培種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/30 14:39 UTC 版)

コンゴ民主共和国におけるコーヒー生産」の記事における「栽培種」の解説

多くの品種コーヒー栽培されているが、イシロ、ウバンギ州、ウェレ州、キブ州カサイ州コンゴ中央州などの北東部ではロブスタ種主力となっている。キブ州イトゥリ州標高が高い地域ではアラビカ種栽培されている。アラビカ種全体生産量5分の1占めている。

※この「栽培種」の解説は、「コンゴ民主共和国におけるコーヒー生産」の解説の一部です。
「栽培種」を含む「コンゴ民主共和国におけるコーヒー生産」の記事については、「コンゴ民主共和国におけるコーヒー生産」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「栽培種」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「栽培種」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「栽培種」の関連用語

栽培種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



栽培種のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツルニンジン属 (改訂履歴)、サイコバスターズ (改訂履歴)、カラスムギ属 (改訂履歴)、フランスギク属 (改訂履歴)、アラセイトウ属 (改訂履歴)、アカザ科 (改訂履歴)、ヘーゼルナッツ (改訂履歴)、コンゴ民主共和国におけるコーヒー生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS