目覚めとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 目覚めの意味・解説 

め‐ざめ【目覚め】

読み方:めざめ

眠りから覚めること。「快い―」

ひそんでいたもの働きだすこと。「自我の―」

本心立ち返ること。「良心の―」


目覚め

読み方:めざめ

マ行下一段活用動詞目覚める」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

目覚め

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

目覚め

作者アーサー・C.クラーク

収載図書明日にとどく
出版社早川書房
刊行年月1986.4
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


目覚め

作者ケイト・ショパン

収載図書目覚め
出版社荒地出版社
刊行年月1995.11

収載図書目覚め
出版社南雲堂
刊行年月1999.7


目覚め

作者泉琢麿

収載図書オロムシ物語
出版社西田書店
刊行年月1996.10


目覚め

作者かわらや源三

収載図書かわらや源三商店
出版社新風舎
刊行年月2005.10


めざめ

(目覚め から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 17:40 UTC 版)

めざめ目覚め




「めざめ」の続きの解説一覧

目覚め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/17 02:04 UTC 版)

ハウス・オブ・M」の記事における「目覚め」の解説

ウルヴァリンレジスタンスたちはサイクロプススパイダーマンシャドウキャットドクター・ストレンジアイアンマンシー・ハルクデアデビルローグミスティークナイトクローラートードスパイダーウーマンを含む多くのヒーローたち記憶呼び起こす元の世界自分死んだ知ったホークアイ姿を消した。そして一同マグニートー決着をつけるためにジェノーシャへと向かう。 ジェノーシャではマグニートー記念行事為に世界各国から代表者招待しており、そこへヒーローたち攻撃を仕掛けるその一方クロークエマ・フロストドクター・ストレンジ、レイラ・ミラーがエグゼビア捜していた。彼らは、エグゼビアの名前が彫られた墓石見つけクロークその下に潜って身体探すが、何も見つからなかった。

※この「目覚め」の解説は、「ハウス・オブ・M」の解説の一部です。
「目覚め」を含む「ハウス・オブ・M」の記事については、「ハウス・オブ・M」の概要を参照ください。


目覚め(The Awakening)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 02:22 UTC 版)

明日にとどく」の記事における「目覚め(The Awakening)」の解説

人類恒星間飛行するのを見たい思った男がいた。男は人工冬眠装置付けた宇宙船造り、自らを太陽から遠く離れた軌道打ち上げた何十万年過ぎてから、男は目覚めた地球には海がなくなり、月もなくなって代わりに輪があった。着陸した男を迎えたのは、人類ではなかった。

※この「目覚め(The Awakening)」の解説は、「明日にとどく」の解説の一部です。
「目覚め(The Awakening)」を含む「明日にとどく」の記事については、「明日にとどく」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「目覚め」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「目覚め」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目覚め」の関連用語

目覚めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目覚めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのめざめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハウス・オブ・M (改訂履歴)、明日にとどく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS