挿し木とは?

さし‐き【挿(し)木】

[名](スル)植物の切り取って地中挿し込み、根を出させて新株を得る方法。《 春》「—して我に後なき思ひかな/虚子

挿し木の画像

さし‐き【挿木】

〔名〕 果樹花木などの切り取り下端を土や砂などにさしこんで根を出させて、新株をつくること。また、その法。春挿し・夏挿し・秋挿しがある。《季・春

狂歌吾吟我集(1649)二「つくと見しさし木の花のちりぬるは箱根うつ木の釘はなれかも」

俳諧曠野(1689)二「つきたかと児のぬき見るさし木哉〈舟泉〉」


さしき 插し木

繁殖目的栄養器官、根)の一部を插し木床に插し、根や分化させ、独立した個体を得る栄養繁殖一方法。草木類の插し木は、插し芽という。葉插し芽插し根插しなどがある。

さしき【挿し木】

繁殖法の一種植物体の一部枝・葉・根)を土などに挿し発根させ、独立した新し個体作ること。比較的簡単な繁殖法であり、太り早く得られる。また、実生と違って親木(親)の性質受け継ぐという特徴もある。挿すもの()を挿し穂呼び、土の方を挿し床と呼ぶ。


挿し木

樹木宿根草をふやす方法のひとつ。親株から挿し穂)や切り取って、その下端を土に挿し発根させて新し作る草花場合挿し芽ともいう。

挿し木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:12 UTC 版)

挿し木(さしき)は、広義には植物を兼ね備えない一部分を切り取り、そこから茎と根を具備した独立個体の植物に仕立てる無性繁殖法[1]


  1. ^ a b c d e f g h 森下義郎. “さし木の腐敗とその防止および回避”. 林業試験場研究報告 第165号. 2021年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 古代ギリシャ、ローマおよび中国における果樹の挿木、取木、接木の実施とそれらの発祥に関する考察”. 北海道教育大学釧路校ESD推進センター. 2021年9月1日閲覧。
  3. ^ 挿し木で増やす身近なみどり”. 長野県. 2021年9月1日閲覧。


「挿し木」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「挿し木」の関連用語

挿し木のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



挿し木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
盆栽用語集盆栽用語集
Copyright 2021, Kindai Shuppan co.,ltd.
近代出版盆栽用語集
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挿し木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS