菊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > の意味・解説 

きく【菊】

読み方:きく

常用漢字] [音]キク(呉)(漢)

植物の名キク。「菊花寒菊観菊残菊白菊(しらぎく)・野菊(のぎく)・乱菊除虫菊

名のり]あき・ひ


きく【菊】

読み方:きく

キク科多年草日本の代表的な花の一。主に秋に咲き花の色・形などにより、非常に多くの品種があり、大きさより大菊・中菊小菊大別される古く中国から渡来したとされ、江戸時代には改良進んだ観賞用に広く栽培され食用にもなる。《 秋》「わがいのち―にむかひてしづかなる/秋桜子

キク科キク属多年草総称硬く卵形多くの切れ込みがある。秋、白または黄色頭状花が咲く。ハマギク・リュウノウギク・イソギクなども含まれるキク科植物双子葉植物では最も進化分化しており、世界広く分布。約950属2万種知られ、キク・タンポポ・ヨモギ・アザミなどの属が含まれる多年草が多いが一年草高木もある。花は頭状花序をつくり、合弁花で、管状花舌状花との二形がある。(がく)は変形して冠毛となる。

襲(かさね)の色目の名。表が白、裏が紫または蘇芳(すおう)のものをいう陰暦9、10月着用する菊襲(きくがさね)。

紋所の名。菊の花などを図案化したもの皇室一六八重表菊のほか種類が多い

菊の花のような形をしたひも菊形菊花形。

[補説] 作品名別項。→菊

菊の画像
菊の紋所一つ「十菊」
菊の画像
菊の紋所一つ十六菊」
菊の画像 菊の画像
菊の紋所一つ有栖川菊」
菊の画像
菊の紋所一つ実相院菊」
菊の画像
菊の紋所一つ閑院菊」
菊の画像
菊の紋所一つ十六重ね菊」
菊の画像
菊の紋所一つ十六鬼菊」
菊の画像
菊の紋所一つ三つ割り菊」
菊の画像
菊の紋所一つ三つ寄せ
菊の画像
菊の紋所一つ木戸菊」
菊の画像
菊の紋所一つ杏葉菊」
菊の画像
(2)

きく【菊】


レクオーナ:菊

英語表記/番号出版情報
レクオーナ:菊Crisantemo

作者内田百閒

収載図書旅順入城式
出版社福武書店
刊行年月1994.3
シリーズ名福武文庫


作者ジョン・スタインベック

収載図書人情ばなし
出版社筑摩書房
刊行年月1994.11
シリーズ名新・ちくま文学


作者井上靖

収載図書井上靖全集 第6巻 短篇 6
出版社新潮社
刊行年月1995.10


作者山川方夫

収載図書山川方夫全集 4 愛のごとく
出版社筑摩書房
刊行年月2000.5


作者山尾悠子

収載図書山尾悠子作品集
出版社国書刊行会
刊行年月2000.6


作者テイッパン・マウン・ワ

収載図書変わりゆくのはこの世ことわり―マウン・ルーエイ物語
出版社てらいんく
刊行年月2001.3


作者寒川靖子

収載図書終章
出版社寒川靖子
刊行年月2008.5
シリーズ名寒川靖子創作


作者浜崎勢津子

収載図書帰宅
出版社マルニ
刊行年月2008.8


アメリカぎく (菊)

Boltonia asteroides

Boltonia asteroides

アメリカ東部原産です。湿った草原湿地河岸などに生え、高さは1.51.8メートルになります線形から披針形で、緑灰色しています9月から10月ごろ、白色ピンク藤色紫色などの「アスター」似た花を咲かせます。別名で「ボルドーギク(菊)」とも呼ばれます
キク科ボルトニア属の多年草で、学名Boltonia asteroides。英名は Boltonia, False aster

きく (菊)

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

ふつうに「きく」といえばキク科キク属植物ですが、世界で200種ほどありますこのうちわが国自生する「のぎく(野菊)」は20種ほどで、観賞用に育てられているのは、ほとんどが「いえぎく(家菊)」と呼ばれるものですわが国へは、古い時代朝鮮経由して渡来しましたが、もともとは薬用植物でした。また「菊」という漢字にほかの読み方がないのは、専門用語として使われていたためだそうです頭花大きさによって、直径18センチ以上の大菊、9~18センチ中菊、それに9センチ未満小菊分類されます。写真はすべて小菊です。
キク科キク属多年草で、学名Chrysanthemum grandiflorum。英名は Chrysanthemum


読み方:きく

  1. 花言赤紅は愛の意、白は真実の意、黄は淡き恋の意。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:キクkiku

キク科の花の総称

季節

分類 植物


読み方
きく

キク

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 09:48 UTC 版)

キク)は、キク科キク属植物。ここでは、狭義のキク(家菊(イエギク)、栽培菊(栽培ギク))について詳述する。


  1. ^ 菊まつり・花の名所案内 2013年6月10日閲覧。
  2. ^ 「菊にまつわるお話」 同志社女子大学・教員によるコラム 2015年8月31日
  3. ^ 高澤等著『家紋の事典』東京堂出版 2008年
  4. ^ 塚本洋太郎「キクの文化史」(『週刊朝日百科植物の世界』8)、226頁。
  5. ^ a b 塚本洋太郎「キクの文化史」228頁。
  6. ^ 斎藤正二「菊と日本人」(『週刊朝日百科植物の世界』8)、254頁。
  7. ^ 横井政人「キクの園芸品種」(『週刊朝日百科植物の世界』8)、226頁。
  8. ^ 「心あてに折らばやをらむ初霜のおき惑わせる白菊の花」(凡河内躬恒 - 小倉百人一首 第29番)。
  9. ^ 菊の歴史 小田原市
  10. ^ (研究成果) 「青いキク」が誕生 | 農研機構” (日本語). www.naro.affrc.go.jp. 2020年4月17日閲覧。
  11. ^ Noda, Naonobu; Yoshioka, Satoshi; Kishimoto, Sanae; Nakayama, Masayoshi; Douzono, Mitsuru; Tanaka, Yoshikazu; Aida, Ryutaro (2017-07-01). “Generation of blue chrysanthemums by anthocyanin B-ring hydroxylation and glucosylation and its coloration mechanism” (英語). Science Advances 3 (7): e1602785. doi:10.1126/sciadv.1602785. ISSN 2375-2548. https://advances.sciencemag.org/content/3/7/e1602785. 
  12. ^ 塚本洋太郎「キクの文化史」228-229頁。



菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/19 16:15 UTC 版)

数えずの井戸」の記事における「菊(きく)」の解説

18歳過ぎた町娘。ひと際に聡明だが先を読みすぎて動けなくなってしまうため、自分莫迦だと思っている器量良しでもある自覚がないため、奉公先色々な問題に巻き込まれてすぐに解雇されてしまう。今回勤め先主人に手を出されかけ、又市働きで免れたものの職を失い十太夫勧め青山屋敷女中奉公することになる。

※この「菊(きく)」の解説は、「数えずの井戸」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「数えずの井戸」の記事については、「数えずの井戸」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/22 15:33 UTC 版)

古着屋総兵衛影始末」の記事における「菊」解説

本庄勝寛の妻。

※この「菊」の解説は、「古着屋総兵衛影始末」の解説の一部です。
「菊」を含む「古着屋総兵衛影始末」の記事については、「古着屋総兵衛影始末」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:37 UTC 版)

腕 -駿河城御前試合-」の記事における「菊(きく)」の解説

佐伯修次郎恋人

※この「菊(きく)」の解説は、「腕 -駿河城御前試合-」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「腕 -駿河城御前試合-」の記事については、「腕 -駿河城御前試合-」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 13:48 UTC 版)

ダス・ゲマイネ」の記事における「菊(きく)」の解説

上野公園内の甘酒屋で働く17歳店員佐野次郎馬場数馬からは「菊ちゃん」と呼ばれている。佐野次郎初恋をした娼婦の顔に似ており、佐野次郎甘酒屋に通うきっかけ作った女性佐竹六郎が菊の手握りしめた描写見られることから佐竹六郎気にかけている様子があるが、馬場数馬によると佐野次郎恋心抱いているとされている

※この「菊(きく)」の解説は、「ダス・ゲマイネ」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「ダス・ゲマイネ」の記事については、「ダス・ゲマイネ」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 01:13 UTC 版)

ローゼンメイデンの登場人物一覧」の記事における「菊(きく)」の解説

ローゼンメイデン0 -ゼロ-』の主人公。結家のお屋敷住み込みで働く女中。童顔和装の姉。翠星石契約者

※この「菊(きく)」の解説は、「ローゼンメイデンの登場人物一覧」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「ローゼンメイデンの登場人物一覧」の記事については、「ローゼンメイデンの登場人物一覧」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 09:25 UTC 版)

サムライガン」の記事における「菊(きく)」の解説

技術部所属する女性メンバーかつては見世物小屋歌姫として捨吉ピアノ演奏を受けて歌を披露していたが、美し容貌と声から幕府腐敗した治安組織狙われ、さらに捨吉関わったことで幕府密偵人質とされた。

※この「菊(きく)」の解説は、「サムライガン」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「サムライガン」の記事については、「サムライガン」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 05:04 UTC 版)

一清&千沙姫シリーズ」の記事における「菊(きく)」の解説

一清が赤子の頃に保護した女の子金山地脈を見る地脈であった吉佐養女で、彼の知識引き継いでいる。命名に関しては腕に菊かゼニゴケのように見える痣があったことから、一清が「菊ちゃん」か「ゼニゴケちゃん」にしようと言い出し吉佐によって菊に決まったという経緯がある。実は15年前に滅びた大名榊家の子で、それが安住に彼女を人質とする口実となってしまう。一清は苦渋の末、彼女を殺すこと決断するが、千沙の「わがまま」によって命を救われている。シリーズ終盤でも重要な役回り再登場した。余計な一言多く周りから突っ込まれていた。

※この「菊(きく)」の解説は、「一清&千沙姫シリーズ」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「一清&千沙姫シリーズ」の記事については、「一清&千沙姫シリーズ」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:10 UTC 版)

五等分の花嫁」の記事における「菊(きく)」の解説

社長一人娘ジト目三つ編み特徴的

※この「菊(きく)」の解説は、「五等分の花嫁」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「五等分の花嫁」の記事については、「五等分の花嫁」の概要を参照ください。


菊(きく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:13 UTC 版)

風林火山 (NHK大河ドラマ)」の記事における「菊(きく)」の解説

晴信の次女生母三条夫人

※この「菊(きく)」の解説は、「風林火山 (NHK大河ドラマ)」の解説の一部です。
「菊(きく)」を含む「風林火山 (NHK大河ドラマ)」の記事については、「風林火山 (NHK大河ドラマ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「菊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 09:01 UTC 版)

発音(?)

名詞

(きく)

  1. キク科キク属植物で、一般的には秋季多弁花を咲かせる天皇家の紋章となり、日本国国章替えられる
  2. 古典日本語)襲の色目一つ陰暦九月着用し、表は白、裏は蘇芳

発音(?)

二拍名詞三類

現代東京式アクセント
↗く
現代京阪式アクセント
き↘く
平安時代
↘きく
南北朝時代以降(古語)
き↘く

翻訳

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「菊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



菊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菊」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



菊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの数えずの井戸 (改訂履歴)、古着屋総兵衛影始末 (改訂履歴)、腕 -駿河城御前試合- (改訂履歴)、ダス・ゲマイネ (改訂履歴)、ローゼンメイデンの登場人物一覧 (改訂履歴)、サムライガン (改訂履歴)、一清&千沙姫シリーズ (改訂履歴)、五等分の花嫁 (改訂履歴)、風林火山 (NHK大河ドラマ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS