きくとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 一句 > きくの意味・解説 

聞くと聴くの意味の違い・使い方の解説

読み方:きく

聞く」と「聴く」の意味の違いは、音を認識する時の意識仕方あります自然に音が耳に入ってくる場合は「聞く」を使用しますが、音や、音が持つ意味を認識しようと注意して耳を傾ける場合は 「聴く」を使用します。「聞く」「聴くどちらも「きく」と読みます。

類語国語辞典』(角川書店)では、「聞く」と「聴く」の違い下記のように記しています。

“「聞く」は、音や声を耳に感じ認める意、「聴く」は、聞こえるものの内容理解しようと思って進んできく意である。”

聞く」「聴く」の他にも、「訊く(きく)」という言葉ありますが、これは、相手に何かを尋ね答え求め場合使用します。

字義から理解する「聞く」と「聴く」の意味の違い

聞く」という言葉含まれる「聞」という漢字は、「門」と「耳」が組み合わさった会意兼形声文字です。「両開きの扉」の象形と、「耳」の象形組み合わさっていて、「音が自然と耳に入ってくる」ことを意味します。

一方、「聴く」という言葉含まれる「聴」という漢字は、「耳」の象形と「階段」の象形、「まっすぐな心」を示す象形組み合わさった会意形成文字です。「階段」の象形は「突き出る」という意味を指すことから、「耳を突き出して、まっすぐな心でよくきく」ことを意味します。

つまり「聴く」とは、音や、音が持つ意味を認識しようと注意して耳を傾けることを意味します。

■「聞く」と「聴く」の使い分け

聞く」と「聴く」は、音を認識する時の意識仕方によって使い分けましょう

たとえば、意識せずに何か音楽自然と耳に入ってきた場合は「聞く」を使用しますが、音や、音が持つ意味を認識しようと注意して耳を傾ける場合は「聴く」を使用することが適切です。

ラジオをきく」「意見をきく」といったシーンでは、「聞く」「聴く両方使用できますが、音を認識するときの意識仕方によって使い分けていくことが適切です。

■「聞く」の使用
・街を歩いていると、懐かし音楽聞こえてきた。
年を取るにつれて、耳が悪くなって聞こえづらくなっている。
聞きくもない噂話聞いてしまった。
・聞いた? 隣の部署部長会社辞めるんだって

■「聴く」の使用
・人の話を、ちゃんと聴ける人はすごいと思う。
音楽を、歌詞までちゃんと味わって聴くことは、とても素晴らしい。
彼氏が私の話を聴いてきれないのは悲しいことだ。
・好きなアーティスト表現対す思いを、明日トークイベントしっかりと聴くんだ。
明日は苦手な英語のリスニングテストだから、何度も繰り返し例文を聴いておさらいをした。

ビジネス使用する場合
ビジネスシーンでの使用について、イントランスHRMソリューションズ代表取締役社長竹村 孝宏さんは、下記のように述べています。

傾聴とは、相手の話に耳を傾け、熱心に聴くことです。本来、カウンセリングなどに使われるテクニックで、相手本当話したいことを引き出し共感することが目的です。

相手話し言葉の意味理解するだけではなく表情や声トーンなどにも注意して、相手気持ち寄り添いながら聴くことです。ビジネスシーンでは、相手気持ち寄り添うことで、より適切な提案をしたり、効率的問題解決に導いたりすることができます。”
参考https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00703/00016/)

ビジネスシーンでは、チームメンバーや取引先などコミュニケーションする場面が多いので、より丁寧に相手向き合うことを示す「聴く姿勢の方が好ましいと言えます。 

き・く【利く/効く】

[動カ五(四)

効果働きなどが現れる期待どおりのよい結果実現する。効き目がある。「てきめんに—・く」「宣伝が—・いて大評判だ」「腹部へのパンチが—・く」

本来の機能を十分に発揮する。機敏に、また、さかんに活動する。「鼻が—・く」「麻痺(まひ)して手足が—・かない」

それをすることが可能である。できる。「洗濯の—・く生地」「無理の—・かないからだ」「学割が—・く」

多く口を利く」の形で)

言葉発する物を言う。「生意気な口を—・く」「口も—・かない仲」

㋑間に入って、うまくいくように世話してやる。まとまるように話をつける。「取引先に口を—・いてやる」

技能すぐれている腕が立つ

日頃—・いたる口三味線太鼓持ちとなれり」〈浮・永代蔵・五〉

[補説] ふつう、1は「効く」、23は「利く」と書く。

[下接句] 大きな口を利く押さえが利く押しが利く・顔が利く・気が利く小口を利く・潰(つぶ)しがきく・睨(にら)みが利く・鼻が利く幅が利く目が利く目先が利く目端(めはし)が利く・山葵(わさび)が利く


き‐く【危×懼】

[名](スル)危惧(きぐ)」に同じ。「成り行きを危懼する気持ちが強い」


き‐く【喜×懼】

[名](スル)喜びながら、一方で恐れること。喜び恐れ。「人間小事にも喜懼するものだ」


き‐く【奇句】

人が言い及ばないような奇抜な句。


き‐く【×嶇】

【一】[名](スル)険しいこと。容易でないこと。また、辛苦すること。

万里に流飄(りゅうひょう)し重阻に—す」〈東海散士佳人之奇遇

【二】ト・タル[文]形動タリ

山道険しいさま。「崎嶇たる山路

世渡り厳しく困難なさま。

轗軻(かんか)—たる人生の行路に遭いて」〈透谷二宮尊徳翁〉


きく【×掬】

人名用漢字] [音]キク(漢) [訓]すくう むすぶ

をすくう。「掬一掬


き・く【聞く/聴く】

[動カ五(四)

音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。「物音を—・く」「見るもの—・くものすべてが珍しい」「鳥の声も—・かれない」

聴く注意して耳にとめる。耳を傾ける。「名曲を—・く」「有権者の声を—・く」

話を情報として受け入れる。「—・くところによると」「君の評判あちこちで—・いた」

人の意見要求などを了承し、受け入れる。「親の言いつけをよく—・く」「今度ばかりは彼の頼みを—・いてやってほしい」

(「訊く」とも書く)尋ねる。問う。「道を—・く」「自分の胸に—・け」「彼の都合を—・いてみる」

感覚働かせ識別する。

㋐(聞く)においのよしあしや種類を鼻で感じ取る。においをかぐ。「香(こう)を—・く」

㋑(「利く」とも書く)酒の味のよしあし種類を舌で感じ取る味わい試す。「酒を—・く」

当て試してみる。「板の厚さに—・いて釘を打つ

釣りで、当たりの有無確かめるために、仕掛けを引いたり軽く竿を上げたりしてようすをみる

[可能] きける

[下接句] 音に聞く香(こう)を聞く言承(ことう)け良しの異見(いけん)聞かず・天は高きに居(お)って卑(ひく)きに聴く仲人口(なこうどぐち)は半分に聞け・胸に聞く


きく【菊】

常用漢字] [音]キク(呉)(漢)

植物の名。キク。「菊花寒菊観菊残菊白菊(しらぎく)・野菊(のぎく)・乱菊除虫菊

名のり]あき・ひ


きく【菊】

キク科多年草日本代表的な花の一。主に秋に咲き花の色・形などにより、非常に多く品種があり、大きさにより大菊中菊小菊大別される。古く中国から渡来したとされ、江戸時代には改良が進んだ。観賞用に広く栽培され、食用にもなる。《 秋》「わがいのち—にむかひてしづかなる/秋桜子

キク科キク属多年草総称硬く卵形多く切れ込みがある。秋、白または黄色頭状花が咲く。ハマギク・リュウノウギク・イソギクなども含まれるキク科植物双子葉植物では最も進化分化しており、世界広く分布。約950属2万種が知られ、キク・タンポポ・ヨモギ・アザミなどの属が含まれる多年草が多いが一年草高木もある。花は頭状花序をつくり、合弁花で、管状花舌状花との二形がある。(がく)は変形して冠毛となる。

襲(かさね)の色目の名。表が白、裏が紫または蘇芳(すおう)のものをいう陰暦9、10月着用する。菊襲(きくがさね)。

紋所の名。菊の花などを図案化したもの皇室一六八重表菊のほか種類が多い。

菊の花のような形をしたひも菊形菊花形。

[補説] 作品別項。→菊

菊の画像
菊の紋所一つ「十菊」
菊の画像
菊の紋所一つ十六菊
菊の画像 菊の画像
菊の紋所一つ有栖川菊」
菊の画像
菊の紋所一つ実相院菊」
菊の画像
菊の紋所一つ閑院菊」
菊の画像
菊の紋所一つ十六重ね菊」
菊の画像
菊の紋所一つ十六鬼菊」
菊の画像 菊の画像 菊の画像
菊の紋所一つ木戸菊」
菊の画像
菊の紋所一つ杏葉菊
菊の画像
(2)

きく【菊】


き‐く【規×矩】

コンパスさしがね。転じて、寸法や形。

考えや行動の規準とするもの。手本規則

詩歌といい、舞踏といい、皆それぞれに—をそなえて」〈逍遥小説神髄

規矩術」の略。


き‐く【起句】

漢詩の第1句。特に、絶句の第1句。起(き)。→起承転結(きしょうてんけつ)

詩文書き出しの句。


きく【×鞠】

人名用漢字] [音]キク(漢) [訓]まり

[一]キク

まり。「蹴鞠(しゅうきく)」

身を丸くかがめる。「鞠躬如(きっきゅうじょ)」

事に育てる。「鞠育

(「鞫(きく)」と通用罪人取り調べる。「鞠訊(きくじん)・鞠問

[二]〈まり〉「手鞠

名のり]つぐ・みつ


きく【×麹】

[音]キク(漢) [訓]こうじ

こうじ。「麹塵(きくじん)」

酒。「麹君・麹車」


き・く【利・効】

1 〔自カ五(四)

① その能力はたらきが十分発揮される。よく働く。すばやく活動する。器用に動く。

栄花(1028‐92頃)根合「『あはれきき給へる口かな』と、上達部殿上人ほめ申給ふ

名語記(1275)六「鞭をとりて馬をうつこと右はききたるよし也」

効能働き現われる。ききめがある

能因本(10C終)一六二「すぐろく打つに、敵(かたき)の采(さい)ききたる」

今年竹191927)〈里見弴〉出来心芥子利い大根おろしと生とをそへて」

物事通じている。する事がじょうずである。

花鏡(1424)比判之事「目ききばかりにて能を知らぬ人もあり。能をば知れども、目のきかぬもあり」

浮世草子日本永代蔵(1688)五「宮口半内と云(いふ)男は、小刀細工ききければ」

④ することが可能である。できる。「無理がきく」 〔日葡辞書(1603‐04)〕

断橋(1911)〈岩野泡鳴〉九「汽車の利(キ)くところでないから」

(5) 相場騰落が、商品値段反映する。特に値上がり場合にいう。

浮世草子傾城色三味線(1701)京「江戸大坂にきくべき物を、見立聞たて買廻しよく店(たな)にくだし」

2 〔他カ五(四)〕 (「口をきく」の形で)

ものを言う

仲介する。


き‐く【危懼】

〔名〕 危険だと思って、恐れること。不安心気がかり危惧(きぐ)。

続日本紀天平九年(737四月戊午「承聞官軍。不危懼

明治月刊1868)〈大阪府編〉五「牝鼠は未た人に慣れず、大に危懼の色あり」


き‐く【喜懼】

〔名〕 一方で喜びながら、他方では恐れること。喜び恐れ

本朝文粋(1060頃)一四・村上天皇為母后四十九日御願文〈大江朝綱〉「独歎喜懼之交一レ懐」


き‐く【奇句】

〔名〕 普通とは違った珍しい句。奇抜表現の句。

江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲六下「『腹痛苦しき中に明鴉』といふ奇句(キク)を辞世として」


き‐く【崎嶇】

〔名〕 (形動タリ

山路などがけわしいこと。凹凸はなはだしいさま。

田氏家集(892頃)中・和藤進客中雪見寄「関左崎嶇膺帝難

読本唐錦(1780)二「崎嶇(キク)(〈注〉ケハシキ)たる山路をこけまろびて馳けるに」

人の世の容易でないこと。辛苦のさま。

菅家文草900頃)二・苦熱「况行世路甚崎嶇」

如是我証(1906)〈綱島梁川〉「分け登る人生一路、常に崎嶇たり」


き・く【聞・聴】

〔他カ五(四)

① 音、声、言葉などを耳に感じとる。耳にする。

万葉(8C後)一八・四〇八九鳴くほととぎす〈略〉夜渡し伎気(キケ)ど 伎久(キク)ごとに」

古今(905‐914)仮名序「花に鳴くうぐひすにすむかはづの声をきけば」

② 音や言葉を耳にして、その内容を知る、そうだろうと思う。また、言伝え、うわさなどを耳にする。

古事記(712)下・歌謡「そらみつ 大和の国に 雁(かり)卵産(こむ)と いまだ岐加(キカ)ず」

徒然草1331頃)一一二「明日遠国おもむくべしときかん人に」

③ 人の言葉に従う。承知する聞き入れる

万葉(8C後)三・三六九「もののふの臣(おみ)の壮士(をとこ)は大君の任(まけ)のまにまに聞(きく)といふものそ」

*竹取(9C末‐10C初)「是を聞て、ましてかくや姫きくべくもあらず

(10C終)八七「それを制して、きかざらん者をば申せ」

④ (答えを耳に入れようとして)人に尋ねる。考え気持などを問う。

源氏100114頃)夕顔「君も今更にもらさじとしのび給へば、若君の上をだにえきかず」

方丈記1212)「おのづから、事の便りに都をきけば」

はやり唄(1902)〈小杉天外〉九「貴女だって、良心に問(キ)いたら能く解るでせう」

(5) 是非を判断する。判断して処置する。

ささめごと(1463‐64頃)下「我が句を面白作るよりも、聞(きく)は遙かにいたりがたしといへり」

読史余論(1712)一「此御代には院にて政をきかせ玉へば」

(6) (「聞香」の訓読みからか) においをかぐ。

名語記(1275)六「鼻に香をかぐもこのきく、同事也。聞香とかかれたり

浄瑠璃浦島年代記(1722)二「盃も手にとらじと、思ひ切ても酒の香きけば前後忘るる」

(7) (酒を)味わってみる。味を試し違いを知る。

*虎寛本狂言伯母が酒室町末‐近世初)「能い酒かあしい酒か私がきいて見ずは成ますまい程に

(8) 当て試みる。釣り合いを見る。「板の厚さにきいて釘を打つ


きく【菊】

〔名〕 (「きく」は菊の字音)

キク科キク属植物の総称多年草で、下部木質化する。互生卵形で縁は欠刻し、その間にさらに切れ込みがあり先端はとがる茎頂管状花舌状花から成る頭花をつける。日本には、二十数種が野生し、その他に多数園芸品種がある。観賞用に栽培されるほか、料理用や薬用にも用いられ、リュウノウギクイソギクシュンギクマーガレット除虫菊などがある。中国では不老長寿の効ありとされ、日本には奈良時代渡来したようであるが、日本著しく品種改良を見、近世には、多数品種現われた。薬用食用観賞切り花装飾などと用途広く詩文絵画文様工芸などの題材となることも多い。皇室紋章使用され、日本の国花ともされている。隠君子延年延寿客。東籬客(とうりかく)。いえぎく。あきのはないなでぐさちぎりぐさかたみぐさよわいぐさももよぐさ。《季・秋

懐風藻751晩秋於長王宅宴〈田中浄足〉「水底戯。巖前菊気芳」

古今(905‐914)恋二・五六四「わがやどのきくのかきねにおく消えかへりてぞ恋しかりける〈紀友則〉」〔陶潜飲酒詩・其五〕

② 襲(かさね)の色目。男の直衣(のうし)、狩衣(かりぎぬ)、下襲(したがさね)、女の唐衣(からぎぬ)、袿(うちぎ)などの表裏の色の配合の名称。表が白、裏が蘇芳(すおう)のものをいう異説に、裏は青とも紫ともいう。陰暦九、一〇月に着用する。また、菊は葉菊、莟菊(つぼみぎく)、白菊黄菊移菊(うつろいぎく)、紅菊(くれないぎく)などの総名ともいう(歴世服飾考(1893))菊襲(きくがさね)。

紫式部日記1010頃か)寛弘五年一〇月一六日表着(うはぎ)は菊の五重(いつへ)、掻練くれなゐ

③ =きくがさね菊襲)②

更級日記(1059頃)「きくのこくうすき八つばかりに、こき掻練をうへに着たり」

文様の名。菊の花などの形を用い模様

宇津保(970‐999頃)俊蔭「赤朽葉に花ふれうの小袿、きくの摺裳

(5) 紋所の名。菊の花図案化した紋章十六菊菊菱、十菊、抱き菊のなどの種類があり、特に、皇室紋章十六八重表菊、宮家共通の紋章十四葉一裏菊

十六菊@十菊@菊菱@抱き菊の葉の画像

増鏡(1368‐76頃)一〇「女院は、院の上一つ御車に、きくの網代庇(あじろびさし)にたてまつる

(6) 菊の花のような形をしたひもの乳(ち)。菊形菊花形。

讚岐典侍(1108頃)下「織物三重几帳に菊を結びなどして」

(7) 肛門(こうもん)の異称。そのさまが、菊花思わせるところからいう。とくに男色(なんしょく)に関していう場合が多い。鶏姦(けいかん)の対象としての肛門菊の花菊座牛蒡(ごぼう)の切り口

雑俳笠付類題集(1834)「うつ向て・菊の案内する小姓

(8)きくわた菊腸)」の略。

(9) 花ガルタ九月。菊にさかずきの一〇点一枚菊に青短冊の五点札一枚、菊の一点二枚がある。

(10) 京阪青物市場で使われる符丁で「九」のこと。九月菊月というところからきたもの。

(11) 香木の名。百二十種名香の一つ。〔類聚名物考(1780頃)〕


き‐く【規矩】

〔名〕

コンパスさしがね。転じて、寸法や形。

清原国賢書写本荘子抄(1530)三「規矩は、円する者は分廻しするぞ。四方にするは金ぞ」

動作などが規則正しく行なわれること。

本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒大江挙周〉「博帯繞身。規矩之歩継踵」

③ (━する) 規準とするもの。規則手本など。また、規準とすること。

本朝文粋(1060頃)一・視知隠賦〈大江以言〉「羣豪時有退蔵五色即垂規矩

正法眼蔵123153弁道話「持戒梵行は、すなはち禅門の規矩なり、仏祖家風なり」

④ =きわり(木割)③


き‐く【起句】

〔名〕

漢詩文最初の句、特に絶句第一句をいう。起(き)。

四河入海(17C前)五「起句より以下あらはに数珠の事をばゆわねども」

② 文の書き出し文句


きく【鞠】

〔名〕 (「しゅうきく蹴鞠)」の略) けまり。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

浄瑠璃松風村雨束帯鑑(1707頃)一「公家身ながら歌・鞠学問手跡にうとく」


きく

分類:人工衛星


名称:技術試験衛星I型「きく」/Engineering Test Satellite-I(ETS-I)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1975年9月9日
運用停止年月日:1982年4月28日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:N-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際表記番号:1975082A

きくは、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))としての初めての人工衛星です。打ち上げロケットであるN-Iロケットにとっても、きくの打ち上げ初めてのミッションでした。また、技術開発・試験衛星とは、各種人工衛星開発宇宙活動に必要になる技術について、実際に宇宙打ち上げてその機能性能確認するための衛星です。きくも、衛星打ち上げ技術軌道投入技術など、人工衛星打ち上げに必要な技術習得目的としています。
きくはスピン安定方式姿勢制御し、ミッション期間は3ヵ月でした。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
直径約80cmの26面体で、重量は約82.5kgです。伸展アンテナ実験装置(STEM)を搭載しています。

2.どんな目的使用されるの
技術試験衛星として、打ち上げ環境測定や、定常時の衛星動作特性および環境測定、距離および距離変化率測定伸展アンテナ伸展実験おこないました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
衛星軌道投入後、機能性能確認おこない、正常であることを確認しました。Nロケット性能確認打ち上げおよび衛星追跡管理技術確立など、所期成果が得られました。
1982年4月28日運用停止しました

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
きく2号きく3号きく4号きく5号きく6号きく7号(おりひめ・ひこぼし)、きく8号あります

5.どのように地球を回るの?
高度約1,000km、傾斜角約47.0度、周期106分の円軌道です。

参考文献:大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001東京書籍発行


きく (菊)

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

Chrysanthemum grandiflorum

ふつうに「きく」といえばキク科キク属植物ですが、世界200種ほどありますこのうちわが国自生する「のぎく(野菊)」は20種ほどで、観賞用に育てられているのは、ほとんどが「いえぎく(家菊)」と呼ばれるものです。わが国へは、古い時代朝鮮経由して渡来しましたが、もともとは薬用植物でした。また「菊」という漢字にほかの読み方がないのは、専門用語として使われていたためだそうです頭花大きさによって、直径18センチ上の大菊、9~18センチ中菊、それに9センチ未満小菊分類されます。写真はすべて小菊です。
キク科キク属多年草で、学名Chrysanthemum grandiflorum。英名は Chrysanthemum

きく

  1. ①耳。「きくらげ」の略。②尻のことをいう。③スリ親分をいう。

きく

  1. 漬物店及び青物屋通り符牒にして三といふ数量を表す。通り符牒参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒

分類 符牒


きく

  1. 掏摸犯人仲間親分。〔第二類 人物風俗
  2. 掏摸犯中の親分を云ふ。
  3. スリ親分。〔掏摸

分類 掏摸


きく

  1. 肛門の隠語。「きくざ」参照
  2. 尻を云ふ。

キク

読み方:きく

  1. 耳ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岩手県
  2. 耳。「きくらげ」の略又は「聞く」よりか。

分類 岩手県


読み方:きく

  1. 花言赤紅は愛の意、白は真実の意、黄は淡き恋の意。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
きく

きく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 13:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

きく

関連項目



きく

出典:『Wiktionary』 (2019/07/31 20:37 UTC 版)

動詞:聞/聴/訊

きくく・聴く訊く

  1. 聞くおと知覚する。
  2. 聞く)話を耳に入れる情報受け取る。
  3. 聞く)話を何らかの意味理解する。解釈する。受け止める
  4. 聞く聴く理解鑑賞目的で、(よく注意払いながら)音楽聞く傾聴する。
  5. 聞く訊くたずねる、ただす、質問する。

活用

き-く 動詞活用日本語活用
カ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 きかない 未然形 + ない
意志勧誘 きこう 未然形音便 + う
丁寧 ききます 連用形 + ます
過去・完了・状態 きいた 連用形音便 + た
言い切り きく 終止形のみ
名詞化 きくこと 連体形 + こと
仮定条件 きけば 仮定形 + ば
命令 きけ 命令形のみ

発音

き↗く

翻訳

動詞:効/利

きくく・く】

  1. (効く)効果がある。
  2. (利く)機能がある。役に立つ
  3. (利く)精神研ぎ澄ませて鑑別する。
  4. (「口を利く」の用法で)話す仲介する。
  5. (主に打ち消し伴って)ある数値にまでとどくたりる

活用

#動詞:聞/聴/訊に同じ。

発音

き↗く

翻訳

効く
利く

同音異義語

きく










  • 画数:20
  • 音読み:チョウテイ
  • 訓読み:きく、 ゆるす

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



きくと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きく」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

きくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS