伺うとは? わかりやすく解説

伺う

読み方:うかがう

伺う(うかがう)とは、簡単にいうと「たずねる」の謙譲語である。「尋ねる」(=聞く質問する)と「訪ねる」(=相手のもとへ行く)の両方の意味がある。

「伺う」の使い方具体例としては、たとえば次のような例が挙げられる

「うかがう」と読む漢字には「伺う」の他にも窺う」と「覗う」が挙げられる。「窺う」は「そっと(気づかれないように様子を見る」「ひっそりと機会を待つという意味用いられる。「覗う」は「のぞき見るという意味用いられる場合がある。なお「覗」の字は「のぞく(覗く)」とも読む。「窺」「覗」は共に常用外漢字である。

隣室の様子をうかがう」という場合は「様子を窺う」の表記正しい。
好機をうかがう」という場合も「好機窺う」の表記正しい。
同様に顔色を窺う」も「反応窺う」も「窺」の表記正しい。

尋ねる」という意味の「伺う」は「(お)伺いを立てる」とも表現できる。ただの「伺う」よりも丁寧で恭しく、たとえば偉い人判断を仰ぐような場面を表現する際に使えるが、恭しさの度合いが強すぎて皮肉めいたニュアンス帯び懸念もある。

うかが・う〔うかがふ〕【伺う】

読み方:うかがう

[動ワ五(ハ四)]《「窺う」と同語源。目上の人のようすをうかがいみる意から、その動作相手を敬う謙譲語となる》

聞く」の謙譲語拝聴する。お聞きする。「おうわさはかねがね―・っております

尋ねる」「問う」の謙譲語。「この件について御意見をお―・いします

訪れる」「訪問する」の謙譲語。「明朝、こちらから―・います」

神仏託宣を願う。「御神託を―・う」

《「御機嫌をうかがう」の意から》寄席などで、客に話をするまた、一般に大ぜいの人に説明をする。「一席―・う」

[可能] うかがえる

[補説] 最近、「伺う」の意味は、3の「訪れる」のみとして、1の「聞く」、2の「尋ねる」の意では使わない人が増えている。


「伺う」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伺う」の関連用語

伺うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伺うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS