小説神髄とは? わかりやすく解説

しょうせつしんずい〔セウセツシンズイ〕【小説神髄】

読み方:しょうせつしんずい

坪内逍遥文学理論書。2巻明治1819年(1885〜1886)刊。近代文学最初の組織的文学論心理観察客観的態度尊重説いた


小説神髄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:31 UTC 版)

小説神髄』(しょうせつしんずい)は、坪内逍遥(1859-1935)が著した小説論。1885年明治18年)9月から1886年(明治19年)4月にかけて全9冊の分冊雑誌式で松月堂から刊行された。


注釈

  1. ^ 更に、アーネスト・フェノロサ教授の「政治学」「理財学」の試験の成績も悪く、落第となり官費生でなくなっている[4][5]
  2. ^ 既に東京稗史出版社で『小説神髄』の組版と印刷が終わっていたため、版心には「東京稗史出版社」の名前が印刷されている[14]
  3. ^ 当初の予定では7分冊を予定し、途中で10分冊と広告したが、最終的に9分冊となった[12][14][13]

出典

  1. ^ 坪内 1953, p. 85.
  2. ^ 柳田 1960, pp. 102–108.
  3. ^ 柳田 1966, pp. 11–12.
  4. ^ 柳田 1960, p. 107.
  5. ^ 柳田 1966, pp. 11–13.
  6. ^ 柳田 1960, pp. 108–109.
  7. ^ 柳田 1966, p. 13.
  8. ^ 柳田 1960, pp. 139–140.
  9. ^ 柳田 1960, p. 144.
  10. ^ 柳田 1966, pp. 26–29.
  11. ^ 柳田 1960, p. 146.
  12. ^ a b c 柳田 1960, p. 160.
  13. ^ a b c 柳田 1966, p. 43.
  14. ^ a b 柳田 1960, p. 159.
  15. ^ 柳田 1966, p. 44.


「小説神髄」の続きの解説一覧



小説神髄と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小説神髄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小説神髄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小説神髄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS